スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりの、西武ドーム。

5月29日(日)。

昨日は、2年ぶりに西武ドームに行きました。
埼玉西武ライオンズvs東京ヤクルトスワローズの交流戦です。ナベQ監督のポスター、いいねぇ。
20110529-1


台風が来ていたので、朝からあいにくの雨。壁のないドームとはいえ、雨でも濡れずに試合が見られるって嬉しいですね。チケット売り場も入り口も、たくさんのお客さんで溢れていました。神宮も、これくらいたくさんお客さんが来る日が続くと盛り上がるだろうなぁ~^^;
20110529-2


2年前(※思いつきで見に行った、西武vs横浜ベイスターズの交流戦)は、外野で観戦しましたが、今回は内野指定席での観戦。西武ドームは、ビジターでも1塁側なので、なんだか不思議な感じです。
20110529-3


お~、近くの席にパトリックさんのお姿が!
神宮でDJしている姿しか見たことがなかったけれど、プライベートでも野球が大好きな方なんですね。
20110529-4


昨年神宮で見たライオンズとの交流戦に続き、今年も夫の後輩君(ライオンズファン&スワファン)たちと一緒に観戦。両チームのユニフォームを来て、観戦も交流戦です。昨年見た試合では、スワローズがライオンズに12-6で勝ち、ライオンズファンの後輩君はとても残念がっていましたが、今年の試合はいかに・・・!?
20110529-6


チケットまで取ってくれたライオンズファンの後輩君、全員分のお菓子まで用意してくれていて感激しました。1人ひとりに駄菓子の詰め合わせが配られて、なんだか遠足に来たみたい♪ありがとう!(しかも、ちゃんと「プロ野球チップス」が入っていて嬉しい)
20110529-7


試合前のグラウンドでは、色々なイベントが開催されていました。
まずは、オリオンビールプレゼンツ「OKINAWAスペシャルDAY」の記念撮影。
20110529-8


続いて「OB 1打席対決」。ライオンズOBの杉山賢人さんとスワローズOBの広澤克実さんが登場。
20110529-9


スタンドでは、狭山茶の売り子さんもいました。というか西武ドーム、神宮よりも売り子さんの人数が多い気がするなぁ~。飲み物の種類も多いし、ピザまで売り歩いているし。ひっきりなしに行き来していました。席にいながら買いやすくていいですね。
20110529-10


さて、試合の方は…。初回こそ、スワローズが先制して盛り上がりましたが…。
20110529


カツオくん(小さな大エース、石川雅規投手)も頑張ったのですが・・・。
20110529-12


6回に同点、7回にライオンズが勝ち越しで、球場全体がライオンズ色で盛り上がりました。
もちろん、一緒に見ていた後輩君も、今年は喜んでいました^^
20110529-13


ジェット風船が舞います。
20110529-15


ライオンズのマスコット、レオ君。身軽だからこんなところにも登れちゃうんですね。
メタボなつば九郎先生にはできない動きですね(笑)。
20110529-16


ライオンズ側のベンチには、レオ君のぬいぐるみも座っていました。カワイイ。
20110529-17


ということで、今年の交流戦初戦は3-2で西武の勝利!来年もまたみんなで見に行きたいな。
20110529-19


西武ドームは、画面がとってもキレイで見やすいなぁ。
20110529-18


往きは、多摩モノレールの上北台駅からバスに乗っていきましたが、帰りは池袋まで西武池袋線で1本。球場を出てすぐに西武球場前駅があるから便利ですね。関東はもう梅雨に入ってしまいましたが、また暑い夏になったら、球場で美味しいビールが飲みたいなぁ~♪
20110529-20

スポンサーサイト

テーマ: 東京ヤクルトスワローズ | ジャンル: スポーツ

日比谷オクトーバーフェスト。

5月26日(木)。

先日、仕事帰りに夫と待ち合わせ、「日比谷オクトーバフェスト」を覗いてきました。
20110525-1
【チラシ(PDF)】 表面(1.1MB) / 裏面(1.1MB)


「日比谷オクトーバーフェスト」は、5月20日(金)から5月29日(日)まで、日比谷公園噴水広場で行われているドイツビールが飲めるイベントです。今年で6回目を迎えるということですが、行ったのは今回が初めてでした。「オクトーバーフェスト」自体は、毎年9月中旬~10月初旬にドイツのミュンヘン市で行われているお祭りとして有名ですよね。“世界中から約650万人がこのイベントのためにミュンヘンを訪れる”、“このイベントで消費されるビールは約600万杯、ソーセージは30万本”と言われているらしく、ぜひともいつか本場の「オクトーバーフェスト」にも行ってみたいところですが、日比谷公園でチョットくじけてしまいました…(^^;
 

