あまりにも突然の、悲しいお別れ。

5月4日(水)。

あまりにも突然の出来事でした。
まさかみんなで、黒い服を着て、お別れをしに行くことになる日が来るとは、思ってもいませんでした。ただ眠っているだけのような穏やかなお顔を見たら、涙が止まりませんでした。柔らかく微笑んでいる写真を見たら、今にもまた話しかけていただけそうな気がして、こんなにも早く旅立たれてしまったことが、今でもまだ信じられない気持ちでいます。


今日は、たぬきさんのお通夜でした。
たぬきさんは、こちらのブログにも度々コメントを寄せていただいていたので、お名前はご覧になった方もいらっしゃると思います。岡村孝子さんのファンで、ファンサイトを通じて知り合うことができた大切な「仲間」でした。ファンサイトの他にも、ブログやmixi、Twitterで日々交流し、時々アップされる日記や写真を拝見したり、ウィットに富んだコメントのやりとりをさせていただけることが、いつも楽しみでした。


亡くなられたという知らせをいただいたのは、mixiのメッセージでした。
たぬきさんの後輩の方から一報をいただいた時は、ただただ信じられないという気持ちでした。だって、亡くなられたその日、4月29日の深夜1時51分に、このブログにコメントをくださっていたのです。経堂駅に新しくオープンしたショッピングモールについてのご感想。それが最後にいただけた言葉になるなんて、思いもしませんでした。。


早すぎるよ、たぬきさん。
2週間後の5月21日、松戸で行われるの孝子さんのコンサート、お仕事がお忙しいので、もしかしたら行けなくなってしまうかもしれないとおっしゃっていたけれど、少しだけでも皆でまた集まれたら、、、お会いできたらいいのになぁって、思っていたんです。


孝子さんのファン活動では、本当に本当にお世話になりっぱなしでした。コンサートは全国ほとんどの会場に足を運ばれ、時にはチケットを購入するために徹夜で並ばれたこともありました。音楽のことや、グルメのこと、全国各地の土地の情報に詳しくて、色々なことを教えていただきました。


たぬきさん、仕事が毎日夜遅くまでお忙しそうだったのに、Twitterで私が独り言のように「今日はこれで仕事終わり~」ってつぶやくと、いつでも「お疲れ様でした」ってリプライしてくれて。私が少し体調を崩していた時も「体調大丈夫ですか?無理は禁物です。調子が悪ければ休むに限ります」って言ってくれて。3月11日に起こった東日本大震災の直後も、道路や電車の情報を伝え合ったりしてね。たぬきさんこそ毎日夜遅くまで仕事がお忙しいのに、体調の優れない日だってあっただろうに、いつでもみんなのことを気にかけて、声をかけてくださっていたんですよね。それを思うと、本当に胸が詰まる思いです。


+ + + + +


たぬきさん、すごく些細なことなんだけれどね、ずっとブログで言いたくて書きたくて、紹介するタイミングを逸していたことがあったんです。昨年の7月、大阪の松原市で孝子さんのコンサートを観た翌日、みんなで大阪を観光したんですよね。酷暑で汗かきながら、いっぱい歩いたんですよね。5ヶ月先(12月)のコンサート会場「なんばHatch」も下見してね。
20100720-1


お昼ご飯は、「北極星」というオムライス発祥のお店をたぬきさんが紹介してくださったんですよね。あのお店の雰囲気がとても気に入って、味もとても美味しくて、その後もずっと印象に残っていました。ある日、近くのスーパーであの「北極星」のケチャップを見つけて、以来ずっと愛用していたんです。本当に些細なことかもしれないけれど、我が家の日常にも、たぬきさんは存在していたんですよ。
20100720-9

