岡村孝子コンサート 2016「T's GARDEN」初日 松戸「森のホール21」へ。

5月29日(日)。

昨日、5月28日(土)の出来事です。
千葉県松戸市にある「松戸・森のホール21」で行われた、岡村孝子さんのソロライブ「30th Anniversary 岡村孝子コンサート2016 "T's GARDEN"」に行ってきました。松戸の「森のホール21」でのコンサートを見に来たのは、今回で4回目(2011年5月2012年6月、2014年6月)。2013年は習志野2015年は伊勢原でしたが、松戸は「T's GARDEN」の初日になることが多いので、「始まりの場所」というイメージです。
20160529-1

会場の最寄駅は新京成線の「八柱(やばしら)駅」、またはJR武蔵野線「新八柱(しんやはしら)駅」。2つの駅は隣り合っています。いつも新京成線を使っていたので、今回は武蔵野線に乗って行くことに。
20160529-2

地上駅かと思いきや、駅のホームは結構薄暗いのね。。
20160529-3

武蔵野線って、なぜだかたまに乗りたくなるんです。東京の府中本町から埼玉を通って、ぐる~~っと千葉まで。すごい長い距離を走るんですよね。路線図を見ると、「新」が付く駅名が多いんだなぁ。今回の「新八柱」のほか、「新小平」「新秋津」「新三郷」「新松戸」「新浦安」。東西南北が付く駅名も多いのね。
20160529-4

駅から会場まで歩くと15分くらい、バスに乗ると5~10分くらいで着きます。
20160529-5

「公園中央口」のバス停を降り、ステンドグラスのトンネルを通り抜けて通りの反対側に渡ると、、、
20160529-6

「森のホール21」に到着です!
20160529-7

17:30開場、18:00開演。ロビーと階段には開場を待つ長い列。初日なのでコンサートグッズの新作も気になりましたが混み合いそうだったので、入場の列が一段落してから中に入ることにしました。
20160529-8

今回の座席は、8列目の向かって左側ブロック。
座席もゆったり、音も良く、ステージとの距離感も私好みで、とっても見やすかった!
20160529-9

今回も第1部、休憩を挟んで第2部に分かれていて、特に第1部は懐かしい曲が並び、生で聴きたかった曲も聴くことができて、イントロを聴いただけでもう感激。一緒に見に行った友だちも私も、休憩時間に立ち上がることなく「孝子さん、今回攻め込んできたね~!!」と、うなり合いました(笑)。休憩明けの第2部でもいきなりやられ(笑)、最近の曲まで幅広く聴くことができた今回のセレクト、とても良かったです。孝子さんは1985年にソロデビューをされて、今年は30周年Year、私は14歳から孝子さんを聴き始めて、今年で26年。懐かしい曲も最近の曲も、目の前で聴くことができる有難さを改めて噛み締めたり、その曲を聴いていた頃の出来事を思い出したり、最後まで感動いっぱい楽しさいっぱいのコンサートでした。ホント、これからも応援をし続けていくためにも、健康で長生きしないとねっ。

終わってからは森のホールから八柱駅まで、線路沿いの夜道をゆっくりと歩き、友だちと駅の下の居酒屋へ。
20160529-10

良い音楽を聴いた後のビールはいつも、ひときわ美味しいのであります。
20160529-11

お料理のメニューが多いお店だったけれど、もう22時を回っていたためか、終わってしまっているものも多く、
20160529-12

大好きな生牡蠣と、
20160529-13

焼き鳥、
20160529-14

お造りなどなど。そして、ビールから日本酒へ。
気持ち良~く、コンサートを振り返りました。
20160529-15

次回の「T's GARDEN」は6月18日(土)、愛知県幸田町民会館 さくらホールです。
楽しみにしています。
20160529-16

そうそう、孝子さんは4月に「LOVE あいちサポーターズ あいち音楽大使」になられましたが、先日「岡崎市民栄誉賞」も受賞されたそうです。コンサートの中でお話しされていましたが、今日オフィシャルサイトにも掲載されていました。おめでとうございます!