とにかく、ものごい人なんですよ。「え~!?ビール好きの人ってこんなにいたの!?」って思うくらいの人・人・人。外でビールを飲むには、だいぶ肌寒い日だったのですが、それでもたくさんの人が来ていて、ステージの演奏に合わせてジョッキ片手に大盛り上がり。ビールや食べ物を買いに並ぶことさえも躊躇してしまうくらいでした。混みすぎてて、写真も全然撮れませんでした。平日の寒い夜でこれだけ集まるのだから、晴れた土日はどんだけ混むんだ~!?と思いました。でも、本場ミュンヘンのお祭りは、この比じゃないくらいもっともっとすごいのでしょうね。
20110525-2


感覚としては、同じく日比谷公園で秋に行われた「山梨ヌーボーまつり」以上だったかな。
(↓こちらは、以前行った「山梨ヌーボーまつり」の様子)
20091103-4

あのワインのお祭りも相当混んでいましたが、今回とは客層がだいぶ違うなぁという印象。ヌーボー祭りは年齢層が少し高めで、混んでいる中でも割と整然としていましたが、オクトーバーフェストは元気な若者が多かったです。スーツ姿の若い方も多くて、仕事帰りに同僚たちと立ち寄って、公園でビールを飲んで盛り上がることができるのは、楽しいですよね。
20091103-3


さてさて、肝心のビールですが、混んでたし寒かったしで、「ケストリッツァー シュヴァルツビア」という黒ビールを1杯だけ飲んで帰ってきちゃいました。1杯だけでも結構な量でしたし、お祭りの雰囲気は十分に味わえたので大満足です。入場料は無料ですが、使い捨てや破損防止のため、ビール購入時にデポジットとしてグラス代金(1,000円)+ビール代を払い、グラスを返せばその代金が返却される、というシステムです。とても飲みやすいグラスだったので、返却しないで記念に持ち帰ることにしました。ヨシ、このグラスを使って、おうちでビールを飲もう!
20110525-3


「オクトーバーフェスト」って英語の「OCTOBER」じゃなくて、ドイツ語だから「OKTOBER」と書くんですね。今回初めて知りました。とにかく賑やかなイベントでした。7月に代々木公園、8月に芝公園、9月に豊洲と長崎おくんち広場でも、開催される予定があるようです。でもやっぱり、いつか本場ドイツでビールを飲みたいなぁ~。



<Event Information>

日独交流150周年 日比谷オクトーバーフェスト

・開催日 :2011年5月20日(金)~5月29日(日)
・開催時間:平日12:00~21:30/土・日11:00~21:30 (ラストオーダーは各日終了の30分前)
       ※5月20日のみ17:00 OPEN
・ステージイベント:[平日]15:00・17:00・19:00の3回/[土・日]13:00・16:00・19:00の3回
・会場  :日比谷公園 噴水広場
・入場  :無料(飲食は有料)
       ※売り上げの一部は、東北復興支援のための義援金として寄付されます。
       ※会場内では、東北地方の地酒を販売する『東北SAKEフェスタ』も開催されます。
・詳細情報: http://www.oktober-fest.jp/
・Twitter : @oktoberfest1810

テーマ: イベント | ジャンル: 地域情報

いちごのカレーと白桃カレー。

5月24日(火)。

久しぶりの登場となりますが、コチラ、最近の我が家のカレー倉庫です。
またいつか、みんなでカレーパーティでも開催したいところですな~。
20110524-1


さて先日、素敵なお土産をいただいちゃいました☆


どど~ん。こちらは「いちごのカレー」。
20110524-2


『いちごの生産日本一の栃木県真岡市。この町で丁寧に育てられた、自慢の「とちおとめ」を使用して、甘酸っぱさが新たしい、美味しいカレーを作りました。』とパッケージに書かれている通り、栃木県産とちおとめのピューレを使用したカレーです。パッケージを開けるとすぐに、いちごの香りが広がります。辛過ぎるカレーよりも、マイルドな味のカレーが好きなので、私好みのお味でした。いちごそのものがゴロンと入っているのではなくて、カレーの中にいちごの風味が溶け込んでいるので、違和感がなかったです。
20110524-3


お次はコチラ、どど~ん。「福島 白桃カレー」。
20110524-4


『果肉が緻密で果汁が多く、とても甘い福島の白桃。ジューシーな白桃の甘みとスパイスが効いたカレーの絶妙なハーモニーをお楽しみください。』とパッケージに書かれている通り、いちごのカレーに比べると、ややスパイシー、なのに甘い。不思議な調和です。こちらはいちごのカレーとは違って、白桃そのものがカレーの中に入っています。白桃と言われなければ、「煮込んだ大根?」と思うかもしれない、柔らかい食感です。
20110524-5