20100720-11

20110504
▲スーパーで見つけた、北極星の「オムライス好きのケチャップ」。



もう1つ。丁度1年前のゴールデンウィークに、我が家は神戸に旅をしたんです。関西ご出身のたぬきさんから、旅に出る前に神戸の情報をたくさん教えていただいて、紹介いただいたコーヒー屋さん「EVIAN」に、行ってみたんです。昔ながらの喫茶店という店構えが気に入って、自宅用にもエビアンのコーヒーを買って帰ったんですよ。もう飲みきってしまったけれど、ここにもたぬきさんはいたんです。
20100503-13

20100503-14




そして本当に数日前。以前、たぬきさんがお勧めしてくれた北鎌倉の「葉祥明美術館」に行きたいねって家で話していて、ゴールデンウィークの鎌倉は混んでいるだろうから、少し落ち着いた頃に行こうねって話していたんです。行くことが決まったら、たぬきさんに伝えようって思っていたのに。。
yohsyoumei


つい数日前も、鎌倉にある美味しい納豆についての話をしたばかりでしたね。
私からは鎌倉山の納豆をおススメして、たぬきさんからは紀ノ国屋の納豆を紹介いただいたんですよね。
20090525-2




2009年の12月、ファンサイトのメンバーでクリスマス忘年会をしましたよね。その時の2次会で、あみんの「世界中メリークリスマス」を歌いながら、みんなでプレゼント交換をしました。曲が終わって手元にあるプレゼントを開けるという企画で。私が用意したプレゼント「3D 四葉のクローバーパズル」はたぬきさんに、たぬきさんがご用意された「ひつじのショーン」と「白井ヴィンセント」のマスコットが私の手に渡って、偶然にも2人で交換したような形になったんですよね。あれからパズルは組み立てたかなぁ?難しかったかなぁ?って、懐かしく思い出します。
20091218-7

20091218-8




2010年の10月19日、孝子さんのソロデビュー25周年の日に、孝子さんの曲のイメージに合わせた写真を皆さんから募集した企画を掲載しました。その時たぬきさんからは、「ジュ・テーム」の曲名でこの写真を応募してくださって、エピソードも寄せていただきました。たぬきさんのお人柄が滲み出ている柔らかいお写真、渾身の1枚でした。
20101019-13
私がイメージする曲は、『ジュ・テーム』。もう、22年前の1989年アンカレジからロンドンに向かうBA機内でこの曲を聴くのと同時に機内から見る北極海の白夜がすごくマッチしていた記憶があります。場所は、そこではないのですがこの曲を温泉で聴きながら朝を迎えたときの写真がこの1枚です。(撮影場所:和歌山県那智勝浦から太平洋を見る)


+ + + + +



思い出せば思い出すほど、たぬきさんの柔らかい笑顔が浮かんできます。
そして思い出すシーンのバックには、孝子さんの曲「IDENTITY」が頭の中で流れます。


たぬきさんのこと、ずっとずっと忘れません。
今まで本当に本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。


心より、ご冥福をお祈りいたします。


テーマ: 伝えたいこと | ジャンル: 日記

母の日とアロマの酸素バー。 | Home | 栃木の旅 ~修学旅行以来の足尾銅山~

コメント

たぬきさん 安らかに!!

こんばんは、汐入日本人です。

この度のたぬきさんの突然の訃報に接し、心からご冥福をお祈り致します。どうぞ安らかにお眠り下さい。

私も本日の御通夜に参列させていただきました。大変厳かな式で参列者の誰しも、このたぬきさんの突然の訃報を心から悔やんでおられるのがヒシヒシと伝わってきました。思えばたぬきさんとは、年齢も1歳違い、岡村孝子さんを応援するウェブサイトのオフ会デビューも全く同じ日。他の誰よりも親近感がありました。「孝子さんのコンサートがある所にたぬきさん有り」というコンセプトが我々の仲間内では通用していました。その行動力は並外れており、にわかには信じられないパワーをお持ちでした。去年のコンサートでのチケット発売の徹夜での並び、さぞかし大変だったでしょう。今年こそ少しでも恩返ししようとたぬきさんにお手伝い申し上げる決心をして表明しようとする矢先でした。私は殆ど何もお返しすることなく先に旅立たれてしまいました。

