日本唯一のチーズバー。

4月30日(水)。

恵比寿に日本唯一のチーズバーがあるということで行ってみることに。東口から10分~15分ほど歩き、人通りから少し離れた場所に、「CASA de QUEIJO(カーザ・デ・ケージョ)」というお店がありました。「チーズの家」という意味のこのお店、外の看板には「チーズ食べ放題」と書かれています。
20080430-1


私は、普段は専らビール&日本酒党なので、自分からワインを選んで飲むことはあまり多くはないのですが、まったくもって嫌いというわけではありません。ビールと日本酒ならいくらでも飲んでしまうのですが、ワインの場合はそうもいかない、つまりたくさんの量を飲めない、という点が苦手なのかもしれません(笑)。きっとワインは、“そこそこの量”を味わって飲むものなのでしょうね。

日本で唯一、と謳われていたので、ヒネクレ者(?)な私は、本当にそうなのかと実際に調べたくなってしまうのですが(さすがにすぐには調べきれませんが)、メニューと一緒にテーブルに置かれた2冊の雑誌には、かしこまらずにお客さんの好みに合わせたチーズとワインを提供している、という記事が紹介されていました。実際、私はチーズにもワインにも詳しくないので、かしこまりがちなお店で最初にハードルを下げていただけると、安心します。美味しく食べられればそれが一番です。こだわりや薀蓄をお客さんに押し付けるようなお店でないことが、このお店のこだわりなのではないかと感じました。

生ハムも、
20080430-2


チーズ盛り合わせも、
20080430-3


ピザも、
20080430-4


さすがは専門店。どれをとっても初めて食べるような味と食感です。
特にチーズは、私は臭い物を好むので、思わず唸ってしまう味でした。
少量のワインと、少量のチーズだけでも、お腹が満たされてしまいます。
かしこまらないやさしい雰囲気のこのお店、ファンは多そうだなぁ、と思いました。


<Shop Information>

「CASA de QUEIJO(カーザ・デ・ケージョ)」

住所:渋谷区恵比寿2-8-7
TEL :03-3473-5525
営業時間:13:00~15:30、17:00~24:00
定休日:日曜日、月曜日

テーマ: ワイン | ジャンル: グルメ

新緑ウォーキング。

4月29日(火)。

去年から、「みどりの日」が「昭和の日」になったんですね。しかも今年は、平成20年。昭和が終わってもう20年も経つのかと思うと、感慨深いものがあります。昼間、NHKで「昭和が終わった日」という番組も放送されていました。NHKって、じっくり見るのにいい番組が多いんですよねぇ。私の個人的な視聴率でいうと、かなりNHK率が高いです。今朝も、単発ドラマ「ファイブ」が再放送されていて、朝からおじさん集団のバスケットの物語に感動しちゃいました。


昨日までの東北旅行のお土産を渡しに実家へ帰ると、3月におひなさまが飾ってあった所に、鎧兜の五月人形が飾ってありました。もうすぐ5月5日、こどもの日なんですね。実家に帰ると、しっかり季節を感じることができて、ほっとします。
20080429-1


午後から、父と母とチワワ2匹と一緒に、世田谷区内にある砧公園までお散歩。
天気もよく、気温も20度くらいあったので、歩きたくなって誘ってみました。
20080429-2


砧公園に行く途中、環八沿いに「桜ヶ丘すみれば自然庭園」という行ったことのない公園を見つけました。元々、あのシュウ・ウエムラ氏の実家があった敷地ということは知っていたのですが、こんな広々とした静かな庭園になっていたとは。緑がいっぱいでした。
(ちなみにこの庭園、ペットは入ることはできません)
20080429-3


砧公園までは歩くと結構な距離があるのに、チワワは2匹とも元気いっぱい。
公園にはたくさんの人がいて、色々な種類の犬が散歩をしていました。
20080429-4

20080429-5


途中でしっかり、水分補給。
20080429-6

20080429-7


ツツジやハナミズキは、今がちょうど見ごろです。
20080429-8



帰りはさすがに、チワワは犬用のバッグに入れ、父と母が1匹ずつ連れてバスに乗ることに。
20080429-9


私は、帰り道もウォーキング。途中でぶらりぶらりと寄り道もしたりして、往復で11kmほど歩きました。久しぶりにがっつり歩いたなー。お散歩でいい具合にリフレッシュ。明日から連休の谷間の3日間、気持ちもスッキリ仕事モードに戻すことができました。
20080429-10

岩手旅行 ~一本桜とぴょんぴょん舎~。

4月28日(月)。

東北の旅、3日目。仙台~秋田青森~秋田をゆるりと周り、早くも今日は最終日。
この2日間、秋田県の鹿角市という地に宿泊していたのですが、今日は朝から市場を散策。
(相変わらず、今日も朝から雨が降っています)
20080428-1

20080428-2

花や野菜、魚や日用品などが売られているこの市場は、毎月3と8のつく日に行われるのだとか。今日はたまたま28日だったので、見ることができて良かったー。
20080428-3


市場に続いて「旧関善酒店主屋」という、昔の建物を見学。土蔵や障子、大黒柱や衣服など、当時の暮らしが分かる説明を聞き、細部に渡る凝った作りの部屋を見て周りました。
20080428-4

20080428-5


秋田を後にし、仙台に戻るべく岩手県へ。目的地は、「小岩井農場」の一本桜
20080428-6


雨で雲が厚く、背景のきれいな山までは見えませんでしたが、満開の一本桜の存在感は絶大。
ただそこに1本立っているだけで、見ている人たちを魅了します。
またいつか、スッキリ晴れた日にも見てみたいと思いました。
20080428-7

20080428-8



すっかり食べてばかりの3日間でしたが、最後の締めは、「ぴょんぴょん舎」の冷麺
岩手県といえば冷麺かじゃじゃ麺。どうやら、昨年岩手で食べたじゃじゃ麺の「Hot JaJa」と同じ系列のお店だったらしい。ガッツリ焼肉冷麺セットを食べ、スタミナも回復。
20080428-9

20080428-10



あっという間の3日間でしたが、味のある渋い旅をすることができました。
そして、今年は本当にたくさんの桜を見ることができました。

テーマ: 岩手県 | ジャンル: 地域情報

青森旅行 ~雨と桜と七滝温泉~。

4月27日(日)。

東北の旅、2日目。昨日は仙台から車で秋田に移動し1泊しました。
今日は、秋田からさらに進み、桜を見に青森県の弘前城まで足を延ばしてみることに。
20080427-1


秋田では曇り空だったのに、青森に入るとどしゃぶりの大雨。しかもかなり冷え込んでいます。
弘前城のある弘前公園では「さくらまつり」が開催されていて、この雨でも多くの人で賑わっていました。今年の桜の開花は全国的に早かったのか、残念ながらソメイヨシノはほぼ散ってしまっていました。でも水面には、散った桜の花びらが集まり、きれいなグラデーションに。これはこれでとてもきれい。
20080427-2


園内では、寒いのにやたらとアイスが売られていていました。
実は今回秋田に行ったら、ぜひとも巡り合いたかったのが「ババヘラ」。おばあさん(ババ)がヘラでアイスを盛ることを言う、冗談のような由来の秋田名物で、普通に道端にいるらしいのですが、とはいえここは青森県。今日ここで出会ったのはどうやら本物ではなかったようですが、「ババヘラ」らしきアイス売りのおばあさんと出会えてテンションが上がり、即刻購入。
20080427-3