美味しかったなぁ~。以前食べたことのある「マンゴーカレー」や、ルーの上に果物がたっぷり乗った「フルーツカレー」も気に入っていましたが、「いちごのカレー」も「白桃カレー」もかなりヒットでした!また私も、面白いカレーを探してみようと思います。

千葉県松戸市で「岡村孝子ソロライブ2011 T's GARDEN」。

5月22日(日)。

昨日、5月21日(土)の出来事です。
千葉県松戸市にある「松戸・森のホール21」で行われた、岡村孝子さんのソロライブ「T's GARDEN」に行ってきました。昨年からスタートした「T's GARDEN」シリーズは、“私のお庭へようこそ”という感じで、近くに住んでいる方が普段着で来られるようなコンセプトのソロライブです。去年は、6月に埼玉県越谷市7月に千葉県山武市大阪府松原市のライブに参加しましたが、今年はここ松戸から始まりました。
20110521-6

松戸市といっても松戸駅ではなく、松戸駅から新京成線の「八柱(やばしら)駅」(もしくは、JR武蔵野線「新八柱(しんやはしら)駅」が最寄です。
20110521-3


八柱駅の改札口を出ると、
20110521-1


切符売り場には、迷子の猫ちゃんのポスターが。見つかるといいなぁ、シュム君。
20110521-2


駅を出てすぐのロータリーからバスに乗り、公園中央口で下車、
20110521-4


ステンドグラスが飾られた地下道を抜けると、
20110521-5


自然豊かな場所に、近代的で立派なホールがあります。
20110521-7
(これは、4月9日に会場下見に行った時の写真です)


ホールには喫茶店もあり、開場時間まではこちらでお茶をしていました。
20110521-8


ホールの外には「21世紀の森と広場」という緑いっぱいの広い公園があり、
20110521-9


公園の北口から「木もれびの森」を抜けると、
20110521-10


アウトドアセンターというバーベキューができる設備があります。今日のような、5月の晴れた空の下、楽しくバーベキューができたら楽しいだろうなぁと思いました。いつも交流させていただいている、孝子さんのファンサイトのオフ会のプレイベントでは、この広場でのバーベキューが企画され、皆お腹いっぱい楽しまれたようです。(私は今回残念ながら、開場前のお茶からの参加となりました..)
20110521-11
(※写真は4月9日の様子。この日は小雨が降っていたので、今日のような青空は最高だったでしょうね)



久しぶりのコンサートをドキドキしながら待ち、孝子さんがステージに出られて1曲歌われた後の最初のご挨拶は、言葉の1つひとつをかみしめながら、3月11日に起こった東日本大地震で深く心を痛めていらしたことがひしひしと伝わってくる内容で、ステージの孝子さんをしっかり見つめて言葉に聴き入りました。最初から最後まで心のこもった伸びのある歌声とMC、そして、オペラホールのような素晴らしい会場にただひたすら感動しきりでした。座席は会場後方の20列台でしたが、座席が階段状になっていたので視界が開放的で見やすく、音がとてもきれいでした。開場前や休憩中にロビーで販売されていたグッズには長蛇の列、四季シリーズ「春編」のCD、コンサートパンフレット、Tシャツ(Lサイズ)は完売でした。ポストカードを購入しました。


以下が、今日歌われた曲です。


■セットリスト

Opening Instrumental:「五月の晴れた空」

<第1部>
・心の草原
・四つ葉のクローバー
・Brand-new Days
・明日の幸せ
・夏の日の午後
・雨上がりの虹のように (※安倍なつみさんに提供された曲。アレンジがとても新鮮でした)
・forever

<15分間の休憩>

<第2部>
~アコースティックコーナー~
(メールの紹介)
・はぐれそうな天使
・心のユートピア
・永遠の木もれ陽
(以上、3曲)


・勇気 (※オハイオ州トリド日本人補習校に提供された校歌、明るくて覚えやすいメロディでした)
・IDENTITY
・looking for dream
・adieu
・笑顔にはかなわない
・夢をあきらめないで(※イントロ部分のアレンジがいつもと違っていて、ちょっとびっくりしました)


<アンコール>
・虹を追いかけて




今回の松戸は、昨年12月に行われた「Christmas Picnic(クリスマスピクニック)」ツアー以来、5ヶ月ぶりのコンサート。年が明けて5ヶ月、3月11日の東日本大震災、そして、4月29日にはファン仲間のたぬきさんの急逝、その他本当に色々な出来事があり、特別な気持ちで孝子さんの歌声に聴くこととなりました。ずっとずっと記憶に残るコンサートであることは間違いありません。そしてきっと、たぬきさんも会場で一緒に孝子さんに熱い声援を送っていたと思います。


コンサートの後は、恒例のアフターオフ会。今回は総勢15名の参加となり、大変賑やかでした。初参加の方が3名もいらしてくださって、嬉しかったです。楽しい時間はあっという間に過ぎてしましました。
20110521-12


箱根のお土産をいただきました。ありがとうございました!
20110521-13

「和風パイ 手風琴のしらべ」をいただきました。ありがとうございました!
20110521-14


皆さん、またどこかの会場でお会いしましょう!