どうぞ、黄泉の世界から私達を見守り、正しくお導き下さい。安らかに、さようなら。

2011/05/05 (Thu) 01:21 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
たぬきさん、メール待ってます。

色付きの文字こんばんは。たーくんです。

本日、お通夜に参列させて頂きました。何をどう書いて良いのか分かりませんが、出会って一年弱の自分にもたぬきさんは温かかったです。

去年のCP最終日の後の握手と会話・・・一生忘れません。(何か心が通ったようで嬉しかったです。)

その後のメールのやり取りも楽しかったです。
何かあったら二人で戦おうと言ったたぬきさん、松戸が近くなったら打ち合わせしようと言ったたぬきさん、松戸はもう直ぐですよ・・・メールはまだですか?

今日の安らかな寝顔を見ていたら今にも起きて来そうで、亡くなったなんて思えないです。

本当はこんな言葉はまだ言いたくないけど、安らかにお眠り下さい。
今まで仲良く親切にしてくれて本当にありがとうございました。

                   たーくん

2011/05/05 (Thu) 03:44 | たーくん #- | URL | 編集
たぬきさん、どうしてますか…

こんばんは、14masaです。

岡村孝子のファンサイトの皆さんと葬儀に参列して頂き、ありがとうございました。

昨年の7月の松原市のコンサート翌日の観光、何も知らないクリコさんと私で
「翌日空いていたら、ブラブラしませんか…」的なノリで企画し、たぬきさんが案内人になって頂けなければ、ただ酷暑で疲れただけだったしょうねぇ。

楽しく初のファンサイトの観光として過ごせたので、年末の東京観光へとつながった気がします。

まだまだ、たくさんの引き出しを持っている、たぬきさんと色々なこと教えて頂き、話したかったです。

たぬきさんのご冥福を心から申し上げます。

2011/05/05 (Thu) 22:21 | 14masa #- | URL | 編集
たぬきさんの実の妹です

この記事をお気に入りに追加しました。
たぬきの妹です。
私は本当に兄の事が大好きでした。
岡村孝子さんのこと好きなのは知ってましたが
そんなに多くのコンサートに行ってるなんて
知りませんでした。
たくさんの情報教えてくださって本当にありがとうございました。
色々なところを飛び回っていたので
たくさんのおいしい場所を知ってたんですね。
また、色々生前の兄の話があれば教えて下さいね。
私は主人と小学校1年6歳になる娘と都内に住んでいます。
高島平です。
板橋しか知らないので
経堂方面はほとんど出向く事がないのですが
また、兄のおもいでを探しに行こうと思っています。
兄が色々とお世話になり、本当にありがとうございました。

2011/05/06 (Fri) 10:29 | あやかママ #- | URL | 編集
たぬきさんの思い出と妹さんへ

こんにちは、クリコさん

Bellmareです

たぬきさんの訃報連絡から素早くクリコさん独自の思い出のアルバムを作るところなど、クリコさんのプレゼンテーションスキルは流石です。私にとってたぬきさんは、どこのコンサート会場でもご一緒だった記憶があります。とても腰が低く人当たりが穏やかな方なのに、どこのコンサート会場にもいらっしゃるので、私も熱いファンなので何か共感するものを感じていました。彼と話していくうちに彼が「あみん」時代からのファンで、孝子さんを初め孝子さんの周りの方々に詳しく、会場の音響環境、PAなどに関しては私が全く知らないテクニカル・タームを沢山並べて喋ってくれました。クリコさんと“今日はあまり音が聞こえなかったよね、ちょっとたぬきさんに音のでき、聞いてみようよ!”って何回か話した事を覚えています。

