スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長野県北八ヶ岳、雪の坪庭。

12月2日(日)。

ひと足早く、冬を感じた旅の話です。11月の3連休の2日目、クルマで長野県へ行ってきました。東京から中央高速に乗り蓼科方面へ。到着した場所は、遠くの山々の景色がキレイに見える山の上!
20121202-1

ここは、長野県茅野市北山にある「蓼科アミューズメント水族館」。道の端にほんの少しだけ雪が残っていましたが、この日は快晴!とはいえ、やはり関東とは寒さが違います。厚着をして冬のコートを着てマフラーに手袋、冬の格好をしてきて良かった~。
20121202-2

「世界最高地」にある水族館だそうです。山の上ですからねぇ~。標高は1750メートル!パルテノン神殿がイメージされた建物で、南米アマゾンや世界各国の珍しい淡水魚たちが数千匹いるとのこと。水族館めぐりが好きな夫と一緒に各地の水族館をめぐる機会がありますが(度々、夫1人で遠征していることもありますが)、色々な水族館があるものだなぁと驚かされます。
20121202-3

山の上の水族館、駐車場がめちゃくちゃ広い!!
20121202-4

ということで、早速館内へ。入場時に、鯉のエサをいただきました。
20121202-5

では、さっそく中に入ってみましょう!
20121202-6

ちなみにこちらの水族館、個人的に写真を撮影することは自由ですが、ブログなどインターネット上にアップするには事前に許可が必要となります。受付に申し出たところ、スタッフの方からは、中の様子は「3枚まで」であれば掲載して良いという許可をいただきました。お話を聞くと、たくさんの枚数をアップしてしまうと、ここに来なくても全景が分かってしまうから、とのこと。それは大いに納得!
20121202-7

ということで、これより館内の様子を「3枚だけ」アップします。ところどころにクリスマスツリーが飾られ、水槽の中にもサンタさんなどの人形が入っていたりと、クリスマスムードたっぷり。お客さんは3組くらい(?)いました。
20121202-8

入り口でもらったエサは、あっという間になくなりました(笑)。すごい勢いで水面をパクパクと口を開けて近づいてくる鯉の大群。お腹空いてるのか~?食べても満腹にならないのか~?
20121202-9

そしてそして、ここにもいました。私の好きな、メキシコサラマンダー(ウーパールーパー)。ずっと眺めていても飽きませんねぇ。顔や動きを見てると、ホントなごむなぁ~。
20121202-10


小さな水槽から大きな水槽まで、珍しいお魚さんがたくさん泳ぐ「蓼科アミューズメント水族館」。あまり広くはないけれど、ジャングルや可愛らしいメルヘンチックなお城など内装のテーマも凝っていて、今までめぐってきた水族館の中でも独特な雰囲気があったなぁ。ゆっくり見て歩いて、楽しんできました。


一通り見終わって外に出たところで、夕方の予定までしばらく時間があったため、水族館のすぐ近くにある「北八ヶ岳ロープウェイ」を上ってみることに。山小屋風の建物が乗り場です。
20121202-11

ロープウェイに乗る前に、まずは腹ごしらえ。焼きたてパンの良い香りにも惹かれましたが、
20121202-12

その隣のレストランでランチです。地元信州の食材が使われているメニューばかり。どれにしようかなぁ、どれも食べてみたいなぁ。美味しそうなので、迷っちゃいますね。
20121202-13

信州産のポークジンジャー。
20121202-15

ビッグバーグ。ポタージュスープも飲んで、体が温まりました。
20121202-16

レストランの席の横には、「霧の坪庭へ行こう!」というポスター。「坪庭」?ロープウェイに乗って山に上がると、お庭があるのか~。どんなお庭なんだろう、お散歩してみたいなぁ。
20121202-14

お昼ごはんを食べて体もポカポカ。ちょうどタイミング良くロープウェイの乗車時間が迫っていました。山頂は「-2℃」。えっ!!??マイナス2℃!?想像以上に寒そうだなぁ・・・。
20121202-17

標高1771メートルの「山麓駅」。並んでロープウェイに乗り込みます。
20121202-18

ちなみに、山頂には非常用のトイレしかありません。乗る前に寄っておいた方がいいでしょう。
20121202-19

大きな箱型のロープウェイ。100人乗れるようです。山頂まではわずか7分!
20121202-20

ここは、冬になるとスキー場になるのかな。今はまだ、雪はほんの少し。
20121202-21

ところが山頂に着くと・・・「!!!!」 なんじゃこりゃ~、めちゃくちゃ雪が積もってる!
20121202-22

北八ヶ岳の「坪庭」、標高は2237メートル。まだ季節は秋だというのに、いきなり白い世界!
20121202-23

白い雪のところどころに、黒い岩が顔を出しています。お庭の散策路は約1km。冬のコートを着て寒さはしのげることだし、それではいっちょ、歩いてみますか~。
20121202-24

本格的な雪山登山をしている様子のグループもいて、ロープウェイで上がってくる前に想像していたお庭とはだいぶイメージが違っていたなぁ。ちょっと景色の良い展望エリアがあるくらいかなぁと思っていたのですが、散策というよりは「山登り」という感じです。
20121202-25