テーマ: ライヴレポ・感想 | ジャンル: 音楽

ことば。

5月18日(水)。

今日は、「こ(5)とば(18)」という語呂合わせから、「言葉の日」だったようです。
言葉を正しく使うように心掛ける日なんですって。

「言葉」って、普段当たり前のように出てくる単語ですが、そもそもなぜ「言葉」は
「言」の「葉」と言うんだろう??と思い、由来が妙に気になってしまいました。葉っぱ??
20110518-1

20110518-2


手持ちの辞典には、簡単な意味しか書かれていなくて、さらにモヤモヤ(笑)。
意味だけじゃなくて、「なぜ?」が知りたいのよ~!(小学生か(笑)!)


【意味】言葉とは、感情や思想を伝える手段として用いられ、社会に認められた意味をもつ音声や文字。言語。「詞」「辞」とも書く。

ウェブ上に何かそれらしい情報はないものかと、色々なサイトを見ていたら、やはり皆、考えることは一緒のようで(^^;)、『ホニャララ知恵袋』とか『教えてホニャララ』といったサイトにも同じような質問が出ていました。ウェブ上の情報が確実に正しいか正しくないかは、本などでしっかり調べないと分からないけれど、読んだ情報の中で「共通していた説」を、平たくまとめて書き残しておくと...



●「言葉」は元々、「言(こと)」+「端(は)」の複合語だった。
●昔、言語を表す語は「言(こと)」が一般的で、「ことば」という語が使われることは少なかった。
●「言(こと)」には「事」と同じ意味があり、「言(こと)」は事実にもなり得る重い意味を持つようになった。そこで、「言(こと)」に事実を伴わない口先だけの軽い意味を持たせようとし、「端(は)」を加えて「ことば」となった。
●奈良時代の『万葉集』では、「言葉」「言羽」「辞」の三種類の文字が使われ、「言羽」も軽い物言いとして表現されていた。平安時代の『古今和歌集』や『土佐日記』では平仮名の「ことば」、『枕草子』では「言葉」が使われていた。
●複数ある「ことば」の中で「言葉」が多く用いられるようになったのは『古今和歌集』の仮名所(序文)で「やまとうたは ひとのこころをたねとして よろづのことの葉とぞなれりける」と表現され、「葉」はたくさんの意味で豊かさを表すためと考えられている。
●「言の葉」が多く用いられるとともに、「ことば」にも「言の葉」の意味が含まれるようになり、言語を意味する最も一般的な語として定着した。



そっか、そうだったのか。なんとなく、想い描いていたイメージとはちょっと違ったなぁ。
「心の中にある想い」を葉に書き残しておく、というような意味を持っていたのかなぁ、
などと、ぼんやり想像していました^^;   あ、それって「葉書」のことか。。。(笑)

「葉書」も元々は、「端書」や「羽書」と書かれていたようですね。
「はがき」の「は」が「葉」になったのは、「ハガキの木」「郵便局の木」とも呼ばれている
「タラヨウ(多羅葉)」に由来するそうです。「タラヨウの葉」は字を書くために用いられた、
など諸説あるのだとか。


言葉の由来って、面白いなぁ。

20110518-3

20110518-4

20110518-5

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

五月晴れのハマスタ。

5月15日(日)。

朝起きたら、あんまりにも天気が良かったので、横浜スタジアムに行くことにしました。
20110515-1


ハマスタに来たのは、去年の8月以来。(夫は2日連続の現地観戦)
20110515-2


球場に着いた時は2回表、丁度スワローズの攻撃が始まるところでした。既に1点入ってる!!
(これは、前回と同じパターンか・・・!? ⇒前回は、着いた時には8点も入ってた)
20110515-3


外野の席はかなり混んでいたので、内野席で観戦することに。グラウンドが近いし、ネットもないので観やすいなー。ファウルボールが勢いよく飛んでくるので、ちょっと怖いけど^^;
20110515-4


神宮では観る機会のないリリーフカーが出てくると、ハマスタに来たんだな~ということを実感します。
ベイスターズ、眞下投手から阿斗里投手へ。
20110515-5


ベイスターズの応援も相当に盛り上がっていました!!カープと試合している時も同じようなことがあるのですが、ベイスターズでは、村田選手の応援かを聞くと、つい口ずさんでしまいます。メロディが頭に残るんですよねぇ。
20110515-6


