スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥獣戯画。

11月30日(金)。

ようやく1週間も終わり。今週は急激に寒くなりましたね。
街は至る所にイルミネーションが飾られ、年の瀬が近づいているんだなぁと感じます。

さて昨日は珍しく夜、六本木なんぞに出向きまして。
否応なく目にするイルミネーション。いやはや、きれいですな。
20071130-1


でも、向かった先は、


サントリー美術館で開催されている「鳥獣戯画がやってきた!」
20071130-2

無料招待券をいただいたので、見に行ってきました。
いやぁ、鳥獣戯画ってなんじゃろ、ってところからなんですが、
なんとなく歴史の教科書とかで目にしたことはあるような気がします。
うさぎや亀や猿や狐が入り乱れたり相撲をとったりしている絵。
20071130-3
20071130-4


意外や意外、閉館間際だというのにかなり多くの人が見に来ていて、並んで見ているコーナーもありました。行ってみて知ったのですが、国宝なんですね、鳥獣戯画。長い巻物の絵は、途中途中切り取られ、順番が変わってしまっている物があったり、なくなっている箇所があったりと、謎に包まれている部分も多かったのですが、動物たちが人間のように動きまわっている姿を見ると、それを書いた昔々の日本人って、愉快で娯楽に満ちていて、遊び心と余裕があったんじゃないかなぁという印象を受けました。


絵の鑑賞を終え、寒かったのでおでん屋さんへ。
「びぃすとろ 汁べゑ」というお店に入り、おでんと日本酒で芯から暖まりました。店員の方の対応もとても丁寧だし、店内は落ち着く造りだし、日本酒は旨いしで、心もほっこり。すっかり気に入ってしまいました。また来ようっと。
20071130-5
20071130-6


<Shop Information>
びぃすとろ 汁べゑ

住所:〒106-0032 東京都港区六本木4-11-4 六本木ビル1F
   (日比谷線六本木駅 6番出口、大江戸線六本木駅 6番7番出口 各徒歩1分) 
TEL:03-3423-3759
営業時間:月~木・土・日 18:00~23:30、金 18:00~2:00
定休日:年中無休 
URL http://r.gnavi.co.jp/g599600/
スポンサーサイト

テーマ: 美術館・博物館 展示めぐり。 | ジャンル: 学問・文化・芸術

ゴロでおぼえる歴史年代。

11月29日(木)。

会社で、いただき物のカレンダーを、部のみんなで分け合いました。
数あるものの中から、私はコレを持ち帰ることに。
20071129-1

「ゴロ合わせでラクラク年代暗記131」だって。
そういや高校生の頃、日本史の授業が好きで、色々暗記したなぁ、
でも全部忘れちゃったなぁとか思って。ペラペラと中をめくってみると、

20071129-220071129-3

いきなり1月1日から渋いネタで来たなぁ。
「57年 いつなんどきも金印忘れず」だって。57年なんて、覚えたことないよ・・・。倭奴国王が後漢に使いを送った年らしい。
そういや、高校の時の日本史の先生は、ネクタイピンが「金印」だったなぁとか思い出してみたり。


さらにぺらぺらめくって気になったのが、
「593年 幾山河こえる気持ちの聖徳太子」だって。私が小学生の時に覚えたゴロは、「ゴクミも知ってる聖徳太子」だったなぁ。時代を感じるね、ゴクミってところが(笑)。
今もお綺麗な女性ですが、当時は“国民的美少女”って騒がれていましたからねぇ。


さらにぺらぺらとめくっていくと、
20071129-420071129-5

「710年 南都の名は平城京」
「794年 なくします 僧の介入、平安京」
だって。どっちもなんだかピンとこないなぁ。子どもの頃覚えたゴロといえば、

「710年 なんと素敵な平城京」
「794年 鳴くようぐいす平安京」
だったもんなぁ。やっぱり教材制作会社によって違うのかね、ゴロって。


なんとなくしっくりこないまま、さらにさらにぺらぺらとめくっていくと、
20071129-620071129-7
「1192年 いい国作れ頼朝将軍」
「1941年 行くよ一気に真珠湾」


いい国「作れ」って、命令かい(笑)
やっぱり「いい国作ろう鎌倉幕府」って覚えたから、これもしっくりこないなぁ。
ていうか、「行くよ一気に真珠湾」なんて言っちゃって大丈夫なのか??


