スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼文島の旅 -日本最北の花の島-

8月18日(木)。

8月11日(木)~13日の2泊3日で旅をした北海道。
4回に渡り綴っていく旅の記録の3回目は、稚内編利尻島編に続き礼文島編です。

名残惜しい気持ちで利尻島を後にし、礼文島の香深港を目指すフェリー。乗船時間は約40分。高波にぐらぐらと揺られながら、しばしごろりと横になりました。ちなみに、これまでに乗ってきたハートランドフェリーはすべて2等船室。イスの席が指定されているわけではなく、大勢のお客さんが集まってざわざわとしている中、僅かな空間を見つけて雑魚寝するような感じが、なんとも旅っぽいなぁ~と感じました。(とはいえ、風情を感じるような古さはなく、船内はとてもキレイでテレビもついていました)
20110818-1


14時を少し過ぎた頃、香深フェリーターミナルに到着。初めて降り立った島なのに、「お帰りなさい礼文島へ」という横断幕を目にして、なんだか温かい気持ちになりました。観光地では「いらっしゃいませ」や「ようこそ」といった言葉が書かれていることが多いように思うので、なんだか新鮮でした。
20110818-2


まず向かった場所は「澄海岬」。澄んだ海と書いて「スカイ」と読みます。
20110818-3


利尻島は、利尻山を中心にぐるっと島を1周することができる地形でしたが、礼文島は西側に車道はなく、クルマで1周することはできないそうです。利尻島とは景色も大きく異なり、小高い緑の山が連なっているような印象。
20110818-4


礼文島では350種類もの高山植物が咲くということで、
20110818-5


可憐な花を見て歩くことも、楽しみの1つです。
20110818-6


続いてやって来たのは、最北限の「スコトン岬」。漢字では「須古頓」と書きます。初日にめぐった稚内は北海道の最北端、ここはさらにその先の島の最北端。本当に端っこまで来てしまったんだー♪ こうなったら、いつか最南端の島にも行ってみたくなりますね、沖縄の波照間島へ。
20110818-7


視界の先に見える小さな島は「トド島」。無人島だそうです。
20110818-8


「最北端のトイレ」もありました(笑)。
20110818-9


最北端の小さなお土産屋さんは、美味しそうな食べ物がいっぱい。こちらは「昆布重ね巻」。昆布とサーモンがサンドされた佃煮のような食べ物です。買って帰りましたが、骨まで柔らかくて白いご飯にピッタリでした。
20110818-10


ちょっと気になったのが「とど肉」の缶詰。鯨の赤身に似た味がするそうです。
20110818-11


こちらは礼文島のイメージキャラクター「あつもん」。礼文島でしか見ることができない植物「レブンアツモリソウ」の妖精なのだそうです。マスコット好きの私、すっかり気に入ってしまいました。あつもん、名前もいいし表情もカワイイ。記念にTシャツとマグネットを買っちゃいました^^
20110818-12


さらに移動して「桃台・猫台」へ。ここは、巨大な奇岩が連なる雄大な景色の展望台です。なんだか海外に来たような気分になるな~。ちなみにこの高台の下にユースホステルがありました。
20110818-14


こちらが「桃岩」。言われてみると、桃に見えるような見えないような・・・。
20110818-13


そしてこちらが「猫岩」。確かに、猫を眺めているように見えるなぁ。
20110818-15
(もう1つ「地蔵岩」というのもありましたが、はっきりとは見えませんでした)


ここにも小さなお花がたくさん咲いていて、散策しながらしばし鑑賞。
20110818-16


旅の途中で「昆布サイダー」という珍しい飲み物を発見。昆布味のサイダー!?どんな味なのかと飲んでみると、始めはしっかりサイダーで、後味がしっかり昆布(笑)。予想外に美味しかったです。ただ、ラベルに書かれているような「トロ~リ」という感じはありませんでした(それがかえって爽やかで良かったです)。ちなみに偶然にもこの日、テレビ番組でこの「昆布サイダー」が紹介されたらしく、なんともタイムリー。
20110818-17


旅の疲れは温泉で。宿泊するホテルにも温泉(礼文島温泉・富士見湯)はあるのですが、港の近くにある「礼文島温泉うすゆきの湯」にも立ち寄ってきました。日本最北にある日帰り入浴施設です。源泉かけ流しの天然温泉で、露天風呂からは利尻富士を眺めることができます。広々とした浴場は開放的で、「ぬる湯」「あつ湯」「ジャグジー」「サウナ」と種類も豊富。「あつ湯」と言っても江戸の銭湯のような熱さではなく、長く浸かるのに丁度良い温度でした。
20110818-18


お風呂あがり、港でぼんやり夕暮れを眺めていたら、このまま島でずっとゆっくり過ごしていたいな~って、思っちゃいました。いやいや、たまに旅をするから、心から楽しめるんだよね。
20110818-19


宿泊は「ホテル礼文」。
20110818-20


ゆっくりくつろげる和室のお部屋でした。
20110818-21


テーブルには、素敵な手書きのメッセージとてるてる坊主が!「今日は礼文島を訪れて下さり、とてもうれしいです。あした天気になりますように」と書いてありました。心配りに感激し、カワイイてるてる坊主は大切に持ち帰りました。
20110818-22


やはり楽しみなのはお食事。今度は礼文島産の生うにです。
20110818-23


見た目も美しい、上品な料理の数々。食前酒の「苫小牧のハスカップワイン」を美味しくいただき、その後は料理を堪能するため、お酒は控えることにしました。昨日は満腹になりすぎてしまったので、今日はじっくりゆっくり味わいます。
20110818-24
20110818-25