ベイスターズって、いっぱいマスコットが出てくるんですね。ホッシーやホッシーゾ、ホッシーナのほかに、TBSのテレビとラジオのマスコット、そして、バーバパパ??
20110515-7


ベイスターズのハーパー選手がホームランを打つと「ハーパーソーダ」が半額になります。今日も、ホームラン打ちましたよ!!
20110515-8


神宮以外の球場に来ると、やっぱり気になるのが食べ物。今日は天気が良かったものの、風が強くて涼しかったので、ハマスタ名物の「みかん氷」は食べませんでしたが、「ヘルメットケーキ」というものを見つけたので買ってみることに。中が少し凍っているシフォンケーキがヘルメット型の容器に入っていました。
20110515-9


こちらは横濱開港150周年記念、「はまぽーくのトンポーロー丼」。
お肉もお米も柔らかくて美味しかったです。
20110515-10


今日もスワローズは良い流れでした。バレンティン選手は4打数3安打1打点の猛打賞。
20110515-11


満員の外野スタンド。内野席からも、何度も傘を降りました!
20110515-12


最後の最後で、ちょっとヒヤっとする場面も。
川端選手と福地選手がボールを追いかけて激突。2人とも、ケガしていないかなぁ~。。。
20110515-13


5-3でスワローズが勝利。ヒーローインタビューは4月の月間MVPの宮本さん。
20110515-14


今シーズンはこれで3試合目の観戦。ようやく観戦初白星でした。(1勝1敗1引き分け)
(1試合、神宮で見た試合をアップしそこねてしまったのですが・・・それはまたいつか)
明後日17日からは、いよいよ交流戦が始まります!


五月晴れのハマスタ、風が気持ち良かった~

「時間が味をつくる」。

5月12日(木)。

「時間が味をつくる」というシンプルな言葉が気に入って、思わず手に取っちゃいました。
20110512-1


「さくらリキュールの素」と、「フルーツドレッシングの素(パイン&ジンジャー)」。
20110512-2


瓶の中には、氷砂糖とパイナップル、ハイビスカス、桜の花、レモングラス。
20110512-3


こちらは、オニオン、パイナップル、生姜、レッドベルペッパー、レモングラス、ローレル、ブラックペッパー。
20110512-4



説明書きには「昔からの伝えられた手法で調理をすれば食物の本当の美味しさを引き出せます。『時間が味を作る』シリーズは購入後にすぐはお使いになれませんが、説明に基づいて作りこみ、少し時間と愛をかけてください。添加物を使わずともスパイスやハーブの持っている力を感じ取ることができます。」という解説文。そうなんです。この瓶の中にひと手間加えてしばらく時間をおくことで、美味しいリキュールやドレッシングが出来上がるというわけです。
20110512-5



「さくらリキュールの素」には、市販の20度以上のお酒(焼酎やウォッカ)を入れるように書いてありました。お店の方からは「日本酒やジン、テキーラも合いますよ」と言われたので、ジンを入れてみることにしました。ちなみに、ベースが甘いお酒は、合わないそうです。氷砂糖が溶けた頃が飲み頃だということなので、ワクワクしながらその「時間」を楽しみたいと思います。
20110512-6



「フルーツドレッシングの素」には、ワインヴィネガーやりんご酢を8分目まで注ぐと、数時間で薫り高い無塩のドレッシングができるそうです。量が半分くらいになったら、新たに酢を加えると、2~3回使えるとのこと。塩やオリーブオイル等を加えて、オリジナルをお楽しみください、とも書いてありました。お店の方からは「胡麻油」を少し入れることをおススメいただいたので、少~しだけ、入れてみました。生姜の風味が特徴的で、サラダやマリネ、カルパッチョに合うようです。楽しみ~♪
20110512-7


テーマ: 作ってみた | ジャンル: グルメ

母の日とアロマの酸素バー。

5月8日(日)。

今日は、母の日でした。
20110508-10

ケーキを持って、夫婦で実家へ。
20110508-11

久しぶりに、親子で夕飯。
20110508-12

こちらも久しぶりに登場、チワワのココ。相変わらずの甘えん坊犬です。
20110508-13

ボールを投げてはダッシュで取りに行き、また私のところに持ってくる、を延々と繰り返し。
いつになったら飽きてくれるのか、、ボール遊び大好きなこもも。
20110508-14


というわけで、実家でのんびり過ごしました。


この週末は、夜からふらっと川崎の「ラ チッタデッラ」へ。
20110508_1


5月3日~8日は、「ハイサイFESTA2011」が開催されていて、チネチッタ通りは沖縄料理の屋台が並び、中央広場では沖縄出身のアーティストによる演奏で盛り上がっていました。
20110508_2