うーむ。
全体的にどーもしっくりこないゴロが多かったけど、
歴史を思い出しそうなので、来年はこれをめくってみようかな。


久し振りに目にした言葉が多かったよ。
「墾田永年私財法」とか「犬上御田鍬」とか「稗田阿礼」とか。
懐かしすぎ!!

テーマ: 歴史 | ジャンル: 学問・文化・芸術

スパルタゴルフ。

11月25日(日)。

3連休はずっと天気が良く暖かかったですね。

昨晩、とても美味しい日本酒を5合ほど飲み、気持ちよく就寝。
今朝はスッキリ目覚め、午前中から出かけました。今日はゴルフの練習日なのです。
20071125-1

目標の年内ショートコースデビューの日まで残り1ヶ月。
ここ数ヶ月、だいたい2週間に1回、練習に行っていますが、果たしてどうなることやら。ボールが当たるには当たるのですが、パワーもないし体の回転も振りもまだまだ全然だめだし、本当にコースなど行けるのかと心配になります。

今日は練習場で30分間のレッスンをまた受けることに。
コーチに来たのは、女性のレッスンプロ。しかもかなりの美人。


優しく教えていただけるのかと思いきや、これがもう相当なスパルタで(笑)。
そういや、昔通っていた自動車教習所にも、このコーチみたいな厳しい美人教官がいたっけなぁ。。。こてんぱんにやられるんですよね、こういうタイプの方には。でもそれがまた楽しいんだけど(ドMなだけに)。

今日は日差しも結構強かったので、汗だくになり、汗が滴り落ちながらも打ち続けました。30分間、緩むことなく休むことなく、ひたすらスパルタコーチに従いながら打っていたので、終わった時にはもうぐったり。こりゃ明日筋肉痛だろうな・・・。
20071125-2

次の土日は2日間とも仕事だから練習できないけど、
また2週間後、頑張りまっす。

テーマ: ゴルフ | ジャンル: スポーツ

めがねを新調。

11月24日(土)。

中学生の頃から、急に視力が低下しました。

中学時代は授業中と寝る前だけめがねをかけていたのですが、正直なところ、めがねをかけるのは全く好きではなく、できればかけたくありませんでした。
当時かけていたのが、80年代~90年代初頭に流行していた、大きな黒ブチめがね。流行が廃れた頃にそんなめがねを買ってしまったので、外でかけるのが少し恥ずかしかった、というのもあります。(きっと、同級生のみんなも私がめがねをかけていたという記憶はあまりないんじゃないかなぁと思います)


高校1年生になって、コンタクトレンズに変え、以来16年ずーーーーーっとコンタクト派。ソフト、ハード、使い捨てとすべてのタイプを使い、この数年は2週間使い捨てタイプのソフトコンタクトに落ち着きました。大雑把で使い方が粗雑なため、使い捨てタイプでないと無くしたり落としたり破いたりしてしまうのです。


そんなわけで、寝る直前までコンタクトをしているので、めがねをかけるのは寝る直前のほんのわずかな時間。めがねをかけて外出することも滅多にないのですが(体調が悪くて病院に行く時とか、結膜炎になった時くらい)、一方で視力はどんどん悪くなり、普段家でかけているめがねもだんだん見えなくなってきてしまいました。



そこで今日は、めがねを新調。
前々からどんなタイプにしようと探していたのですが、今持っている2つがどちらも細いフレームのタイプなので(そのうち1つは「萌えめがね」というコンセプトで買ったのに、周りからは「女教師」とか「教育ママ」と言われる始末)、今回は太いフレームのタイプにしようと最初から決めていました。