ソメイヨシノはほとんど散っていましたが、園内には色々な種類の桜が咲いており、枝垂桜などは丁度満開。雨粒がカメラのレンズに付いてしまっていますが・・・。(今使っているカメラは、雨に濡れることが多いので、そろそろ壊れやしないかと心配です)
20080427-4


雨の中、ビニールシートを被りながら宴会を行っているグループも。根性だなー。
20080427-5



雨の中歩くと、普段以上に体力を消耗します。小腹が空いたところで目に入った「黒石名物 つゆやきそば」。何だろうと思って見てみると、少し太麺のやきそばが汁に入っている変わった食べ物のようです。
20080427-6

20080427-7

食べてみての感想は、初めてカップやきそばを食べた時に、「湯切り」のことを知らず、お湯を入れたままの麺にソースまで入れてしまったような味、と言ったらイメージが沸くでしょうか。


園内には、お化け屋敷や数字合わせなどのゲームや、色々な食べ物の露店が並び、大人も子どもも楽しめる賑やかなお祭りでした。
20080427-8




雷も鳴ってきたところで青森を後にし、再び秋田へ。
途中、「小坂鉱山事務所」に立ち寄り。明治から大正にかけて繁栄した鉱山についての説明を受け、見学をしました。正直、鉱山のことなど何一つ知らなかった私ですが、鉱山でこんなにも発展した地域があったのかと驚きました。格調の高そうなモダンな建物は、夜はライトアップされてきれいなのだとか。
20080427-9



帰り道の最後には、「七滝温泉」に立ち寄り。
20080427-10

内湯1つに露天風呂1つ。鉄の臭いが非常に強く、これぞ温泉、という感じの濁ったお湯でした。内湯は温度がほどよく熱く、露天の方は非常に温かったので、ついつい長風呂。雨に濡れ、歩いて疲れた体も一気に回復。


行く所、行く所で雨にたたられましたが、見どころ満載の2日目もあっという間に終わってしまいました。夜は懲りずにまたしても大貧民大会・・・。


明日は岩手に立ち寄って、東京へ戻ります。

テーマ: 青森のあれこれ | ジャンル: 地域情報

秋田旅行 ~雪と桜と大貧民~。

4月26日(土)。

今日から4連休。これまで、仙台熱海猫魔と旅をしてきた、とある編集部の有志5人で、秋田県に旅に出ました。皆、住んでいる地域がバラバラのため、5箇所それぞれから仙台駅に集合。まずは少し早めの昼ごはんに「伊達の牛タン」を食べ、早速この3日間の作戦会議です。
20080426-1


仙台駅からは、車2台で秋田県へ移動。
開始早々5分ではぐれてしまいました。。やはり珍道中の予感大。
20080426-2


車をどんどん走らせ、八幡平(はちまんたい)へ。
まだかなり雪が残っていました。道の両側が雪の壁に囲まれています。
20080426-3


白いコートを着ているので分かりにくいかもしれませんが、結構積もっているんです。
20080426-4


山道の途中に、なぜか足湯が。「無料」と書いてあります。
これはもう、車から降りて入るしかありません。
20080426-5

20080426-6

いや~、気持ちいい。山の景色も最高です。


山を降り、道の駅できりたんぽを食べました。本場の味は本当に美味しい。これまで食べてきたきりたんぽが、「きりたんぽ風」だったのではないか?と思えるくらいの味でした。
20080426-7


少しだけ葉も見えていましたが、桜もまだまだ咲いています。
20080426-8



ゆるりゆるりと過ごした1日目。こうして夕日は落ちていきました。
20080426-9



夜は「大貧民大会」。前々回の熱海では、朝の5時まで「UNO大会」を行いましたが、今回は深夜3時で終了。明日も運転がありますからね。「大貧民」は、革命が起こっちゃうと、私は途端に理解力がなくなってしまいます。大富豪になったり大貧民になったり、上昇・転落の激しい戦績でした。
20080426-10



明日は、弘前方面へ向かいます。

おうちの中で、宝探し!

4月25日(金)。

先日訪れた「アクアマリンふくしま」で、面白そうな物を見つけたので、自分用のお土産に買ってみた。その名も、

「マリンドリーム  掘って!掘って!探しだせ!!」(宝物発見シリーズ)
20080425-1


中には、砂で固められた貝と、木のハンマー、ブラシ、プラスチックケースのキットが。
この貝を掘ると、中にお宝が入っているのです。早速掘り出しに挑戦!
20080425-2


なにこれ、めっちゃ、硬いよ。ちょっとナメてかかってた。
呪いの藁人形ばりに、何か怨念でも込めて叩かないと、びくともしなさそう。
そんな怨念的な気持ち、持ってないしなぁ。。。
20080425-3


叩いて割るのが無理だと分かり、木のハンマーを横にして削ってみることにした。
既に5分、10分経っているのですが、遅々として先に進まず・・・。
20080425-4




もう既に、飽きてきた。。



でもせっかく途中まで削ってしまったので、とりあえず根気をもって削ってみることに。
じんわりと軽く汗かいてきたんですけど。何で家の中で砂を削って汗かいてるんだ?私。


ようやく、ちょっと石らしき物が顔を出してきた。
でもここからまた削っていくのに時間がかかって・・・。
20080425-5


削り始めて約30分。ようやく割れました!
20080425-6


中に入っていたのは、「オブシディアンオパール」という石。
「希望・直感力・積極性を高めてくれるといわれるカラーパワーを持っています。」だって。
20080425-7


保管用のプラスチックケースと、石の周りについている砂を払うブラシも付いている細やかさ。
大人が宝探し気分を楽しめるキットですね。すぐに発掘できないところがいいのかも。
20080425-8



っていうか、私ってば暗い??
家の中で一人で砂を掘って、写真を撮って。。


・・・・・・・・・。





明日から、4連休。ことしは2分割のゴールデンウィークです。
2泊3日で、秋田県に旅をしてきます。

白い花。

4月24日(木)。

今日も雨。本当に雨の多い4月です。

渋谷駅の中にあるお花屋さんの前を、
いつものように早歩きで通り過ぎたのですが、


思わず後ろ歩きで戻ってしまいましたよ。

一昨日通りかかった時とレイアウトが変わっていて、白い花だけで一面飾られていました。
色々な種類の花も、同じ色だけでまとめると、統一感があって目を引くものですねぇ。
20080424


白い花って、なんとな~く物悲しい気持ちにさせられるのですが、
くちなしの花は、好きです。いい匂いなので。


な~んて、後ろ歩きで戻って写真なんて撮ってる場合じゃないって。
遅れる、遅れる。

テーマ: 花の写真 | ジャンル: 写真

タワーバーガー。

4月23日(水)。

前々から行こうと言っていたお店に、今日ようやく行ってみることに。
興味はあったのですが、実際に行くとなると機会も勇気もなかなかなくて。
あ、健康診断が終わったからって、糸の切れた凧になっているわけではないんですよ。


何を食べたかというと、コレ↓
20080423-1

高さは30cmくらいあり、4つのバーガーが串に刺さっている、
その名も、「タワーバーガー」(2,625円)!