とはいえ、この日はただぶらぶらしに来たのではなく、建物(マッジョーレ)の中にある酸素バー&リフレクソロジー「Re.Ra.Ku O2 Venus(リラク オーツービーナス)」へ。腰や肩など体のマッサージではなく、アロマの香りの酸素を吸いに来たんです。
20110508-3


抑えめな灯りの店内。1つ1つカーテンで仕切られているので「小部屋」という感じで落ち着けそう。
20110508-4


この日のアロマ酸素は、ユーカリ+グレープフルーツの香り。
20110508-5


フカフカのリクライニングチェアー。ここにゆったりと座り、
20110508-6


高濃度のクリーン・アロマ酸素を吸い込みながら、足元では漢方湯のフットバス+ふくらはぎと足裏を中心としたクリームマッサージ。40分間のリラックスタイム、心地良く眠れるし、足のむくみや疲労が回復するんですよね。
20110508-7


終わったあとは、ゆったり座って温かいお茶をいただけます。
20110508-8


ハイサイFESTAが開催されているためか、ハイビスカスの香りのフェイスマスクシートをいただきました。
20110508-9

テーマ: 雑記 | ジャンル: 日記

あまりにも突然の、悲しいお別れ。

5月4日(水)。

あまりにも突然の出来事でした。
まさかみんなで、黒い服を着て、お別れをしに行くことになる日が来るとは、思ってもいませんでした。ただ眠っているだけのような穏やかなお顔を見たら、涙が止まりませんでした。柔らかく微笑んでいる写真を見たら、今にもまた話しかけていただけそうな気がして、こんなにも早く旅立たれてしまったことが、今でもまだ信じられない気持ちでいます。


今日は、たぬきさんのお通夜でした。
たぬきさんは、こちらのブログにも度々コメントを寄せていただいていたので、お名前はご覧になった方もいらっしゃると思います。岡村孝子さんのファンで、ファンサイトを通じて知り合うことができた大切な「仲間」でした。ファンサイトの他にも、ブログやmixi、Twitterで日々交流し、時々アップされる日記や写真を拝見したり、ウィットに富んだコメントのやりとりをさせていただけることが、いつも楽しみでした。


亡くなられたという知らせをいただいたのは、mixiのメッセージでした。
たぬきさんの後輩の方から一報をいただいた時は、ただただ信じられないという気持ちでした。だって、亡くなられたその日、4月29日の深夜1時51分に、このブログにコメントをくださっていたのです。経堂駅に新しくオープンしたショッピングモールについてのご感想。それが最後にいただけた言葉になるなんて、思いもしませんでした。。


早すぎるよ、たぬきさん。
2週間後の5月21日、松戸で行われるの孝子さんのコンサート、お仕事がお忙しいので、もしかしたら行けなくなってしまうかもしれないとおっしゃっていたけれど、少しだけでも皆でまた集まれたら、、、お会いできたらいいのになぁって、思っていたんです。


孝子さんのファン活動では、本当に本当にお世話になりっぱなしでした。コンサートは全国ほとんどの会場に足を運ばれ、時にはチケットを購入するために徹夜で並ばれたこともありました。音楽のことや、グルメのこと、全国各地の土地の情報に詳しくて、色々なことを教えていただきました。


たぬきさん、仕事が毎日夜遅くまでお忙しそうだったのに、Twitterで私が独り言のように「今日はこれで仕事終わり~」ってつぶやくと、いつでも「お疲れ様でした」ってリプライしてくれて。私が少し体調を崩していた時も「体調大丈夫ですか?無理は禁物です。調子が悪ければ休むに限ります」って言ってくれて。3月11日に起こった東日本大震災の直後も、道路や電車の情報を伝え合ったりしてね。たぬきさんこそ毎日夜遅くまで仕事がお忙しいのに、体調の優れない日だってあっただろうに、いつでもみんなのことを気にかけて、声をかけてくださっていたんですよね。それを思うと、本当に胸が詰まる思いです。


+ + + + +


たぬきさん、すごく些細なことなんだけれどね、ずっとブログで言いたくて書きたくて、紹介するタイミングを逸していたことがあったんです。昨年の7月、大阪の松原市で孝子さんのコンサートを観た翌日、みんなで大阪を観光したんですよね。酷暑で汗かきながら、いっぱい歩いたんですよね。5ヶ月先(12月)のコンサート会場「なんばHatch」も下見してね。
20100720-1


お昼ご飯は、「北極星」というオムライス発祥のお店をたぬきさんが紹介してくださったんですよね。あのお店の雰囲気がとても気に入って、味もとても美味しくて、その後もずっと印象に残っていました。ある日、近くのスーパーであの「北極星」のケチャップを見つけて、以来ずっと愛用していたんです。本当に些細なことかもしれないけれど、我が家の日常にも、たぬきさんは存在していたんですよ。
20100720-9