渋谷でめがね屋さんを4店めぐり、何種類も試着。だんだん傾向が絞れてきたものの、なかなか決め手に欠け、思ったよりも時間がかかってしまいました。
ようやくフレームを決定し、お店で視力を測定。
20071124-120071124-2

裸眼で視力を測ってみたら、0.05以下と言われました。
0.05以下は正確には測定できないらしく、画面いっぱいに大きく「こ」と書いてある文字も読めませんでした。おまけにひどい乱視なので、レンズを入れてもなかなかよく見えず、測定にも時間がかかってしまいました。


測定さえ終わってしまえば、ものの30分くらいで出来上がってしまうんですねぇ。
早い早い。

出来上がっためがねをかけて帰ってみましたが、コンタクト以上によく見えるし、これなら普段の外出時でもかけて歩けるデザインかも。

いや~、見えるって素晴らしい!
本当によく見える。このめがね。
良いのが買えて良かった~
20071124-3

テーマ: 視力回復 | ジャンル: ヘルス・ダイエット

感謝の1日。

11月23日(金)。

勤労感謝の日。快晴。
昨日母が誕生日だったということもあって、ケーキを買って実家に帰りました。

世田谷通り沿いにある、世田谷区内でも人気の高いケーキ屋さん「VOILA(ヴォアラ)」。ケーキだけじゃなくて、焼菓子も売っているので、ちょっとしたお土産にはピッタリのお店です。午前中なのに店内にはお客さんがたくさんいました。
20071123-1
20071123-2


夜からは、高校時代の部活のOB会。
町田に行くこと自体、かなり久し振りのことだったのですが、この街に来ると高校時代を思い出します。学校帰りによく寄ったなぁ。新しいお店や道も増え、街の様子は随分変わってしまったけれど、相変わらず若者の多いこと多いこと。

OB会は毎年同じ日に行われていて、数えてみたら今年で13年目。
気付いてみたら10歳以上も年下の後輩ちゃんがいるんですよ。すごいことだ。今年高校を卒業した子はまだ大学1年生だもんね。私の2つ上の先輩は、学校行事で行ったスキー教室のゲレンデの上で、「昭和」から「平成」に変わった瞬間を体験したそうですが、その年に生まれている子がいるというから、それを聞くだけでも隔世の感がありますよね。。

10代、20代、30代。年代は違えど、皆同じ卒業生。
学校の話や先生の話、行事の話など、話題は尽きることなく、
楽しい時間を過ごしました。

至って健全な会なので、私には若干お酒は飲み足りない感もありましたが(笑)、こうやって毎年、OBが集まることができる機会があるというのは、後輩のみんなが活動を積み重ね、仲間とつながり続けてきてくれたからなんだなぁと、なんだか感謝のような感慨のような気持ちでいっぱいになりました。

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

読書と毒書。

11月22日(金)。

夜、英会話のレッスンを終え、スーパーで夜ご飯の食材を買い、
いつもより早めに帰宅しました。
20071122


さてご飯を作ろう、と思ったのですが、昨日から読み始めた小説が思いのほか面白くて、あともうちょっとで読み終わる!というはやる気持ちを抑えきれず、とりあえずこの本を読み終えてから色々なことをしよう、と思って、ベッドの上にちょこんと座って読書の続きをすることに。


・・・これがいけなかった。



中盤まではテンポよく明るい面白い話だったのに、
後半になると、これまでとはうって変わって、重たくて痛い展開になっていき、
ラストなんて、もう救いようのない後味の悪い結末。



なんじゃこりゃ。
つーか、ホラーかこれは。



しばらくその後味の悪さに何もする気がなくなり、食欲もなくなり、
もうこのまま寝てしまおう。と思ってしまいました。



しばらく何も考えずに呆けた後、
重い腰を上げてホットミルクを飲んで、ようやく回復。
納豆を食べて、さらに回復。


読書って、怖い。
調子よく読み進めていると、一瞬だけなんだけれど、その世界にどっぷり浸かってしまう。こういうことはたまにあるけれど、活字であるだけに想像力がはたらき過ぎてしまうんだよなぁ。おかげで夜ご飯を食べそびれちゃったじゃん。(←ひどい逆ギレ)