昨年のT's GARENコンサートで関西人のたぬきさんを知ると共に大阪にも非常に詳しいのでビックリしました。頼んでもないのにオフ会の会場を予約して頂、彼の何気ない気配りに参ってしまった私は、また一つたぬきさんの中に私以上のものを発見して、ファンの仲間のセンターの一員になって貰いました。その後、ファンサイトがアラシの攻撃を受けたときも優柔不断な私のオシリを叩きながら、毅然とした姿勢でアラシに向かってくれました。この時はもう彼に頼りっぱなしでした。あの時は本当にたぬきさんにお世話になりました。

たぬきさんの訃報に接した時、私の体の半分が無くなったような気がしました。折角私が持ってない全てを完全に持っているたぬきさんと知り合えたのに.....って、この運命を憎みました。残念で残念で涙も出ない!というのが本音です。私は今後たぬきさんがいつも見ていると言う観点でファン活動を進めて行きます。これがたぬきさんの無念の思いに対する私の答えです。

たぬきさん! 空の上からいつも見ていてBellmareをお導きくださいね! 宜しくお願いします。

=======================================================

あやかママさん

初めまして、葬儀会場でお会いしました岡村孝子さんのファンのBellmare(ベルマーレ)と申します。

お通夜の席に居られた時はたぬきさんの実の妹さんとは全く思いませんでした。幼い頃からお兄さんと兄弟とは認識されなかったエピソードなどを微笑ましく、そしてウイット豊かに紹介して戴きました。中でも、とても優しいお兄さんであった事を妹さんから直接伺って、やはりそうだったのかー!と納得してしまいました。私のサイトでも物腰柔らかいたぬきさんのエピソードがたくさん語れておりますので、読んで戴ければ幸いです。

http://bellmare-4.bbs.fc2.com/

斎場から告別式に戻り別れる時、「それでは失礼させて頂きます」と申し上げたら、「これから「岡村孝子(さん)」の歌を聞きます」と仰って下さいました。孝子さんのベストセレクションアルバムは『 After Tone(アフタートーン)』というタイトルで発売されており「Ⅰ~Ⅴ」までリリースされております。

http://www.okamuratakako.com/_disco/index.html

孝子さんの曲を聞かれると、お兄さんの妹さんへの優しさが伝わってくると思いますよ、是非手にとってみて下さい。

では、また何時かたぬきさんのことでお話できれば幸いです。

2011/05/06 (Fri) 19:45 | Bellmare #wXqYE0t. | URL | 編集
たぬきさん・お悔やみ申し上げます。

突然だったようで私もびっくりしています。無くなられた理由が全くわからないけどよければ教えていただけませんか?よろしくお願いします。

2011/05/06 (Fri) 21:30 | 匿名 #- | URL | 編集
同期デビューだったのですね。。

汐入日本人さん。

こんばんは。先日のたぬきさんの葬儀では、準備等々大変お世話になりました。汐入日本人さんとたぬきさんはお歳も1つ違いで、オフ会デビューも同期、全国各地のコンサート会場で共に過ごされる機会も多かったですし、人一倍想い出も多いことでしょうね。徹夜でチケットを並ばれたり、コンサート前には会場の下見をされ、動画で道順をナビゲートいただけたりと、本当にたぬきさんにはお世話になりましたよね。これからまた皆で、たぬきさんと共に、たぬきさんの分まで、孝子さんを応援していきたいなと思いました。

2011/05/07 (Sat) 01:44 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
きっと、来てくれますよね。

たーくん。

こんばんは。先日は、お世話になりました。お電話もいただき、ありがとうございました。震災被災地への支援活動もされている気配りのたーくん、たぬきさんの突然の訃報は本当にショックでしたよね。。昨年末のクリスマスに皆で集まったことを思い出し、またあの日に戻りたくなってしまいます。でもきっと、これからもずっと、孝子さんのコンサートにはたぬきさんも同じ会場に来てくださると思います。オフ会も一緒に参加してくださると思います。2週間後の松戸のコンサート、皆でまたお会いしましょう。

2011/05/07 (Sat) 01:51 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
大阪観光と大府を思い出します。