20100720-11

20110504
▲スーパーで見つけた、北極星の「オムライス好きのケチャップ」。



もう1つ。丁度1年前のゴールデンウィークに、我が家は神戸に旅をしたんです。関西ご出身のたぬきさんから、旅に出る前に神戸の情報をたくさん教えていただいて、紹介いただいたコーヒー屋さん「EVIAN」に、行ってみたんです。昔ながらの喫茶店という店構えが気に入って、自宅用にもエビアンのコーヒーを買って帰ったんですよ。もう飲みきってしまったけれど、ここにもたぬきさんはいたんです。
20100503-13

20100503-14




そして本当に数日前。以前、たぬきさんがお勧めしてくれた北鎌倉の「葉祥明美術館」に行きたいねって家で話していて、ゴールデンウィークの鎌倉は混んでいるだろうから、少し落ち着いた頃に行こうねって話していたんです。行くことが決まったら、たぬきさんに伝えようって思っていたのに。。
yohsyoumei


つい数日前も、鎌倉にある美味しい納豆についての話をしたばかりでしたね。
私からは鎌倉山の納豆をおススメして、たぬきさんからは紀ノ国屋の納豆を紹介いただいたんですよね。
20090525-2




2009年の12月、ファンサイトのメンバーでクリスマス忘年会をしましたよね。その時の2次会で、あみんの「世界中メリークリスマス」を歌いながら、みんなでプレゼント交換をしました。曲が終わって手元にあるプレゼントを開けるという企画で。私が用意したプレゼント「3D 四葉のクローバーパズル」はたぬきさんに、たぬきさんがご用意された「ひつじのショーン」と「白井ヴィンセント」のマスコットが私の手に渡って、偶然にも2人で交換したような形になったんですよね。あれからパズルは組み立てたかなぁ?難しかったかなぁ?って、懐かしく思い出します。
20091218-7

20091218-8




2010年の10月19日、孝子さんのソロデビュー25周年の日に、孝子さんの曲のイメージに合わせた写真を皆さんから募集した企画を掲載しました。その時たぬきさんからは、「ジュ・テーム」の曲名でこの写真を応募してくださって、エピソードも寄せていただきました。たぬきさんのお人柄が滲み出ている柔らかいお写真、渾身の1枚でした。
20101019-13
私がイメージする曲は、『ジュ・テーム』。もう、22年前の1989年アンカレジからロンドンに向かうBA機内でこの曲を聴くのと同時に機内から見る北極海の白夜がすごくマッチしていた記憶があります。場所は、そこではないのですがこの曲を温泉で聴きながら朝を迎えたときの写真がこの1枚です。(撮影場所:和歌山県那智勝浦から太平洋を見る)


+ + + + +



思い出せば思い出すほど、たぬきさんの柔らかい笑顔が浮かんできます。
そして思い出すシーンのバックには、孝子さんの曲「IDENTITY」が頭の中で流れます。


たぬきさんのこと、ずっとずっと忘れません。
今まで本当に本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。


心より、ご冥福をお祈りいたします。


テーマ: 伝えたいこと | ジャンル: 日記

栃木の旅 ~修学旅行以来の足尾銅山~

5月2日(月)。

旅の話の続きです。群馬県にある「貴船神社」と「道楽園」での一休みを追え、再び山道を走りはじめました。目指した場所は栃木県にある「足尾銅山」。この春大学に入学したばかりの夫の姪っこちゃんから、なんともシブ~い場所のリクエスト。これがまた、私たち夫婦の興味にもドンピシャ(笑)。道中、車の中では楽しい話と音楽で盛り上がりました。
20110502-1


「足尾銅山」は、栃木県日光市にあります。私は小学校6年生の時(1988年6月)、ここに来たことがありましたが(日光東照宮や中禅寺湖、男体山や足尾銅山をめぐる旅。雨の3日間でした)、あれから23年も経っているので、さすがに中は少し変わっているでしょうね。ちなみに小学校で同じクラスだった夫は、5年生の時に転校してしまっていたので、ここに来るのは初めてだったようです。
20110502-2


周辺には、廃墟?と思われる古い建物がいっぱい。
20110502-3


窓や壁が崩れているのは、3月から起きている地震の影響なのでしょうか、それとも昔からこのような状態になっていたのでしょうか。元々はここに何があったのか、知りたくなってしまいました。
20110502-4