明日から、また別の本読もうっと。

テーマ: 読書 | ジャンル: 小説・文学

とにかく、サイズ命。

11月21日(水)。

とにかく、サイズが命なんです。
とにかく、大きくないとダメなんです。
なかなか合う物がなくていつも大変で。
だって、入らないものはしょうがないじゃないですか。






そう、私の足のサイズは、25cm。
最近でこそ、足のサイズの大きな女性は増え、靴屋の大きいサイズコーナーも昔に比べれば格段に種類や在庫が増えましたが、それでも靴選びにはいつでも苦労させられます。通常の女子の靴は、24.5㎝までしか作られていないものが多いのです。




この0.5㎝にどんな差があるというのじゃッ!!!!



そういうわけで、私が靴を買う時は、デパートを何軒もハシゴしたり、サイズに幅を持たせている通販を利用したり、大きいサイズ専門のお店に行ったりします。とてもじゃないけど、セール品で安くて気に入った物を買えるなんてことは、滅多にありません。



でも今日めぐり合っちゃったんです。
靴の卸会社が開催しているB級商品のバーゲン会場で。
20071121
倉庫なのか事務所なのか分かりませんが、普段は人気のない空間が簡易バーゲン会場に変身。普段あまり多くの人が集まらない街なのですが、開催初日の朝は、オープン前から長蛇の列ができていたのを目にして通り過ぎました。

定期的に開催されているこのバーゲン、気になっていたので今日は仕事の後に立ち寄ってみました。会場の中に入るのを躊躇するくらいの混雑ぶり。そもそもこんなバーゲンに25cmの靴なんてあるわけないじゃん・・・と思って会場をひと周りしてみると、かなりあるんですよこれが。25cm&LL。


いやぁ、ホント掘り出し物です。
ものの15分で、2足合計3,000円。ピッタリ合う靴が買えてしまいました。


行ってみるもんですなぁ。
靴選びには本当に苦労させられますが、その分、合った物が見つかるとかなりテンション上がります。たかが靴、なんですけどね。

テーマ: | ジャンル: ファッション・ブランド

「女性の品格」。

11月20日(火)。

発売されたのは去年ですが、今年のベストセラーの1冊と言ってもいいですよね、
坂東眞理子さんの「女性の品格」。もう読んだ方も多いかもしれませんが・・・。
20071120
昨日もたまたまテレビをつけたらバラエティ番組で「女性の品格」をテーマにしたクイズが出題されていて、なんとなく見てしまいました。

この手のマインド系・自己啓発系(・・・と括って良いかは分かりませんが)の本は普段全く読まない私ですが、どんなものかと読んでみました。いやはや、美しい言葉遣いに美しい文章、美しい心構え。恐れ入りました。

タイトルに「女性」とか「品格」という言葉が入っているから、最初はちょっと構えてしまいますが、内容は「女性」に限った話だけでもなく、人と人との関わり合いとして当たり前のこと(そして今は少し軽んじられていること)が書かれています。
例えば、挨拶、敬語、姿勢、言葉遣い、装い、約束、お礼、感謝、断る(←これが結構難しい)、お酒・・・などなど、どのシーンをとっても自分がキチンとしていれば、自分も周りの人も、きっと気持ちよく生きていけるんでしょうね。ホント、当たり前のことばかりが書かれています。だからこそ、売れているのかもしれませんが。

もちろん、ちょっとした知識とか経験が必要なこともありますよね。
例えば冠婚葬祭とか、普段そうそうあることでもないので、そういう場にいる自分がちょっと挙動不審だったり(笑)。そんな時でも、当たり前のように振舞えれば、どんなにかスマートだろうと思ったりするわけですが、これがまたなかなか。

ちょっとしたことのお礼とか、手土産とか、連絡とか、本当に当たり前のことなんだけど、ついつい自分の今までの行動を思い返し、読んでいて少し反省してしまいました。
とはいえ、これを読んで即書いてあることと同じことをするというのも気持ち悪い話。意識せずとも自然に小さな気遣いとか心遣いができるようになれればいいんでしょうね。