「坪庭探勝路」のスタート地点は、しばらく平坦な道が続きます。
20121202-26

至るところに、小さな「つらら」。
20121202-27

久々に氷を触ったなぁ。細いけど、結構丈夫なのね。
20121202-28

途中の休憩所は3箇所。1箇所目と2箇所目には「足元に自信のない方はここで折り返してください」という注意喚起。ゴール間近の3箇所目には、この表示はありませんでした。そこまで来たら、もう行くしかないってことですね(^^;)
20121202-29

雪が積もっているとはいえ道はなだらか。別ルートには、もっとハードな登山の道もあるようです。
20121202-30

ここが最後の急な階段。足元が凍っていてツルツル滑る~!手すりにしっかり掴まりながら、滑らないようにゆっくりと降りました。ふぅ~!
20121202-31

30分ほどで坪庭を1周し、帰りのロープウェイが車で、しばし待ちます。ちなみにこの時期のロープウェイは9時~16時まで、1時間に20分間隔で運行されています。
20121202-32

再び山麓駅。お土産コーナーを見て回ります。高い場所にあるからなのか、カップラーメンもポテトチップスの袋も、パンパンに膨らんでいました。夫は「こけもも」のソフトクリームとカレーパンを購入。さ~てそろそろ夕方の予定の目的地へ、向かいますかね~。
20121202-33

駐車場に戻ってクルマに乗ろうとした時・・・あれれ???鍵がない!ポケットのどこを探しても見つからない!!私ならば、しょっちゅう物を落としたり失くしたりしてしまうのでありえなくもない話ですが、普段物を失くしたり落としたりすることのないシッカリ者の夫(お酒を飲んだ時は除く)が、鍵を失くしてしまうなんて珍し過ぎる・・・。雪道で、落としてしまったのでしょうか。。
20121202-34

クルマを停めてから歩いた道を辿り、レストランやお土産屋さん、ロープウェイの受付、山麓駅のトイレなどを見て回り、スタッフの方に落し物が届いていないか聞いてみましたが、見つかりません。山頂をもう一度見てみるしかないかな。でも、もし雪の中で落としていたら、きっと見つからないんじゃないかしら・・・。事情を話すと、ロープウェイの受付の方のご好意で、1人だけもう1度上がらせていただけることになりました。
20121202-35

どうにか奇跡的に見つかってほしい!でも、大丈夫だよ、もしも見つからなくても気にしなくて大丈夫!連休で明日もお休みだし、駐車場に1日だけ停めさせてもらうことができたら、今日はここからバスで茅野駅まで戻って、茅野駅から電車で東京に戻って、家にあるもう1つの鍵でまた明日、取りに来ればいいじゃない~。って励ましながら、見送りました。ううむ、背中が落ち込んでる~(><)無理もないよねぇ。。。
20121202-36

レストランでコーヒーを飲みながら、しばし待つことに。とはいえ、待っている方は慌ててもどうすることもできないので、お昼寝して待ちました。嗚呼、のん気なO型の私・・・。(夫はA型)


・・・。 zzz。。。


1時間経たないうちに、夫は山頂から戻ってきました。雪の坪庭をもう1周、同じ道を歩いてきたそうです。でもやはり、鍵は見つからなかったそうです。気にしない気にしない。バスに乗って帰ろう~。最後に、ロープウェイの受付の方にお礼を言い、鍵が見つからなかったのでクルマを一晩停めさせてもらえないか伺ってみようとしました。そうしたら・・・

あの後、鍵が届いたのだそうです!!わぁ~~~!!!

私たちが、ここに取りに来るといいなぁと思ってくれていたようで、受付の方はまるで自分のことのように満面の笑みで喜んでくださいました。本当に良かった~。。。受付の方にも、拾ってくれた方にも、本当に感謝感謝です。(やはり、山頂の坪庭で落としてしまっていたようです)

無事にクルマに乗り込み、予定通り佐久市に向かいました。
20121202-37

思い出に残る雪の坪庭。まもなく、陽が落ちます。
20121202-38

夕方の目的地は、佐久市総合体育館。プロ野球がオフシーズンの今、夫の楽しみはプロバスケット「bjリーグ」の観戦。中学時代にバスケをやっていたこともあり、バスケにも熱い☆ 夫が応援している「東京サンレーヴス」は、今年誕生したばかりの新しいチーム。私は今回初観戦。サッカーのように素早い動きで常に攻守が入れ替わるし、細かいルールは分からないので試合展開についていくのがやっとでしたが、ダンクシュートも間近で何度も見ることができて、迫力があったなぁ。応援方法やお作法も独特。この日は信州のチームとの対戦で、お客さんも9割以上が「信州ブレイブウォリアーズ」のファン。バスケの試合って、こんなに盛り上がるんですね~。
20121202-39

終盤に逆転されてしまい、「東京サンレーヴス」は負けてしまいましたが、終わってから背の高い外国人選手(まだ、選手の名前が全然覚えられません・・・)が客席にハイタッチに来てくれて、すごーーく手も大きくて、圧倒されてしまいました。
20121202-40


長野への日帰りドライブ、1日の間に色々な出来事があったなぁ。
雪の坪庭のあの景色は、ずっと忘れないだろうなぁ。
スポンサーサイト

テーマ: 信州 | ジャンル: 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。