お店の方に聞いたら、「2人で食べている方も多いですよ。いけちゃいますよ」
と言われたので、サンプル写真を見て一瞬怯んだものの、やはり目的通り食べてみることに。
(本当は、巨大バーガーを食べるはずだったのですが、メニューに見当たらず)


串に刺さっているのは、ベーコンエッグ、チーズハンバーグ、スパム、チキンの4つ。
お店の方が言っていた通り、本当にあっさり1人2つずつ、完食してしまいました。
1つずつバーガーを入れる小袋が4枚付いていたので、思ったより食べやすかったです。
何より、パンもサラダもお肉も、味そのものが美味しい。
20080423-2


私はチーズハンバーグとスパムを食べました。食べた後は、もっとお腹にグッタリくるのかと思いきや、パンの部分が軽く、お肉だけではなくて、レタスやトマトなどの野菜もたっぷり入っていたので、単純に、ディナーでサラダとお肉とパンを食べたような感覚に近いのかも。



ちなみにここは、新宿にある「モンスターカフェ」というお店。
20080423-3


店内は全面ピンク色の照明に照らされていますが、決してアヤシイお店ではありません(笑)。
なぜか、女の子だらけのグループが2組、賑やかに誕生日パーティをしていました。
そしてなぜか、ウーパールーパーや亀などの生物が、カウンターの水槽で泳いでいました。
20080423-4



ガッツリ食べたい時やパーティなどをする時に、オススメです。


<Shop Information>

モンスターカフェ

住所:新宿区新宿3-10-1 吉岡ビルB1
TEL:03-3341-9989
営業時間:11:00~翌4:00
定休日:無休

宮前平源泉 湯けむりの庄。

4月22日(火)。

いやぁ、何をやってもツイてない日、というものはあるもので。
それは、昨日の夜のこと。

いつものように、会社から歩いてジムに向かっていたんですね。
で、翌日健康診断で21:00以降は食べ物を入れてはいけないので、軽く早めに夜ご飯を食べようと思ったんです。サラダとか健康的な物を食べようかと思って行ったら、あるはずの場所にないんですよ、その店が。味の濃そうなパスタ屋に代わってしまっていたんです。その後、歩いても歩いても食べ物屋はなく、結局唯一見つけたラーメン屋に入ってしまいました・・・。「まぁ、いいか。早い時間だし、この後運動するし、あっさりした魚の出汁がベースだし」って、無理矢理自分を納得させて。


で、再び歩き、ジムに着いてみると。
なんと年に1度の特別休館時期(設備の点検日)で閉まってたんですよ。おいおい、ラーメン食べちまったよ、こんなことなら、今日はラーメンなんて食べなかったよ、と激しく後悔。仕方なく、そのまま家まで歩いて帰ることに。


で、これでは汗を出すことに満足できず、「じゃあ、お風呂にでも行こう」と思い立ったんですね。でも、この日は月曜日。近くの銭湯は、お休みの日なんです。「なんで今日が月曜日なんだよ・・・」と、どうしようもない逆ギレの気持ちになり、月曜日がお休みではない温泉施設に行くことを即決。先日案内チラシを入手した、「宮前平源泉 湯けむりの庄」という温泉施設に行ってみることにしました。家から比較的行きやすい場所であることに加え、平日21:30以降は、レンタルタオル付きで950円になるので安いのです(通常は、平日1,200円、土日祝日1,470円)。


で、電車から降り、駅を出ると・・・。なんと小雨が降っているではありませんか。
「もう帰ろうかな」とも思いつつ、ここまで来たのだからと、駅前のコンビニでビニール傘を購入。家に何本もビニール傘があるのにもったいないなぁと思ったけれど、お風呂から出て雨に濡れるよりはマシというものです。で、コンビニを出てみると・・・。


雨、止んでるし。
なんなんだ、今日は一体。


「湯けむりの庄」は、駅から徒歩4分と書いてありましたが、ホームページの地図は分かりにくかったので、ケータイのNAVITIMEを使って歩きました。確かに徒歩4分くらいで着きましたが(方向音痴の私でもすぐに分かる場所)、めっちゃくちゃ住宅街の中にあるんですよね。ここに温泉施設があると知らなければ、なかなか知られないだろうなぁ。しかも、施設の隣のマンションの壁には、至る所に「銭湯建設反対!」の幟が掲げられていて、妙な雰囲気。温泉が好きな人もいれば、こうやって近隣の住民からは反対運動も起こったりしている、近頃の温泉ブームの裏には色々な事情もあるんだなぁと思いました。

20080422-1

20080422-2


お風呂は、「立ち湯」「うたた寝湯」「腰掛け湯」など、珍しい種類のものがあり、楽しめました。
サウナも「フィンランド式サウナ」という名前で、時間によっては、1日数回「ロウリュ」というものを行っているらしい。「ロウリュ」というのは、熱波を浴びることにより体感温度が上昇し、発汗効果を高めること。温度が高く、ガンガン汗をかきました。テレビもあるので、すぐに時間も経ってしまいます。


洗い場の数は多く、シャンプー、リンス、ボディーソープは備え付けてありますが、洗顔フォームはないのでご注意を。ロッカーの横のパウダールームは広々としており、ここに洗顔フォームがありました。化粧水・乳液も置いてあるので、本当に手ブラで来ることができます。実際、スーツ姿の男性グループもいました。会社帰りに寄ったのでしょうね。


テレビ付きのリクライニングシートのある休憩処もありましたが、この日は時間も遅かったので、そのまますぐに帰ることに。外に出ると、やっぱり雨は降っていなくて、雨粒の付いていないビニール傘を忘れずに持って帰りました。


何をやってもツイてない・・・と思いきや、今日の健康診断では、昨年の体重から、なんとか3kg減っていて、しかも身長が(数mmですが)伸び、165.9cmに。採血も気持ちよかったし(笑)。


問診でお話をした、少しお年を召した女医さん(去年の面談の女医とは違う方)には、「これ以上体重は減らしちゃダメよ。身長からすると、今がベスト体重ね。これ以上減らしたら、骨が目立っちゃうわよ」と言われてしまいました。「はぁ、そうですかねぇ。去年怒られたんで、あと2kg減らすことが目標なんですが」と言ったら、「今が丁度いいわよ。女の人はね、ちょっとくらいふくよかな方がいいのよ」だって。ふむむ。。。まぁ、無理なダイエットをしたわけではないんですけどね。何か心配されちゃったのだろうか。


というわけで、昨年のリベンジは、一応は達成。
詳しい検査結果が出るのは6月なので、採血とか尿検査とかで引っかからないといいなぁ。
引き続き、健康には気を付ける生活をしていこうと思います。

テーマ: 神奈川県川崎市 | ジャンル: 地域情報

歌に芝居に合唱に。

4月21日(月)。

昨日、福島出張から東京に戻ってきたその足で、東中野にある「驢馬駱駝(ろまらくだ)」へ。
2月にミュージカルに出演した友人のacoちゃんよりお誘いいただき、ショーイベント『名曲サンドウィッチ』を見に行きました。満席と聞いていたので、少し早めに着けて良かった。とても見やすい席に座ることができました。ワンドリンク500円で飲みながら観ることができるのも良い感じ。

どんなショーなのか、事前知識があまりないまま観たのですが、最初から引き込まれまくり。
懐かしの名曲や合唱、トーク、踊りに芝居に・・・と、すべてのシーンが見どころ満載。
約2時間はあっという間でした。
20080421-1

20080421-2

20080421-3


終わってからもしばらく、ザ・ピーナッツの曲や、懐かしの合唱曲「怪獣のバラード」が頭から離れず、家に帰ってからも思わず口ずさんでしまう自分。いやぁ、やっぱり歌ってすごい力だなぁ。