好き嫌いはあるかもしれませんが、読みやすい文章なので、あっという間に読み進められます。「女性の」と書いてあるけれど、男性が読んでも、きっと思うところがあるんじゃないかなぁと思いました。

テーマ: 読んだ本。 | ジャンル: 本・雑誌

木枯らし1号、冬支度。

11月19日(月)。

昨日の東京は、昼間はぽかぽか陽気でしたが、夕方から急に冷え込んで、木枯らし1号が吹いたようです。例年に比べると遅いようなのですが、秋から冬へと着実に季節が動いているんですね。
20071118-5

久し振りにのんびり過ごそうと思った日曜日。
20071118-6
朝早起きして一通りの家事を済ませ、冬物の衣類を追加して出したり、クリーニング屋さんに行ったり。せっせと冬支度を進めました。

のんびり自転車を漕いでいると、交差点でもない普通の道で運送会社のトラックが私の姿を完全無視で曲がろうとしてきたので、あやうくぶつかりそうになりました。
危ないなぁ。きっとお届け先の家を探していて気付かなかったんでしょうね。

さらに先まで進むと、今度は小さな交差点でおばあさんが頭をおさえてうずくまっていました。おばあさんの周りにはおまわりさん。どうやら出会い頭にぶつかってしまったようです。危ないなぁ。

年末が近づくにつれて、みんなせわしなくなりますからねぇ。私も気をつけなくちゃ。


冬支度の極めつけは、布団一式冬用に模様替え。
20071118-7
ふかふかの毛布とシーツと掛け布団カバーにリニューアルしました。
20071118-8
木枯らし1号もなんのその。この布団とエアコン、ホットカーペット、フリース、ホットミルクで、寒がりな私の冬支度はだいぶ整いました。あとは今日良いのが見つからなかったホットカーペットカバーだけだわ。。

というわけで、早速これから、暖かくて快適な眠りに入ります。
おやすみなさーい。

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

セリーヌ・ディオン、当選。

11月18日(日)。

当たった!


ここのところテレビCMやWebでたくさん見かけるセリーヌ・ディオンの来日公演。開催は3月でまだまだ先だけど、先行予約に申し込んでみたら、運良く当たっちゃいました。


セリーヌ・ディオンの来日公演は、1997年に1度だけ行ったことがあります。開演日がバレンタインの日だったからなのか、1輪のバラが配られたり、「To love you more」で葉加瀬太郎さんとの共演もあったりして、とても感動したのを覚えています。その時は日本武道館だったけれど、今回は東京ドーム。ちょっと大きすぎる会場ですが、今から楽しみです。


「To love you more」といえば、
20071118-4

ドラマ「恋人よ」。亡くなった野沢尚さんの作品です。
亡くなったことをうけて2004年にようやくDVD化され、発売されて丸3年。
3年前から欲しかったのに、ようやっと先週、購入に至りました(笑)。
20071118-3
やっと最近買った、というのも、何かのめぐり合わせなのでしょうかね。ドラマのDVDを買うなんてこれが初めてのことですが。


ドラマに出てくる崖の赤い花は、沖縄のブーゲンビリアという設定でしたが、
20071118-2

昨日行ったマザー牧場では、赤い赤いサルビアの花畑を見てきました。
20071118-1


ここまでくると、沖縄にも行きたくなって来たぞ(笑)。
3年前に行ったきりだしなぁ。

テーマ: セリーヌ・ディオン | ジャンル: 音楽

マザー牧場。

11月17日(土)。

車でマザー牧場に行ってきました。
20071117-1
初めて行ったので着くまで知らなかったのですが、山の上にあるんですね、マザー牧場って!!寒かった~。そして、遠かった~。


広大な敷地を歩きまわり、たくさんの動物とふれあってきました。


やぎさんや
20071117-2
ぶたさん、
20071117-3
ひつじさんなど、
20071117-5
みんなカメラ慣れしているというか、当たり前だけどかなり人間に慣れてているんですよねぇ。