14masaさん。

こんばんは。ブログへのコメントをいただき、ありがとうございます。また、たぬきさんの葬儀では、これまでに共に過ごしたたぬきさんの写真をお持ちしました。やはり思い出すことは、昨年7月の大阪観光と、愛知県大府市での「まちの音楽会」ですね。大阪観光では、たぬきさんは本当にたのもしくて、私たちの要望をすべて聞き入れてくれて、炎天下の中たくさん歩き回ったのですよね。普段聞くことのできない関西弁も新鮮でした。ブログ本文にも書きましたが、あのオムライスの味、今でも忘れません。仰る通り、あの大阪観光があったから、年末の東京観光・スピンオフ企画にも繋がったのですよね。また、同じく昨年7月の大府も、印象的な日でした。皆で撮った集合写真は、宝物です。あの時に、「たぬきさん=ひまわり」というイメージになりました。

2011/05/07 (Sat) 02:00 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
本当に本当にお世話になりました。

あやかママさん。

この度は本当に突然のことで、ご家族の皆様も大変に悲しまれていることと思います。心よりお悔やみ申し上げます。私たち、岡村孝子さんファンの仲間も悲しみに暮れ、皆たぬきさんのことを想っている日々です。

私の拙いブログにコメントをいただき、ありがとうございました。先ほど別途メールも送らせていただきましたが、過去のブログ記事を読み返してみますと、たぬきさんから本当にたくさんのコメントをいただいていたことを改めて実感しました。数えてみましたところ、27回もコメントを書いていただいていました。先ほどその記事をお送りいたしましたので、ぜひお時間のある時にお読みいただければと思います。旅行の話、料理の話にコメントをいただけることが多かったです。

Bellmareさんのファンサイトでも皆書かれていますが、お兄様からは、優しくお気遣いいただくことが多かったです。本当に本当にお世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。

2011/05/07 (Sat) 02:11 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
詳しい解説を、いつも聞かせてくださいましたよね

Bellmareさん。

こんばんは。先日のたぬきさんの葬儀等では、大変お世話になりました。またお忙しい中、こちらのブログにも長文コメントをいただき、恐縮しております。Bellmareさんに書いていただいた通りの、そのままのエピソード、目を閉じるとその時の映像が浮かんできます。ライブが終わると、会場やスピーカー、音、機材の話をよくたぬきさんから解説いただきましたよね。とてもお詳しくて、いつのまにかだんだん、たぬきさんに解説いただくポイントをチェックするようにもなりました。これからのファン活動にも、私たちの隣にはたぬきさんがいつでもいてくださいますよね。これからも、Bellmareさんのサイトに集まる皆様と交流させていただけると嬉しいです。宜しくお願いいたします。

2011/05/07 (Sat) 02:18 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
突然の悲しいお別れでした。

匿名さん。

こんばんは。こちらのブログには、初めてコメントをいただきましたでしょうか。たぬきさんのお知り合いの方でしょうかね、岡村孝子さんのファンでいらっしゃるようでしたら、どこかの会場でお会いしているかもしれませんね。たぬきさんの訃報は突然のことで皆びっくりし、悲しみの中にいます。故人の詳しい情報は私のブログの記事ではお伝えすることができないのですが、もしたぬきさんのことをご存知でいらして、何かメッセージをお寄せいただけるようでしたら、ぜひ私のメール宛にご連絡をいただけますと幸いです。
⇒ hot771@gmail.com
(メールをいただく際、ハンドルネームかお名前などを、教えていただけますと助かります)

何卒、宜しくお願いいたします。

2011/05/07 (Sat) 02:32 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

おはようございます。たぬきさんの妹です。兄と違い夜はとても苦手で、10時までには寝てしまいます。朝は5時にはおきているのですが(笑)