公演は9Fで行われましたが、ここの1Fにある「パオ・キャラバンサライ」というお店がまた美味しくて。羊料理(?)のお店なのですが、メニューがとても変わっていて、また食べに来てみたいと思わせる味でした。


<Shop Information>

包 パオ・キャラバンサライ

住所:東京都中野区東中野2-25-6
TEL :03-3371-3750
営業時間:12:00-17:00、17:00-24:00(ラストオーダー22:45)
定休日:月曜日

テーマ: 観劇 | ジャンル: 学問・文化・芸術

アクアマリンふくしま。

4月20日(日)。

昨日から出張で福島県におります。今日は東京に移動するだけだったので、帰りに「アクアマリンふくしま」という水族館に立ち寄ってみました。
20080420-1


とても広い敷地にある施設で、色々な海の不思議を解説する、テーマ性の強い水族館でした。
まずは、「バックヤードツアー」(30分・無料)に参加し、水族館の“裏側”を見学。

水温の調節って、本当に大変なんだなぁ。水族館の入館料が動物園に比べて高いのは、設備面での違いなどの理由があるんだということを、改めて実感。
20080420-4

20080420-5


「バックヤードツアー」を終えてから、館内をゆっくりと見て周りました。
20080420-2

20080420-3


熱帯アジアの水辺や、福島の川の沿岸などを再現した空間があったり、
20080420-6


ヒトデに触れたり。
20080420-7



古谷千佳子さんという写真家の「海人ごはん」という写真展も開催されており、色鮮やかな琉球の魚やご飯の写真に、ため息が出るほど魅了され、
20080420-8

20080420-9


あっという間に帰りの時間が近づき、水族館を後にしました。
20080420-10



お昼ご飯には、地元で美味しいと有名なお寿司屋さんへ。
身がしっかりしているネタに、多めのご飯。美味しかったなぁ。
(魚を観賞した後すぐに食す、というのは気にしない気にしない)
20080420-11



先週のサファリパークに続き、今週も「生き物」と触れ合った休日でした。

テーマ: 福島県 | ジャンル: 地域情報

福島へ出張。

4月19日(土)。

出張で福島県へ。新入社員研修を行っている、とある施設に宿泊しております。
ツインの部屋に1人なので、広々~♪
部屋のお風呂も広いので、ビジネスホテルでは味わえないくつろぎ感を味わうことができます。
20080419-1


今日東京は久しぶりに晴れ、暖かくなりましたが、福島はどしゃぶりの大雨。
雨風にめっぽう弱い、常磐線の特急「スーパーひたち」も、やはり遅れが出ていました。


さてさて、3月末に入社した新人くんたちは、集合研修も3週間目。
だいぶ打ち解けている様子、若干、その勢いに圧倒されます。。。
その中で、とても前向きな気持ちの女の子と会話することができ、清々しい気分に。


一通り終わった後、夜に懇親会があったのですが、なんとか今日の目標である350mm缶ビールMAX2本まで、という自己目標は崩さずに終了。まぁ、そのうち1本は、ゲームに負けてじっくりと飲むことができず、ちょっともったいなかったんですけどね。恐るべし、新人くんたち・・・。


夕食は17時で、それ以降は何も食べていないので、今はだいぶお腹も空いてきたのですが、甘い物は見ているだけで満足。お酒や甘い物がなくても、十分に楽しめますしね。
明日は朝早いし、今日は早寝しようっと。
20080419-3

テーマ: 福島県 | ジャンル: 地域情報

水分補給、1年後。

4月18日(金)。

朝から強い風と雨。この4月は、本当に雨が多い気がします。
バスが強風に煽られ、横揺れしました。怖かったなぁ。

さて、4月も下旬に差し掛かり、毎年恒例の「健康診断」が、いよいよ来週と迫ってきました。
去年、体重増で女医に怒られ、それ以来、運動水分補給をコツコツと行ってきたわけです。
20070521


運動は、途中でケガをした期間は中断していたものの、その期間以外では、ガツガツではないにしろ、割とコンスタントに続けてきました。苦手だった水分補給も、今じゃすっかり、ミネラルウォーターが手放せない日々に。


・・・まぁ、体重激減、とまではいきませんが、だいぶ体も絞れたし、健康的に過ごせているので、良いのではないかと。今年は、あの女医をぎゃふんと言わせたいものだわ(笑)。


人間、気持ち次第で変わるものです。


毎日、ミネラルウォーターと牛乳を飲んでいるのですが、今日は1日雨で外に出ず、ずっと会社の中にいたせいか、ちょっとした気分転換をしたくなりまして。珍しく、保管していたドリップコーヒーなんぞを飲んでみようかと思い立ちました。


でも、


久しぶり過ぎて、マイマグカップが見つからない!(笑)
20080418


この1年で、社員数も増えたからか、マグカップが増えているんでしょうね。
私がここのところ使わずに戸棚に放置していたマグカップは、随分奥の方へと追いやられていました。たまには使わないと、かわいそうだね。


あ~、コーヒーのいい匂い、
ほっとするなぁ。


さて、明日は福島に出張です。雨やむといいなぁ。
最低気温10℃、最高気温11℃だって。寒そ~~。

テーマ: | ジャンル: グルメ

世田谷の包み紙 展。

4月17日(木)。

三軒茶屋にある、キャロットタワーの生活工房で、「世田谷の包み紙 展」が開催されています。
(会期は、4月10日~30日、9:00~20:00、入場無料)
20080417-1


丁度1年前には、ここで「活版再生展」が開催されていましたが、この生活工房では、こじんまりとしたエリアながらも、興味深い展示が開催されることが多いです。


今回の展示は、タイトルの通り「包み紙」そのもの。贈り物を包む紙、です。
20080417-2



会場内に掲示された説明によると、

「包」という字は、母親のお腹の中にいる胎児をあらわした象形文字からきています。お店の商品が赤ちゃんなら、包装紙はお母さん。大切なものを、壊れたり傷ついたりしないように幾重にも包むことは、母の優しさにも通ずるものがあるように思えます。
エコ、コストダウンといった観点から、近年包み紙は少しずつ姿を消しつつあります。しかし、「包む」行為は、中に包まれるものを大切に思ってのこと。そしてそれを差し上げる相手を大切に思ってのこと。包装を単純に簡素化すると、そこに一緒に包まれるはずの気持ちまで「削減」してしまう気もします。(~後略)



この内容に共感したんですよね。エコなこのご時世。過剰包装は、確かにもったいないし、物を渡す相手や時と場合にもよることかとは思います。だけれども、包装紙それぞれにその店の味が出ていたり、包装紙を見ただけでその店のものだと分かる効果もありますよね。下手なりにラッピングをするのも楽しかったりするものです。


壁には、世田谷区ゆかりのお店の包装紙が所狭しと飾られていました。
20080417-3


それぞれを手に取ることもでき、
20080417-4


裏返すと、そのお店の包装紙や商品の特長が書かれています。
20080417-5

(↑小田急線 千歳船橋駅 「菓匠 東宮(とうみや)」



20080417-7

(↑左:小田急線 成城学園前駅「成城アルプス」、右:同梅ヶ丘駅「カワムラ」

20080417-6

(↑左:京王線 千歳烏山駅「菓心 たちばな」」、東急田園都市線 三軒茶屋駅「豆商はたの」


包装紙を再利用した、ブックカバーや小物入れなども展示されていました。
20080417-8



1つ階を降りると、TSUTAYAの本屋さんがあるのですが、この展示とタイアップして、「包む」ことに関連した書籍のコーナーがありました。その中で特に気に入ったのがコレ。