マザーファームツアーに参加すれば、動物の近くで餌やりもできちゃいます。
20071117-8
20071117-9


馬に乗ってみたり(高くて怖かったけど)、
20071117-6
竹馬に乗ってみたり(乗れなかったけど)、
20071117-7
楽しいアトラクションもいっぱい。子どもだけじゃなくて大人も十分楽しめる牧場でした。



ところで。


うさぎさんは、こうやって見ると可愛いけれど、
20071117-4

こんだけうじゃうじゃいると結構引きますよね。。。
20071117-10



来年がネズミ年じゃなかったら、良かったのになぁ(笑)。
さすがにネズミはいませんね。

テーマ: 千葉県 | ジャンル: 地域情報

セサミストリートでレッスン。

11月16日(金)。

今年の1月末から通い始めた英会話のレッスンも、あと3回でおしまい。
通える日になかなか予約が取れないことが多く、長い道のりになってしまいました。
それでもなんとか年内には修了したかったので、とにかく予約が取れる日に頑張って通っています。
20070130-2

レッスンは毎回先生が変わり、出身地も日本にいる年数も様々。
テキストを中心に進める先生もいれば、雑談でコミュニケーションを多く取る先生もいたり、イケメン(笑)の若い男の先生もいれば、海外で長く生活していた日本人の女性の先生もいたりして。正直、合う合わないはあったけれど、どの先生との会話も新鮮でした。と、同時に、私のボキャブラリーは本当に本当に貧困で、とても大変でした(笑)。


今日の先生は、ボストン出身の中年の男の先生。
絵に描いたようなアメリカ人の風貌で、恰幅の良い先生でしたが、奥様は日本人なのだとか。趣味は娘さんと遊ぶことだそうで、嬉しそうに小さい娘さんの写真を見せてくれました。

子どもが好きな先生のためか、会話もお茶目。
リスニングで使うCDデッキを出す時に、たまたま落としてしまったセサミストリートの指人形を拾い上げ、それを指にはめて、甲高い声で話しかけてきました。
20071116
きっと、子どものレッスンで使う人形なのでしょう。私の会話があまりにも拙いためか、子どものレッスンレベルに下げてくれたのでしょうか・・・??(笑)

ていうか、「これはなんていう名前?」と聞かれても、どれもキャラクターの名前が分からなかった・・・唯一知っているクッキーモンスターは何故かいなかったし。私が見ていた幼児番組といえば、ポンキッキとモグタンとお母さんといっしょでしたからからねぇ。。。先生はキャラクター1つひとつの名前まで丁寧に教えてくれました。


そんなこんなで、拙い私の英会話のレッスンももうすぐおしまい。
外国の人と話すことに少し慣れた、というだけで、レベルが上がったのかどうかは甚だアヤシイものですが・・・。

暦づくりとコーンポタージュ。

11月12日(月)。

昼間はポカポカ陽気で、コート要らずの外出日和でした。


さて、11月もそろそろ半ば。
年末が近づいてくると必ず作るもの、それはカレンダー。

数年来、いわゆるサラリーマンが持つような小さい手帳サイズのカレンダーを作成していたのですが、昨年からA5版ノート形式のものにモデルチェンジ。前半がカレンダーとちょっとした製品紹介、後半が数十ページに渡るメモが付いている、割と分厚いノートです。