テーマ: 女性アーティスト | ジャンル: 音楽

大相撲五月場所 14日目のお土産。

5月22日(日)。

今日は大相撲五月場所千秋楽でした。
20160522-1

横綱白鵬の全勝優勝!!見事なうっちゃりだったなぁ。
大関稀勢の里は、今場所の綱取りは残念だったけれど、千秋楽に勝って13勝。
名古屋場所に繋がりましたね。

さて、初場所・春場所に続き、今場所も奇跡的にチケットが取れました。
14日目のチケットが取れていたんです。 ・・・が、しかし。
20160522-3

4月9日(土)の一般発売日にネットでチケットが取れた時、いつもの野球観戦チケットと一緒だと思い込んでいたのか、クレジットカード決済だとばかり思っていたんですね。で、昨日土曜日に観戦をするべく、そろそろコンビニでチケットを発券してこようと思ったのが先週日曜日。

予約番号が書かれたメールを見返してみて、驚愕。な、な、なんと、私ってば「セブンイレブン払い(=現金払い)」を選んでいたの!?しかも、支払期限が4月10日(日)23:30までって、もう1ヶ月以上も過ぎてるじゃん!!

「支払期限を過ぎるとご購入は無効となりますので、ご注意ください。」

・・・ んなこと知ってるよ~~!!!! ( ノД`) わぁぁーーーん
なんてあほんだらなんだ、私。

しかも今回。前々から気になっていたお「土産引換券(十両セット)」も別で申し込んでいて。
いやいや、確かに気になっていたのは事実だけど、実はこれも間違いで。
観戦チケットを買おうと思ったら、間違えて先にお土産チケットをポチッと選んでしまったのです。

その後、運良く14日目の観戦チケットも取れたので良かったのですが、結果的には間違えて先に買ってしまった「14日目のお土産チケット」だけが手元に残ってしまったという、なんとも間抜けな状態に。。

このことに気付いた時はしばらく呆然としてしまいましたが(笑)、「こりゃ~、14日目を観戦する人に譲るべく、ネットに拡散するか!?」とも思ったのだけれど、一応お土産セットを受け取る国技館の相撲案内所(お茶屋さん)「紀乃國家」さんに電話をかけてみたのでした。そしたら、あっさり「お土産だけ入口で受け取れる」とのこと。あまりにもスムーズな回答だったので、もしかすると他にもこういうお客さんっているのかもなぁ?とか思ってしまったりして。

そういうわけで、めちゃくちゃ天気の良い5月21日(土)、両国国技館まで行ってきました。
20160522-4

国技館前はものすごい熱気。場所入りする力士を見るご婦人方と、一緒に来ているお父ちゃん、筋金入りの相撲女子、外国人の方がいっぱい。ここにいると、高校~大学の頃を思い出すなぁ、よくこの人垣の中にいて、力士の写真を撮っていたんだった。この日はちょうど良いタイミングで正代関と魁聖関を見ました。
20160522-5

もちろんチケットは完売。満員札止めです。
20160522-2

チケットもぎりのBOXに、元隆三杉さんがいました。普段はここから入ります。
20160522-7

今回は、その横にある受付に行き、お土産チケット(十両セット)を見せて事情を説明すると、スムーズに話は伝わり、お茶屋さんを呼び出してくれました。
20160522-6

すぐさま紙袋を2つ持ってきてくださったお茶屋さんに「チケット取れなかったんですか?残念ですねぇ。。」と慰めのお言葉をいただき、この混み入った事情を短時間で伝えることも難しいので(というよりも、恥ずかしいので)、お土産を受け取ってお礼を伝え、足早に国技館を後にしたのでした~。。