「ありがとうのカタチ」(井上由季子 著、文化出版局)
20080417-9

贈り物を渡すときに添えるメッセージカードや、紙袋や紐の活用方法など、ちょっとした工夫で心のこもった、手作り感のあるプレゼントになるということがわかります。贈る人も楽しくなるような1冊です。


私は手先が不器用なので、包むのはとても苦手なのですが、地元色の高い内容で、「包む」ということにとても共感を持てた展示でした。

テーマ: 東京23区 | ジャンル: 地域情報

ドイツのお土産。

4月16日(水)。

仕事をしていると、色々な地域のお土産をいただいたり、自分で買ったりする機会が多くあります。これまでにも、中国韓国タイ北海道宮城人形町長崎熊本等々、色々な地域の食べ物を紹介してきました。

今日いただいたのは、ドイツのお土産。グミキャンディーの「HARIBO(ハリボー)」
20080416


これが妙にハマッてしまって、たくさん余っているというので、3袋ももらってしまいました。
まだ歯の詰め物の痕を治療中なので(これがまた時間がかかるんだわ)、注意して噛みつつ。


グミは子どもの頃から好きでした。
「果汁グミ」「コーラアップ」「Poifull(ポイフル)」などはよく食べていましたね。デパートで売っていた、トミゼンフーヅの「彩果の宝石」というゼリー菓子も、本当の果物のようで美味しい。

グミそのものが好き、というよりも、ゼリーのようなぷるぷるの食感が好きなんですよね。
カテゴリで言うと、(1)ゼリー的な食感の食べ物、(2)モチモチの食感の食べ物、(3)外側がちょっと堅くて中が柔らかい食感の食べ物、という3つ。例えば、外側がオブラートで包まれているゼリー菓子や、すあま求肥のような和菓子が、好みだったりします。

お土産をいただくと、その地域のことや食べ物のこと、好きな物など、色々なことに思い巡らせることができるので、それだけで楽しい時を過ごすことができます。

テーマ: ドイツ | ジャンル: 海外情報

13匹のエビ。

4月15日(火)。

軽くご飯を食べようと、それほど繁華街ではない町を、目当てもなく歩いていると、
着物を着た若い女性に手渡された、1枚のチラシ。
ダイナミックな手書きのそのチラシにグッときてしまい、即決。
20080415-1


「激辛! 海老チリ 294円!! 日本一」

激辛が日本一なのか、安さが日本一なのか、
はたまた海老の味や大きさが日本一なのか、

チラシだけではわかりませんが、とにかくグッときたのです。
「プリプリ」と書かれた海老のイラストが、ミョ~に可愛かったからかな。


かなり安いものだったので、注文を取りにきたお兄さんに聞いてみました。

七井「海老さんは、何匹いるんですか?」
店員さん「13匹ですよ。もう、赤字覚悟です」
七井「じゅ、13匹~!!!???」


半端な数だとやだなぁと思って一応聞いてみたのですが、なんとも13匹とは。
てっきり、小さい小皿にちょこっと盛られているのかと予想していましたよ。
それで294円は安いなぁ。


で、すぐに運ばれてきた海老さんたちがコチラ。
20080415-2

いや~、ホントに13匹いるよ。かなりの量だ。しかも美味しい。
2名につき1皿限定、というのも頷けます。

中華料理屋さんだったので、水餃子や鉄鍋餃子、青菜炒め等もあわせて注文。
餃子は外の皮にも中の肉にも存在感があり、食べ応えがありました。
20080415-3



どれもこれも安くて美味しい。チラシの力は偉大だわ~。

テーマ: 中華料理 | ジャンル: グルメ

辞書で言葉をめくる。

4月14日(月)。

長く日本人をやっていたとしても、どうしても確認したい言葉が出てくる時があります。それが、恥ずかしいくらいに簡単な言葉だったとしても、「その使い方で本当に合っているのか」「その送り仮名で良いのか」、改めてふと、疑問を持ってしまうことがたまにあるのです。
(私だけかもしれませんが・・・。)

そんな時は、まずインターネットは使いません。
使ったとしても、裏付け確認程度。情報の表面や、公開情報だけを知りたい時には、かなりの頻度でネット検索を利用しますが、言葉に疑問を持ってしまうと、インターネットの情報はかえって不安になってしまうのです。(なんでだろう。)


前の職場でも、今の職場でも、すぐ手のく場所に、国語辞典を置いています。
「それって別に普通のことじゃん?」・・・と思うかもしれませんが、少なくとも私の至近距離には、仕事中に国語辞典の薄い紙をぺらぺらとめくっているような人は、これまでに2人しかいなかったので、みんなあんまり辞書って使わないんだなぁ、という印象を持っていました。
(まぁ、仕事の内容にもよるのだとは思いますが)
20080414-1



私がずっと使っている国語辞書は、「岩波国語辞典 第四版」というもの。
20080414-2

奥付(本の最後の方にある、発行時期や著者名等が載っているページ)を見ると、発行日が1988年8月25日 第4版第3刷となっているのが最後。この辞書、中学生の頃から使っているもので、ビニールは破れているし、ページの隅には、赤ペンやら蛍光ペンが滲んでいるし、何より、ページの上部に自分の名前をローマ字で書いてしまっているため、オフィスで使うにはとんでもなく恥ずかしいシロモノ。(そんな風に書いているあたりが、いかにも中学生っぽい)


調べたい言葉があった時には、この薄い紙をぺらぺらめくると、確実に辿り着けるというのは、時代が変わっても心強いアイテム。検索エンジンの検索窓に文字を入力して→検索結果が表示されて→どのページが分かりやすそうか探して→アクセスして→また別のページを見て・・・という一連の動きをするネット検索よりは、はるかに早い。


  で、今日どんな恥ずかしい言葉を調べたかったかというと。


そんなことを調べていたのかと笑われてしまうかもしれませんが、今日取材をした方の原稿を書いていた時に、話の中で、「ややもすると」という言葉を使ったんですね。でも、私の周りには、この言葉を「やもすると」と言う方が、なぜかとても多いんです。しかも、自分より年が上の人たちが。で、ひょっとして、本当は「やもすると」が正しいんじゃないか・・・、私ってば長年、間違って使っていた??、と思ってしまって。

似たような話で、以前「なおざり」と「おざなり」の使い方の(言葉の)違いも、気になったことがありました。自分が使い間違っているのか、相手が思い違いや、言い間違いをしてしまっているのか、当たり前のように使っている日本語なのに不安になってしまったのです。特に相手が年上の方だと。


結局、「ややもすると」を辞書で調べてみると、やっぱり「ややもすると(=ともすると~しがち)」しか載っていませんでした。辞書がそう言うのだから、合っているのでしょう。納得納得。ただ、一応「やもすると」をネット検索してみたところ、数は少ないもののいくつか表示されたので、もしかしたらそうやって言う場合もあるのかもしれませんけどね。