入り口は、妙に新しい感じ。
そうそう、トロッコ列車に乗って鉱山の中を見学するんだよね。懐かしいな~。
20110502-6


なんと「足尾銅山」、世界遺産登録を目指しているようです。
20110502-5


桜の木の向こうから、トロッコ列車がやってきました。
20110502-7


やっぱり、修学旅行の時に乗った時のものより、新しくなっているなぁ。家に帰ってから、卒業アルバムとスナップ写真を取り出してみてみましたが、車体の色も作りも違っていました。
20110502-8


ガタゴトと大きな音を鳴らしながら、坑内へと進んでいきます。
20110502-9


坑内の降車場でトロッコ列車から降り、ここからは徒歩で坑道内を見学。
鍾乳洞のようにひんやりと寒く、上からぽたりぽたりと雫が落ちてきました。
20110502-10


慶長15年(1610年)、足尾村の2人の農民が発見し、昭和49年(1973年)の閉山まで約400年間に渡り、掘り開いた坑道の長さは、総長1,234m。東京から博多までの距離に相当するそうです。
20110502-11


江戸~明治~大正~昭和の各時代の作業の様子がリアルな人形で再現され、
20110502-12


ところどころにあるボタンを押すと、掘っている動きや当時の会話が流れ始めます。
この様子は、修学旅行で見た時と変わらなかったなぁ。
20110502-13


坑道内と展示コーナーの見学を終えて外に出ると、大きな「寛永通宝」が。時代劇の銭形平次でも知られる一般的な「寛永通宝」(1文銭)は江戸末期まで各地で作られていたそうで、そのうち足尾で作られたものは裏面に「足」の字が刻まれていたのだとか。
20110502-14
(最近同じような大きさの貨幣を見たなぁ…と思い起こしてみたら、2月に秩父で見た「和同開珎」でした)


出口には、ちょっとしたダジャレが。「銅もありがとう。また銅ぞ」だって(笑)。
20110502-15


出口にはお土産屋さんが繋がっていて、
20110502-16


銅製品がたくさん売っていました。台所の三角コーナーも銅製で、なんと3,500円。銅製の洗面器も、5,500円~6,500円のものがありました。カビが生えないらしいです。
20110502-17


栃木といえば、やっぱりコレですね「関東・栃木レモン」。レモン牛乳のキャラメルがありました。
20110502-18


足尾銅山のすぐ近くを走っていた「わたらせ渓谷鉄道」を間近で見ることができなかったことは残念でしたが、懐かしい場所を訪れることができ、楽しい旅となりました。

テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

群馬の旅 ~貴船神社と道楽園~

5月1日(日)。

今年のゴールデンウィークは7連休。まずは、群馬県へ。早朝に自宅を出発し、渋滞を覚悟して関越に乗ったものの、びっくりするくらい空いていました。途中、鶴ヶ島あたりは少しだけ混んでいたものの、流れが止まることはなく、2時間で群馬に着いちゃいました。
20110501-1


目的地に向かう途中、目に入った神社らしき場所。ここで一度、車を降りてみることに。
20110501-2


どうやら「貴船神社」というところらしい。
20110501-3


遠くまで見渡せる、緑いっぱいの場所。
20110501-4


境内を歩いていると、珍しいおみくじを発見。
「龍神様の水みくじ」
20110501-6


貴船神社は「水の神様(龍神様)」がお祀りされているようで、おみくじの中には、縁起の良い運気上昇の龍神様が入っているとのこと。こりゃ~、やってみないとね。
20110501-7


これにしました!
20110501-8


水に浸してみると、すぐさま文字が浮き出てきました。
おぉ~!大吉ではないか。幸先良いねぇ、ツイているねぇ。
20110501-9


お昼時だったので、近くにあったお店へ立ち寄ってみることに。境内の脇を抜け、坂道を少し上がったところにある「道楽園」というお店。どことなく格調高い建物と奥に広がる庭園、予約もせずにすぐに食べられるのかどうか、とりあえずダメ元で入ってみたら、
20110501-20


あっさり中へ案内していただけました。店内、というか、お庭へ。
20110501-10


案内された席はこちら。おぉ~!コタツがあるではないか。
20110501-11


窓の外には緑がいっぱい。眺望も良く、放送ではなく天然の鳥の声。お庭に案内される前、受付でオーダーと会計を済ませていたので、後はこの自然の中で料理が運ばれてくるのを待つだけです。
20110501-13


しばらくすると、次々と美味しそうな料理が運ばれてきました。
20110501-16

20110501-17

20110501-18

20110501-19

20110501-14

20110501-15


くつろげる空間、爽やかな風に柔らかい緑の木々、鳥の声、そして満腹。
こりゃ~、眠くなってしまう要素満点ですね(笑)。
イカンイカン、まだ旅の途中。陽が暮れてしまう前に目的地に向かわねば!
20110501-12


ということで、再び山道を走り始めました。(つづく)
20110502-22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。