ふぅ。

意外とずっしり、お土産紙袋。
20160522-8

国技館の向かいにある隅田川の水上バス乗り場の休憩エリアで、中身を見てみることに。
まずは、缶ビールに相撲弁当。
20160522-9

そして、手形タオルにペットボトルのお茶、プラスチックのカップ、ずっしりと重い陶器、今場所のパンフレット、番付表が入って今いた。この大きな箱、どんな陶器なんだろうなぁ~。帰ったら開けてみようっと。お弁当も帰ってテレビ観戦しながら食べよう。
20160522-10

ということで、生で相撲を見ることはできなかったけれど、せっかく天気も良いし久しぶりに両国に来たので、ぶらりと散策してみることに。まずは、ここ。東京水辺ライン両国発着場。
20160522-11

川の匂い、船の匂い。
国技館周辺で感じる鬢付け油の甘い香りとはまた違った、両国の風景。
20160522-12

航路を見ると、意外なコースもあるのね。小豆沢とか平井とか。
「江戸東京ぶらり旅」「いちにちゆらり旅」ができるのか~
20160522-13

晴れた日の隅田川は気持ちよさそうだねぇ~
20160522-14

20160522-15

こちらは、両国国技館のすぐ近くにある「旧安田庭園」
20160522-16

こじんまりとした庭園ですが、何度来ても心和みます。
20160522-17

20160522-18

スカイツリーもちょこっと、見えるんですね。
20160522-19

この後「回向院」も散策したのですが、さすがにお土産セットの重量感と午後の日差しにやられ、帰ることにしました。

帰宅後。テレビで大相撲中継を見ながら缶ビールと相撲弁当。旨い!
20160522-21

手形タオルは初場所で購入したものと一緒だったけれど、何枚あっても重宝するからねぇ~
20160522-22

そして重量感のあった陶器の箱には、歴代横綱がずらりと並んだお皿。
次に名前が入るのは・・・誰になるのでしょうねぇ~^^
20160522-23

7月の名古屋場所のチケットは取れなかったので、9月の秋場所にまた国技館に来れるといいなぁ。
20160522-20

台湾の旅(3)新幹線で台中へ、アートな「彩虹眷村」と伝統茶藝館。

5月2日(月)。

台湾滞在3日目は快晴。台北駅から新幹線に乗って、台中に向かいました。
本当は、新幹線で高雄まで足を延ばして「澄清湖(ちょうせいこ)」や、敷地内の「海洋奇珍園」に行ってみたかったのですが、ネットでよくよく調べてみると、2013年から月曜日が休業日となっていたことを知り、またの機会に。高雄には「国立海洋生物博物館」もあるので、またいつか高雄メインの旅を計画したいものです。


新幹線にはぜひ乗ってみたかったので、台北駅から1時間半で行くことができる台中に目的地を急遽変更。券売機で自由席の切符も無事購入できました。


何しろ行き先を当日決めたので、どんな所なのかあまり詳しく調べないまま最初に向かった先は「彩虹眷村(ツアイホンジュアンツン)」。高鐵(新幹線)台中駅からタクシーで約20分の距離です。


なんとも奇抜な色合いで描かれたアート。老朽化が進んだ元国民党軍の建物が、都市開発のため取り壊されることになった眷村で、90歳を越える元軍人のおじいさんが自宅の外壁や道路に絵を描き始め、その絵に感動した人たちがインターネット上で「彩虹眷村」を守ろうと呼びかけ、最終的には取り壊されずに保存されることになった、という場所だそうです。


今ではたくさんの人が訪れる撮影スポットになったとか。ポップな絵と色合いは確かに写真映えします。取り壊しの計画が一転、絵の力ってすごいんですねぇ。



続いて向かったのは、茶藝館「無為草堂人文茶館(ウーウェイツァオタンレンフェンチャーグアン)」。昨日九イ分で飲んだお茶がとても美味しかったので、またまたお茶屋さんに行くことにしたのでした。