ちなみに、私の名前「七井 李紗」というのは、もちろん本名ではないのですが、「七井」という苗字は、本名の苗字の表記に引っ掛けたものでありつつ、実は4つの漢字全て、漢和辞典を使って、意図する意味を当てている名前だったりします。しかもご丁寧に、普段占いなんて信じないくせに、ネットの姓名判断サイトで運気の高い名前かどうかもチェックしていたりして。(コレは本当に、単なる自己満足的なことでしかないんですけどね(笑))


調べたい言葉以外の言葉も目に入ってくる、一見無駄が多いようにも思える「辞書を引く」行為。
でも、辞書独特の、あの薄い紙をぺらぺらとめくって言葉を見ていくことが、好きだったりします。
う~ん、日本語って、本当に難しいなぁ。

テーマ: ことば | ジャンル: 学問・文化・芸術

稲城天然温泉 季乃彩。

4月13日(日)。

朝から雨の、寒い日曜日。
午後には止んだので、稲城天然温泉 季乃彩(ときのいろどり)に行ってみることに。
20080413-1

20080413-2


大型駐車場完備(198台)ということだったのですが、道沿いには車が行列。しばし待つことに。真向かいにある大きな図書館(稲城市中央図書館)の駐車場の前も車の列。人が集まってくる場所なんだなぁ。近くには、城山公園もあり、自然豊かな場所にあります。


ここの温泉の入館料はリーズナブル。平日は700円、土日でも900円で入れます。
ちなみに、岩盤浴に入る場合は、プラス500円かかります。


ここの温泉は、内湯も露天も、お風呂の種類がとっても多いのが特長。
温度も、だいたい39度~42度くらいのものが多く、ぬるめなのでゆっくり入っていられます。
今日入った中では、炭酸泉が気持ちよかったなぁ。そこだけとても混んでいました。

温泉だけではなく、私の好きな草蒸風呂もありました。今日はヨモギ。
匂いを愉しみながら、だらだらと汗を出すことができます。

シャンプー、リンス、ボディーソープは備え付けてあり、(有料ですが)タオルもレンタルできるので、近くに住んでいる人は、銭湯感覚で手ブラで行くこともできるのでしょうね(洗顔フォームや化粧水、乳液などは置いてありませんが)。


それにしても、東京は温泉が多いんだなぁ。。と改めて思いました。

テーマ: 温泉浴・岩盤浴・温浴 | ジャンル: ヘルス・ダイエット

群馬サファリパーク。

4月12日(土)。

おそらく、かなーーり小さい頃に行ったことがあるかもしれない場所、「サファリパーク」。
幼稚園に入るか入らないかの頃に富士サファリパークに行ったことがあるのかもしれないのですが、残念ながらまっったく記憶に残ってないんですよね。。

ということで、今日は初めて「群馬サファリパーク」へ行ってみました。
動物ととわむれるのは、昨年行ったマザー牧場以来だなぁ。
20080412-1


車に乗りながら、園内をまわります。超至近距離に、シマウマやキリンがいるのは新鮮。
暑くても、窓が開けられないのがツライですが。
20080412-4

20080412-2

20080412-5

20080412-6


車に乗っている間は、渡されたガイドラジオで、詳しい解説が流れます。
「まんがはじめて物語」みたいな、お姉さんと先生のやりとりは、結構面白い。
20080412-3



歩いてまわる、ウォーキングサファリでは、動物たちにエサをあげることができます。
子どもたちも大喜び。
20080412-8

私も、太いトングで生肉を掴み、トラやライオンにあげてみました。顔でかっ!
20080412-9


天気も良く、広々とした園内で、久しぶりに童心に帰ったような、はしゃいだ気持ちになれました。
20080412-7


まぁ、動物たちも人間の相手は大変だろうなぁと思いますが(笑)。
20080412-10

テーマ: 群馬県 | ジャンル: 地域情報

イタ気持ちいい。

4月11日(金)。

年明け早々のケガが治り、気候が暖かくなってからというもの、酒量を減らし、食生活を改め、睡眠時間をしっかり取るなど、当たり前のことではありますが、生活のリズムをきちんと整えつつあります。雨の日や、スーツでヒールの靴を履いている日以外は、会社から家まで歩いて帰り、途中にあるジムに寄るという、軽い運動も完全復活。まぁ、体重や体脂肪などの数字的な結果には、なかなか繋がっていないのが、ちと悲しかったりするのですが・・・。
20080411


今日、ジムのスタジオエクササイズを担当したインストラクター。
見た目は女性のよう。髪の毛を後ろでしばっている。でも、当然ゴツイ。
正面から見ると、まさしく男性。ゴツイし、筋肉すごいし。

しゃべりはじめると、まさしく女性のよう。というか、ホンマもんのオカマちゃんなのかなぁと。
激しくオネエ言葉なんですよ、エクササイズの最中。それでもって、ドS。言葉攻めの嵐。
言葉だけじゃなくて、これでもかっていうくらいの激しい動き。もう無理です・・・。ひぃぃぃ。
それでもって、おそらくドMな私は、それが相当に気持ちよかったりするんだな。
60分が終わって、ジャグジーに入って一息。ふぅぅぅ。

イタ気持ちいいのがいいのかな。
採血とか献血とか、すごく好きだし(そう言うと、人からはおかしいと言われるけど)。
ケガの後のカサブタも、治りかけてはすぐに剥がしちゃうし(それは違うか・・・)。
素足になるのが憚られるくらい、ケガの痕が酷いんですよ。剥がさなきゃいいんですけどねぇ。

テーマ: スポーツ全般 | ジャンル: スポーツ

みちのく風味 白石温麺。

4月10日(木)。

宮城県白石名物の温麺(ううめん)。
いただき物を早速茹でて食べてみることにしました。
20080410-1

20080410-2


温麺は、素麺を短く切ったような麺。原料は小麦粉と塩と水だけで、油を一切使っていないらしい。今から400年前、父の胃病を心配し、胃に負担のかからない食べ物を・・・と考えて出来たのが、白石温麺なのだとか。油を一切使わず、食べやすいように短くし、温かいタレで食べさせたところ、父の胃病は快方に向かった、という父を思う子の温かい気持ち(=温情)を讃え、温麺(ううめん)と名づけられたそうな(箱に入っていた解説書による)。

本当に、胃にやさしそう。
レシピもいくつか載っていましたが、今日は「けんちん汁風温麺」を作ってみました。
1束1人前と書いてあったけど、なかなかのボリューム。ちょいと量を減らせば良かったかも。。
20080410-3


今日も1日中雨で寒かったので、体がすっかり温まりました。美味しかった~。残り2束、どうやって食べようかな。梅茶漬け温麺、オムレツ温麺、カルボナーラ風温麺など、試してみたい美味しそうなレシピがたくさんあって、迷ってしまいます。

テーマ: 宮城県 | ジャンル: 地域情報

鼻セレブ。

4月9日(水)。

今さらですが、「鼻セレブ」って、すごいネーミングだと思いませんか。
20070409

だって、「鼻」に「セレブ」ですよ。「目」でもなく「口」でもなく「足」でもなく。
この名前を見ただけで、「あ、鼻に優しそう・・・」っていう印象を持ってしまいますよね、なぜか。
だって「セレブ」って、そういうものじゃないじゃん。字面のまやかしなのか。音がいいのか。

しかも、ウサギやアザラシなどの動物の写真を使ったパッケージ。もはや反則です(笑)。
だって、「鼻」にも「ティッシュ」にも関係ないじゃん。なのに、これを見ただけで、「あ、鼻に優しそう・・・」という印象をやっぱり持ってしまう。写真のまやかしなのか。色と表情がいいのか。