年末年始に営業の人たちがこのカレンダーノートを配って周るのですが、メモ部分が多いためか、なかなか好評なようで。


今日は最後の校正の日。
日付や文字を間違えたら1年間残っちゃいますからねぇ…(苦い思い出アリ)。
心してチェックしないとなぁ。
20071112-1


毎年この暦づくりをすると、冬が近づいて来るんだなぁと実感します。
そろそろ年賀状も考えないとな。



夜になると、昼間とはうってかわって冷たい風が吹いていて、コートなしではいられない寒さでした(←私だけ?)。


こんな寒い冬の夜の定番といえば、コーンポタージュスープ。
毎年冬になると、会社からの帰り道は缶で手を温めながら歩きます。



だからいつも、



飲む頃にはぬるくなっちゃうんですよね。。。
20071112-2



もうすぐ本格的な冬が来るんだなぁ。
寒い、ってだけで、なんだか切なくなってきます。


早く夏が来ないかなぁ。

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

駄菓子バー。

11月11日(日)。

ようやく1週間が終わり、のんびりとした週末を過ごしました。

先日、三軒茶屋にある「駄菓子バー」というお店に行ってみました。
以前からそのお店の存在は知っていたものの、なかなか駄菓子とお酒という組み合わせのお店に敢えて行く機会がなかったのですが、この日はお腹も満たされていたということもあって、ちょっとだけ覗いてみることに。
20071110-2

テレビで延々とドリフのビデオが流れ、70~80年代の歌謡曲が流れるレトロなつくりの店内は、ムード満天(笑)。フードメニューもあげぱんやナポリタン、ソースや焼きそばなど、なんとも懐かしいものばかり。
20071110-3



駄菓子バーという名のこのお店。

チャージ料として500円を払いさえすれば、店内の駄菓子が取り放題なのです!
20071110-4
20071110-5

よっちゃんいかにうまい棒、蒲焼さん太郎、梅ジャムにすももなど、子どもの頃に食べた駄菓子が棚いっぱいに並べられていて、見ているだけでも楽しい気持ちに。
20071110-1

ソース焼きそばに駄菓子にお酒・・・なんともミスマッチな取り合わせではありますが、この店内の雰囲気があれば問題ナシ!・・・かな?


・・・・・・・。


500円のチャージ料を駄菓子で元を取るにはどんだけ食べればいいんでしょう。
単価数十円の駄菓子、色々目移りはするものの、さすがにたくさん食べることはできませんでした。。。ま、いーか。


ところで、行った後でたまたま本屋で見つけたのですが、今週の「日経ビジネス」で駄菓子の特集が組まれていたようで。
20071110-6
確かに、この駄菓子バーも三軒茶屋以外に六本木や恵比寿など店舗がたくさんあったり、他にも駄菓子をコンセプトにしたお店を最近やけに見かけます。ブームで終わらないビジネスがそこにはあるようで、単に大人の郷愁を誘うだけじゃないんだなぁと思わず納得しちゃいました。


<Shop Information>

さんちゃ駄菓子バー
住所:〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-22-14
(東急田園都市線、東急世田谷線三軒茶屋駅 徒歩1分)
TEL:03-3414-0209(受付:17時~)
営業時間:月~土 18:00~05:00、日・祝 17:00~24:00(※祝前日は翌5:00迄営業)
定休日:無休
店舗:人形町店恵比寿店六本木店池袋店三軒茶屋店水天宮店

テーマ: お菓子 | ジャンル: グルメ

熱海旅行 ~温泉街散策の醍醐味~。

11月4日(日)。

熱海旅行2日目。気温も上がった快晴の1日。
20071104-1

遠方に住んでいる仲間の帰り時間もあるので、15時には熱海を出なければなりません。何気に全然時間がない!

商店街の喫茶店で作戦会議。前々から気になっていたあの「秘宝館」と、日帰り温泉、帰りの新幹線の中で駅弁を食べる、というスケジュールになりました。

いや~秘宝館。くだらない世界に初めて入ります(笑)
前から気にはなっていたものの、特に女子はなかなか入れる機会もないですしねぇ。このメンバー+このゆるいテンションなら入れるでしょう。
(ちなみに18歳未満は入場できません)


というわけで、しばらく町と海岸を歩き、
20071104-2
20071104-3

ロープウェーに乗りました。
20071104-4


いやぁ、ひたすらくだらなくて面白かった。写真で紹介できないのが残念ですが、行けて良かったですよ。昭和の臭いがぷんぷんしますね。
20071104-5
(これは入り口の外の写真です)


日帰り温泉「志ほみや旅館」に立ち寄り。今度は露天風呂にも入れて、ゆったりのんびりしました。満足満足。
20071104-7
20071104-8
20071104-9