2日間とも20時台には寝てしまうという、なんて健康的な旅なのでしょう。寝る前に露天風呂に浸かり、ミネラルたっぷりの「こんぶ水」を飲んで、ぐっすり眠りました。旅はあっという間に明日で最終日。フェリーで稚内に戻り、東京に帰ります。


(旅の帰り道編に続く)

テーマ: 北海道 | ジャンル: 旅行

旅の帰り道 -番外編あり- | Home | 利尻島の旅 -ウニと昆布と大自然-

コメント

おかえりなさい

こんにちは。
明日で旅行記録、最終編なのが、少し寂しい感じがしています。ゆっくりとした時間を過ごされたようで、思い出深い旅になりましたね。私は、海の幸や絶景に吸いこまれてしまいました。クリコさんが飲まれた「昆布ソーダ水」、関東でも販売してほしいなぁとひそかに思っています。

2011/08/19 (Fri) 14:06 | koma #- | URL | 編集
No title

こんばんは。

シリーズ3回目アップありがとうございます。

船での移動は本当に良いものです。ゆっくり岸壁
を離れゆっくり到着する船の動きは忙しい現代人
に少し必要な気がします。

澄海岬から見える岩肌は北国だけあって大きな木
は見えませんね。

スコトン岬の海の色が真っ青です。同じ青でも少し
違って見えます。

夕方の料理は、またまた美味しそうですねぇ。
景色は画像を見たら行った気分になりますが、
料理はやっぱ口にしないとねぇ・・・(笑)


 

2011/08/19 (Fri) 23:45 | 茨城パパ #- | URL | 編集
ただいまです(^-^)/

komaさん。

こんにちは!コメントやメール、いつもありがとうございます。komaさんに昆布サイダーに関心を寄せていただいて、なんだか嬉しいです^^ ラベルに書かれていたようなトロ~リ感がもっとあったら、違った印象だったかもしれませんが、サラッと爽やか、普通のサイダーと同じ飲み心地だったのが良かったです。それでいて、後味がちゃんと昆布の味、意外な組み合わせですが、予想していた以上に美味しかったです。関東でも売っていたら、また飲みたいなぁ。

2011/08/20 (Sat) 12:36 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
船の旅、海の色 本当に良い旅でした

茨城パパさん。

こんにちは。第3回にもコメントありがとうございます!!

「船での移動は本当に良いものです。ゆっくり岸壁を離れゆっくり到着する船の動きは忙しい現代人に少し必要な気がします。」というお言葉に、大きく頷いてしまいました。そうなんですね、今まで無意識に選んでいたけれど、だから船の旅、島の旅が好きなのかなぁ、、、などと思っちゃいました。

海の色は、場所によって表情が変わり、神秘的な深い青、本当に落ち着く色でした。同じ日本にいても、色々な海がありますね。

2011/08/20 (Sat) 12:44 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
礼文は花の島!

こんにちは、汐入日本人です。

いよいよ礼文ですね!
この島には我々内地の人間には何もかも現世と違い過ぎていて、1週間以上滞在すると自宅に帰りたくない、もう、学校や会社に戻りたくない!といった思いを育む不思議な魅力?があるようです。

特に、クリコさんも見たあの桃岩のすぐ近くにあるユースホステルに泊まると・・・1泊が2泊になり、更に3泊、1週間、10日、1ヶ月・・・挙句の果てに帰省する日も過ぎて、更に連泊!!会社員の人はもう会社に戻っても自分の机と椅子はなく・・・つまり、自分の人生を変えてもいいくらいここから離れたくない!実際、私が学生の時にこのユースに泊まった時にそんな事情で会社や学校を辞めた人が、ヘルパーとしてユースで働いておりました。全国的にも有名になったキ○○イユースホステルのお話でした。(今ではそんな武勇伝も、もう聴くことができなくなりました。残念!)

2011/08/20 (Sat) 18:07 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
ゆっくり滞在したくなる島ですよね

汐入日本人さん。

こんばんは。北の旅の4回シリーズにコメントをいただき、ありがとうございます!

礼文島は、港の周辺こそ、大きくてきれいなホテルが並んでいたものの、利尻島以上に自然溢れる島でした。1週間以上あの島にいたら、日常生活に戻りたくなくなるのは間違いありませんね。

桃岩の下にあるユースホステル、建物から何人かの方が外に出ていらしていて、岩の上にいる観光客たちに大きな声で元気に手を振っていらっしゃいました。汐入さん、ここに滞在されてらしたのですね!!(ブログへのアップはしませんでしたが、その建物を写した写真もありますよ^^)

いつかまた、ゆ~っくり滞在してみたい場所となりました。夏や過ごしやすいですし、冬の景色も見てみたいです。そして、島を自転車で走ってみたいなぁ。

2011/08/22 (Mon) 00:13 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
今日はこんな発表が・・・

2011年9月3日(土) 沖縄・宜野湾海浜公園野外劇場
 メモリーアンドメロディーズ 公演延期のお知らせ

やはり雨女の孝子さんなのかな?

2011/09/01 (Thu) 20:06 | 匿匿名 #- | URL | 編集
延期になりましたね。。

匿匿名さん。

こんばんは。度々情報をありがとうございます。
そうなんですよね、9月3日の沖縄の野外イベント、延期が決まりましたよね。行く予定でいたのでとても残念ですが、5日に延期公演の日が決まるので、楽しみに待っていようと思います。行ける日だと良いのですが・・・

私もかなり雨女だと思います(^^; 
みんなから、来ないで!って言われたらどうしよう…(苦笑)

2011/09/01 (Thu) 23:56 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。