実は先週金曜日から、鼻風邪&喉風邪を引いてしまって。
花粉症でもないのに鼻水が辛かったので、この「鼻セレブ」のお世話になっていたのです。
日曜日、のん気に原っぱで昼寝をしている場合じゃなかったんですけどね。なかなか治りが遅くって。昨日は雨が降って寒かったし、今週は早く帰って早寝してしっかり療養。今日にはほぼ完治しました。

「鼻セレブ」よ、しばしのお別れ。

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

気になる女性、高木郁乃さん。

4月8日(火)。

20070408

大学生から社会人になりたての頃、「Jungle Smile(ジャングル スマイル)」というユニットの音楽をよく聴いていた。高木郁乃さんという女性と、吉田ゐさおさんという男性の2人組。女性が詩を書いて歌い、男性が曲を作ったり編曲したりする。ちょうど1997年~2002年頃の話。今はなき、「日清パワーステーション」でのライブや、山野楽器やタワレコでのインストアイベント、遠くは、群馬県高崎市(高崎音楽祭)や、雪深き真冬の北海道キロロリゾートでのコンサートまで行ったりして(一緒のエレベーターにも乗り合わせちゃったりして)、今思うと、私にしてはよくまぁ追いかけていたもんだ、という気がする。

ボーカルの高木郁乃さんという女性は、不思議な魅力を持っている子で、素晴らしいほどの歌唱力があるというわけではないし、歌っている曲も、「切ない」を通り越して「痛い」という表現に近く、一般的にはきっと目を背けたくなるような、ぐさりとくる歌が多い。でも、理由は分からないけれど、なぜだか妙に人を惹き付ける力がある。特に、彼女たちを一度生で見てしまうと、その後気になって気になって仕方がない存在になっている。

爆発的なヒット曲はなかったけれど、テレビ番組やCMでタイアップされる曲もいくつかあったりして、これからすごく売れていくのかなぁ、と思っていた矢先に、体調不良で活動が休止となったり、復活してさぁこれから、という時にまた活動を休止。2001年10月に行った、東京国際フォーラムでのライブを観にいったのが、生で見た最後となってしまった。

2002年に活動を休止した以降は「tokyo.sora」という映画に出演したり、CMの曲を歌ったりしていたものの、その他の活動は不明。それでも、ここ1-2年、ネットで情報を見ていると、高木郁乃さんが少しずつ音楽活動を始めているという情報を目にしていた。そして先日、4月5日(土)、神奈川県川崎市で行われた「ハートフルコンサート」というものに出演するということを知った。私はこの日、友だちの結婚式があったので、残念ながら観にいくことはできなかったのだけれど、彼女が歌ったということを掲示板などで見たら、なんだか、安堵した。初夏には「高木いくの」として、ソロ活動をゆっくりとスタートするとの情報も。新しいホームページがトップページだけできていた。

気になる女性、高木郁乃さん。
ゆっくりゆっくり、歌を歌っていってほしいなぁと思う。

数年ぶりに過去のアルバムを、改めてしっかりと聴いた。
やっぱりいい。泣いてしまいそうになるくらいに、いい。


----------------------------------------------------------------
【2011年4月16日追記】
 いくのちゃん、3月31日から「速報いくのふ☆」というブログを始めたようです。
 URL⇒ http://ameblo.jp/amebaikumo/
 ライブイベントやテレビ・ラジオ出演も少しずつ増えてきていますね。

----------------------------------------------------------------

【2011年10月30日追記】 ジャンスマ、一夜限りの復活!!

Jungle Smile(ジャングルスマイル)15周年記念企画
「帰ってきた~のほほん喫茶~」

★参加しました! http://hot771.blog37.fc2.com/blog-entry-1129.html

2011年11月21日(月) 
Open 18:30 / Start 19:30
@渋谷J-POPカフェ 木戸銭1,500円飲別


----------------------------------------------------------------

テーマ: 女性アーティスト | ジャンル: 音楽

フリージアの花瓶。

4月7日(月)。

部屋に黄色いフリージアを飾りました。いい匂い。
20080407-1


気に入った花瓶を見つけたので、花を入れてみたくなったのです。
正確にいうと「瓶」ではなく「ビニール」なのですが。
20080407-2


1枚の平らなビニールが、水を入れると立体的なフラワーベースに。
D-BROSの「「Hope Forever Blossoming」というインテリア商品です。
透明感のあるフラワーベースと水と黄色い花で、部屋がパッと明るくなりました。
20080407-3

20080407-4

テーマ: 花と生活 | ジャンル: 趣味・実用

クレマチスの丘。

4月6日(日)。

昨日に引き続き、本日も晴天。小学校の遠足のような気分で、静岡県三島にほど近い「クレマチスの丘」に行ってきました。
20080406-1


ここ「クレマチスの丘」は、美術館や文学館、花の咲く庭園、公園、レストランなど、広大な敷地で1日中のんびり楽しむことができます。三島駅からは無料シャトルバスが出ているので(約25分)、アクセスもしやすい場所にあるといえるでしょう。
20080406-2


庭園では、桜がちょうど満開。今年は、例年以上に色々な場所で、満開の桜を見ています。
ところどころに大きな彫刻が飾られていて、花や草木や景色と調和した、芸術的な空間となっていました。
20080406-3

20080406-4



ヴァンジ彫刻庭園美術館は、建物そのものが既に作品であるかのように、窓から注ぐ陽の光と、室内の照明の暗さが妙にマッチしていて、絶妙な陰影が印象的でした。
20080406-10

ベルナール・ビュフェ美術館は、とにかく展示点数が多くて見ごたえたっぷり。
「藤田嗣治 猫展 ~フジタが描いた猫たち~」ビュフェの常設展を見ました。
20080406-5

20080406-6


レストラン「オーガニック・ビュフェ」で、オーガニック野菜を使ったキーマカレー(温泉玉子入り)とオーガニックコーヒーを注文。暖かかったので、外でお庭を見ながら食べました。ひざ掛けに毛布をかけていたので体中温かくなり、今すぐ昼寝したい気分に・・・。
20080406-7


というわけで、お腹も満たされ、美しい絵も見たところで、原っぱが広がる公園でしばしの昼寝。
満開の桜の下、風で笹が揺れる音を聴きながら、マジ寝しました。あぁ、気持ちよい。。
20080406-8
20080406-9

テーマ: 静岡県 | ジャンル: 地域情報

振袖で結婚式。

4月5日(土)。

今日は、大学時代からの友人の結婚式がありました。
大学1年生の春にバドミントンサークルで出会って早14年。卒業後もよく集まっている4人組の中で、ようやく初の結婚式です。朝から暖かく、真っ青な空。いやぁ、おめでたいおめでたい。
20080405-1


今回、横浜にあるゴージャスなホテルで行われるとあって、思い切って成人式以来の振袖を着ることに。ホテルの美容室を予約して、朝から髪のアップと着付けをしてもらいました。髪の毛をセットしている間、鏡越しに友人である新郎がソワソワ・ウロウロしているのを何度も目にし、結婚式前の緊張感がこちらにも伝わってきました。やっぱり落ち着かないものなんだなぁ~。
20080405-2

着物って、準備や着付けが大変そうだったり、荷物も多くなりそう・・・、というイメージがあったので、今まで着る機会を逸していたんですが、今回着てみて本当に良かったなぁと思いました。やっぱり着ると身が引き締まるもんですね。着付けも、ホテルの方はさすがに慣れていて、あっという間に仕上がりました。