年に数回、親子で紀伊国屋に連れて行ってもらったりPCの件でわざわざ高島平まで来ていただいたり本当に優しい兄でした。

たぬきさんが孝子さんのチケット、泊り込みで並んだのたぬきさんから聞いてただただ驚きでした。

更に、告別式は皆様の計らいにより、BGMに孝子さんの優しい歌が流れ、たぬきさんも聞きながら霊鷲山へ旅立った事と確信いたします。

たぬきさんお会社の同僚の女性社員にたぬきさんのこと聞くと色々な事を教えてくれたり出張にいくとお土産を持って帰ってきてくれたりと、本当に優しいたぬきさんだったんだって思います。

もちろん兄妹ですから会話はいつも関西弁で色々口論もしましたがもっと口論したかったです。

お通夜、告別式に祭壇にあったたぬきさんの写真はなんと!免許証の写真だと父から伺いました。免許証の写真って普通、犯罪犯したような顔がほとんどじゃぁないですか。でもあの写真は優しい顔なのでびっくりしました。私も最近のたぬきさんの写真はなかったのでコンパクトタイプの同じ写真をもらい家に飾ってあります。

孝子さんのCD買いに行きますね。21日の孝子さんのコンサート楽しんできてくださいね。

ありがとうございました!

2011/05/07 (Sat) 11:02 | あやかママ #rPMUoM7I | URL | 編集
たぬきさん!

たぬきさんの突然の訃報、受け入れるのに時間がかかりました。
自分の聞き間違いではないか、悪い夢を見ているんではないか、、、、。

しかし、本当に逝ってしまったんですね、たぬきさん。
葬儀に参列させていただきました。
心の中で、「たぬきさん、たぬきさん、たぬきさん!」
一度は本名で語りかけてみましたが、やっぱり私の中ではあなたは「たぬきさん」でした。
今はただただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

博学で心が広く、思いやりがあり、いつも優しく、、、そして強い。
たぬきさんのようにはとてもなれませんが、少しでもたぬきさんに近づけるよう、生きてゆきたいと思います。
道を外れそうになったとき、今まで通り、アドバイスしてください。
「たぬきさんだったらどうされますか?」、困難に直面したときこう聞かせてください。
私たちの心の中に居続けてください。
これからもよろしくお願いいたします。

あやかママさん、
最愛のお兄様のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。
たぬきさんは、皆に愛された方でした。
私も色々なものをたぬきさんから頂くだけ頂き、、いまだ何もお返しもできぬままです。
それがとても心残りです。

クリコさん、
今回クリコさんが教えてくれなければ、たぬきさんの訃報は知る由もありませんでした。
本当にありがとうございました。
これからも、チーム東京よろしくお願いいたします。









2011/05/07 (Sat) 15:16 | taka #- | URL | 編集
こちらこそ、ありがとうございました。

あやかママさん。

こんばんは。たぬきさんが旅立たれた悲しみの中、度々こちらのブログにコメントをいただき、恐縮しております。また、先日はお電話とメールもいただき、ありがとうございました。ご家族ならではの思い出、お話を伺うと、優しかったお兄様のご様子が目に浮かびます。あの日飾られていたお写真、免許証のお写真とは思いませんでした。お会いした時と同じ、優しい表情でした。

先日お電話にてご用命いただきました、たぬきさんのお写真、CD-Rに入れてお渡ししたいと思いますので、ご都合の良い時がございましたらご連絡をいただければと存じます。

2011/05/08 (Sun) 22:36 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
これからも心の中に・・・

takaさん。

こんばんは。先日は、大変お世話になりました。私も同じで、最初はただただ信じられないという気持ちで、受け入れることに時間がかかりました。「博学で心が広く、思いやりがあり、いつも優しく、、、そして強い 」まさにtakaさんの仰る通りで、どんな話をしていても、それ以上に話が広がる知識や情報をお持ちで、何かあると冷静で的確なアドバイスをされていらっしゃいましたよね。

今頃は、お空の上でゆっくり休まれているかなぁ。。
これからもずっと、私たちの心の中で生き続けていきますよね。

2011/05/08 (Sun) 22:54 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する