テーマ: 温泉旅行 | ジャンル: 旅行

熱海旅行 ~温泉旅館の醍醐味~。

11月3日(土)。

朝~夕方までの会議を終え、とある編集部のメンバー5人で熱海へ。
9月10月となんだか毎月旅しているような気が・・・。

今回のテーマは「ひなびた温泉旅館」です。
20071103-1


条件はもちろん和室。枕投げができちゃうくらいの広さだと尚可。
ネットで探してみたら、22畳・素泊まり4600円の三景荘という旅館を発見し、即予約。
20071103-2

熱海にはこれまで何度も来たことがあったけれど、近過ぎるためか(東京から新幹線で40分!)、だいたい日帰りだったり、どこかに行ったついでに寄る程度だったので、ちゃんと熱海を目的地にして宿泊するのは記憶にないくらい久しぶりのことでした。


21時過ぎに熱海に到着し、町を散策。
おかしなテンションで夜の海に入ってしまう仲間とともに、行き着いた先は遊技場。
20071103-3

チープに遊べるのが魅力。射的は1つだけ落としました。
20071103-4
20071103-5


大量のお酒を買い込んで宿に戻り(持ち込みOKな宿なのです)、順番に入浴。内湯だけですし、決して広くはありませんが、なかなかいいお湯でした。満足満足。
20071103-6

ここから朝の5時までひたすらUNO。あほですね。。。
20071103-8
でもこのUNO、普通の物と違ってかなり面白かったんですよ。
サッカー選手の大黒将志選手公認の「大黒選手オリジナルUNO限定版」(限定3万個らしい)。大黒選手が「UNO大使」だということを始めて知りましたが、「オウンゴール」「PK」などオリジナルカードが入っており、嫌がらせに近いオリジナルルールが適用されます。盛り上がること間違いなし!


というわけで、温泉・射的・UNO・酒・・・と、頭がゆるくなること満載の熱海の旅の1日目が終わりました。

やっぱりこのゆるさこそが、温泉旅行の醍醐味ですな!

テーマ: 温泉旅行 | ジャンル: 旅行

お気に入りの日本酒。

11月2日(金)。

今日、とある新聞から社長取材を受けました。

その取材の中で「社長のお気に入り」というコーナーがあり、お気に入りの物の写真を撮ることになっていました。そこで、社長が宮城のとある日本酒を指定したので、ネットで探して注文し、今日の取材に備えていました。
20071102

取材・撮影は無事に終わり、この日本酒は年末の打ち上げの日まで保管しておこう、と言っていたのですが、瓶には「要冷蔵」のシールが!
こんな大瓶2本が入るような冷蔵庫は会社にはないのです。

でも美味しいお酒は早く飲まないと!
(もちろん、会社で飲むわけにもいきませんが)



というわけで、持ち込みOKのお店を探すため、急遽近所の町に社長と出かけ、下見することに。(というか、ただ今日飲みたいだけ)


板長に快く良くOKをいただいた和食の店がすぐに見つかり、来週この店で部のみんなで飲むことに決定しました。


今日は下見ではありましたが、社長とサシでお店の日本酒と牡蠣鍋を美味しくいただきました!

テーマ: 日本酒 | ジャンル: グルメ

焼き鳥屋のウナギ。

11月1日(木)。

地方に住む元同僚が久し振りに東京に来ており、バッタリ会社で遭遇したので、旧友たちとともに下町で焼き鳥を食べに行きました。

森下・門前仲町エリアって私はかなり疎いのですが、味のある店構えの焼き鳥屋に入り、のんびりまったりと飲みました。


でも。


焼き鳥屋なのに、



なぜか鰻が一番美味しかったりして。さすが下町!!
20071101-1
20071101-2


それにしても、このメンバーで会うと必ず美味しい店に行けるんですよね。これまでも、中野八戸1八戸2仙台などなど、本当によく知っているよなぁ。
全くもっておしゃれなお店ではなく、どちらかというとオヤジ系で味のあるお店ばかりなのですが、まったり色々な話ができるのも楽しいひと時であります。

テーマ: こんな店に行ってきました | ジャンル: グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。