披露宴は盛大に行われました。本当にたくさんのご家族や親戚の方、友人たちに囲まれていて、幸せそうな新郎・新婦を見て、月並みな言葉ではありますが、やはり感動しました。まぁ、新郎新婦の席の真ん前の席というベストポジションだったので、相変わらずカメラ小僧をしていましたが(笑)。

生演奏もあったりして、おしゃれでムーディな雰囲気。
20080405-3


着物でお腹周りが締め付けられていたので、料理は全然食べられないかなぁと思いきや、いつも通りにパクパクお腹いっぱい食べることができました。お酒も、シャンパン・ビール・ワインと、飲みまくり。あぁ・・・せっかく着物を着ているのでもうちょっと楚々と振舞っていたかったんですけどね。おそらく会場内で撮影されているビデオや写真には、私の食べっぷり・飲みっぷりがちょろちょろ背景として写っていることでしょう。
20080405-4


笑いあり、涙あり、踊りあり、歌あり・・・の、素敵な結婚式でした。
20080405-5

テーマ: 結婚式 | ジャンル: 結婚・家庭生活

高橋名人の冒険島。

4月4日(金)。

夜遅く、実家に帰ったら、ゲーム好きの弟が「ゲームセンターCX」という番組のDVDを茶の間に持ってきて、夜な夜な2人で観ることに(ほぼ強制的に)。今さらだけど、見てみると面白いですね、この番組。今日見たのは「2.0」で、「アトランチスの謎」「高橋名人の冒険島」「ソロモンの鍵」が収録されています。
20080404


よゐこの有野さんがひたすらファミコンをやる番組、というのは知っていたけれど、知らないゲームも多かったので、なんとな~くあまり興味がわかずにいたのですが、いやはや「高橋名人の冒険島」ったら、やっぱり難しいゲームなんですね。私は子どもの頃、あまりにも先に進まなかったので途中でやらなくなってしまった気がする・・・。しかも初歩的なアイテムと思われる、コンティニューができる「ハチ」の存在すら知らなかったよ。これを知っていたら、もっと先に進んでいたんだろうなぁ。。(弟よ、もっと早く教えてよ)

20080404-2

カセットはまだ家にあったりするんですけどね。


DVDを見ながら、「『高橋名人の冒険島』は、『ワンダーボーイ』っていうゲームが元になっているんだよ」などと、弟がゲームについて語り始めた。私も、「そういやシュウォッチで16連射とか流行ったねぇ」とか「そういや『Bugってハニー』ってゲームとアニメがあったよねぇ」、などと弟と話が盛り上がり、なんだか小学生の兄弟の会話みたいな気分に。・・・いやいや、小学生は1時過ぎまでなんて起きてないか。


「ゲームは1日1時間」!

テーマ: 懐かしのゲーム | ジャンル: ゲーム

ネイルサロン。

4月3日(木)。

電車やバス、飛行機、車などの乗り物だとか、歯医者での診察中や整形外科でのリハビリ中でも、はたまた音の大きなライブ会場であっても、座ったり横になったりすると、反射的にすぐにうたたね寝をしてしまう私。のび太君並に、いつでもどこでも眠れてしまうのは、もはや特技の1つだと勝手に思っていたりします。

で、今日も、ウトウト、コクリコクリと、気持ちの良い世界に入ってしまいました。


今度の土曜日に友人の結婚式があるので、今日は会社の帰りに、珍しくフットケアとネイルケアをしてもらいに行きました。時間が遅かったこともあって(24時まで営業しているサロンなのです)、座って暖まってきたら、いつの間にかうたた寝しちゃったんです。ネイリストのお姉さんが「ふふふ(笑)。大丈夫ですか?」って声かけてくれたんだけど、まぁ気持ちがいいんですよね、これが。お姉さんの手も柔らかいし。(←おいおい)
20080403


土曜日の結婚式はホテルでやるので、思い切って着物で行く予定。
着物を着るのは成人式以来なので、もう10年以上経ってしまいました。たまには着ないと、と思いつつ、なかなか機会がなかったんですよね。ハタチの頃、「友だちの結婚式でも着られるように」って、割と落ち着いた色の着物を買ってもらったのですが、その後1度も着ることがなく、さすがにもったいないなと思って。

そんなわけで、着物でもおかしくないような、シンプルな色を入れてみました。
お姉さんと一緒に、着物や帯の色と合う色をあれこれ試してみたりして、なかなか楽しいひと時。

そそっかしいので、完全に乾く前に擦ってしまわないようにしなくては。
表面はすぐに乾くけど、中まで完全に乾くのには24時間かかるんだって。
私のことだから、すぐに擦っちゃいそうだなぁ。。

テーマ: ☆ネイル☆ | ジャンル: ファッション・ブランド

イイ加減に、1000回。

4月2日(火)。

某ラジオのタイトル、ではありません(笑)。
エイプリルフールに書いたらちょっとウソっぽいかも・・・(?)、という理由で昨日書かなかったわけではないのですが、今日のこの書き込みで、丁度キリの良い、1,000回目となりました。2004年8月12日~2005年11月17日の「旧ブログ」の方で466回。2005年11月17日~2008年3月31日の「現ブログ」の方で533回に、なっていたようです。

な~んていう、どうでも良いことに気付いたのは、ホンの数日前のことだったんですけどね。いやはや、毎日ではないにしろ、飽きずによく続いたもんだわ(笑)。ヒマってことなんだな、きっと。


というわけで、記念すべき1,000回目は、昨日の話。
会社の有志が集まって恒例の行事となっている、お花見に初参加。夜の花見は寒いので、実は全然好きではないのですが(暗くて花が見えないし)、とある所用があったため、防寒バッチリな格好をして行ってみることにしました。参加者が50人くらいいたので、初参加の私はちょっとビックリ。

花見の季節になるとそれなりに有名な公園。ライトアップもされていました。
20080402-1


けど、公園内は結構閑散としていたりして。花見シーズンだからもっと混んでいるのかと思いましたよ。まぁ、18時半スタートで、時間が早かったからかもしれませんが。
20080402-2

20080402-3


予想通り、夜桜の花見は本当に寒い。
風も少しあったからかもしれませんが、シートの上に座るとはいえ、土が冷えてるので身体全体が冷えちゃうんですよね。寒くてお酒も全然進みません。まぁそれも含めて大勢で楽しむのが、夜桜花見の醍醐味なんですよね、きっと。暖かいおでんやモツ煮込みを食べて、暖まりました。

暗くなっていくにつれライトアップされた桜は、昼間とは違って幻想的できれい。
(みんな桜そっちのけで宴会しちゃっている、典型的なサラリーマン集団でしたが・・・)

若者たちは、周りからのリクエストを受けて、なぜか「朝青龍が時間いっぱいで塩を撒く物真似」や、「高見盛が土俵際でがぶり寄りをする物真似」などを披露。ワケも分からずやっていた割には(そもそも「がぶり寄り」が分からなかったらしい)、意外に似ていたので、私は密かにウケていました。
20080402-4


開始が早かったので、21時半には終了。
参加人数が多かったので、最後の片付け、ゴミ収集、撤収の早いこと早いこと。
ゴミもしっかり拾って分別もして、気持ちの良いお花見でした。

テーマ: | ジャンル: 写真