木造家屋が池を囲む、回廊式の茶藝館。


本日は、阿里山(アーリーシャン)烏龍茶。1回の茶葉で8回分も飲めるそうです。


熱いお湯を入れて蒸らし飲む・・・を8回繰り返し、それを2人分。


お芋を揚げたお菓子も黒糖の蒸しパンも、お茶にとっても合う。


畳の落ち着ける空間で、ゆったりまったり2時間半も過ごしてしまいました。







というわけで、今日は滞在中一番暑く、たっぷり汗を出して歩き回りました。結局今回も台湾ではお酒を飲まなかったなぁ。3泊4日は本当にあっという間。明日の夜日本に帰りまーす。

(色々な後日談につづく)

※後日、追記や写真の貼り替えをするかも。

台湾の旅(2)台北市立動物園と、夕暮れの九イ分。

5月1日(日)。

台湾滞在2日目。朝から雨が降っていました。
宿泊先の最寄り駅から地下鉄MRT「中和新盧線」→「板南線」→「文湖線」を乗り継ぎ。地下鉄は路線図がとっても分かりやすくて、間違えることなくスイスイ乗り換え。乗り場にはホームドアが設置されていて、日本の地下鉄南北線に似たような印象。列車が接近してきたことを知らせるメロディも実にオシャレ。車内は飲食禁止らしく、どこを見てもキレイでした。エスカレーターは右側一列に並ぶ文化のようで、関西に来たような気分。最後に乗った文湖線は、ゆりかもめのような車両でした。


この日の目的地は、台北市立動物園。


生き物の観察が趣味の夫は、施設の大小問わず日本全国各地の水族館や動物園、博物館をめぐり続けているのですが、昨年の8月に旅をしたオーストラリア(メルボルン、シドニー)から、海外の水族館や動物園にも行き始めるようになりました。今日はあいにくの雨模様でしたが、日本では見ることのできない珍しい動物が見られるとあって、夫はこの日をとても楽しみにしていました。1日がかりで回るような広大な敷地です。


珍しい動物を間近で見ることができました。


日曜日だったので混んでいましたが、広いのであまり気にならず。


ジャイアントパンダは大人気。横になっている姿もカワイイですね。


本降りだった雨も次第に止み、蒸し暑くなってきました。


禁止の標識も、独特。この場所から手で餌はやれないわな~


どれくらい歩いたか、歩数計でも付けておけぱ良かった!足がパンパンです(笑)


夫はひたすら見て回っていましたが、私は鳥が苦手なので、鳥を間近で見るエリアには立ち入らず。近くの売店でタピオカを買って飲みながら、1時間ほど休憩していました。


帰りは出口まで、園内専用列車に乗れました。やっぱりかなり歩いたんだなぁ~と実感。。


9時半から14時半までたっぷり動物園を堪能。
夕方からは、この旅唯一のオプションツアー、九イ分へ。
宿泊先まで現地のドライバーさんとガイドさんが迎えに来てくれました。

我が家2人だけ、乗用車で九イ分まで送迎のオプションツアーにして大正解。日本のゴールデンウィークと台湾の連休が重なっているらしく、大混雑との情報。私たちが向かったタイミングは運良く渋滞に巻き込まれませんでした。私は二度目の九イ分でしたが、前回来た2007年の時より、混んでいたような気がしたなぁ~。。お店が連なる細い道をゆっくり歩いて進みました。


お茶を飲んで休憩。タイミング良く並ばずに入ることができた!


しかも、ロケーションの良い席!


美味しいお茶を飲んでひと息。暮れてゆく景色を一望。


コテコテの観光地で混んでるけど、また来たくなっちゃうなぁ。。この雰囲気。







というわけで、今日も歩き回って体力を使いました。ちょこちょこ食べ歩きはしているものの、全体的に量は少なめ。台湾に来てからはお酒も飲んでいないので、健康的な旅になっています。

(3日目につづく)

※後日、追記や写真の貼り替えをするかも。