スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーベキュー場&コテージがある「根古屋森林公園」を散策。

11月29日(火)。

紅葉ドライブ、昨日の続きです。
「カフェ・ブロッサム」でのんびりとランチの時間を過ごした後、お店からクルマで5分くらいの場所にある「根古屋(ねごや)森林公園」を発見し、散策してみることに。広い無料駐車場がありました。
20111129-1


色々な施設があるようですが、人の気配のない静かな公園でした。時期的なものでしょうかね。。
20111129-2


まずは、公園に入ってすぐの「飛駒和紙会館」へ。外から中を覗いてみたところ、開館しているのかどうかちょっと不安はありましたが、自動ドアが開いたので中に入ってみることに。
20111129-3


飛駒に和紙漉きが入ってきたのは、紙の需要が増えた江戸時代だということです。この地は、彦根藩の飛び地だったそうで、藩の保護奨励によって紙漉きが始められたと紹介されていました。大正4年には、それまでの旧式な製法を改良するため、県から技師を招いて講習会が開かれ、これまでの小判のものから、障子紙やふすま紙、唐傘用の大判のものも作られるようになり、当時、紙漉きをしていた家は24戸あったとのこと。戦後は、生活様式の変化などにより転廃業を余儀なくされ、長い伝統を持つ飛駒和紙は、昭和43年にその歴史を閉じることとなったようです。その後平成4年に、まちづくりの一環として飛駒和紙保存会が結成され、伝統ある飛駒和紙が復活したとのことでした。この「飛駒和紙会館」は、平成8年に建てられ、和紙作り伝承の拠点とされているそうです。


事前に予約をすれば「紙すき体験」もできたようです。硬さや柔らかさ、大きさ、色など、展示されている和紙の種類も様々。記念に和紙でできた「しおり」を購入しました。暖かみのある色に染められていて、手触りも良いです。
20111129-4


和紙会館を出てさらに先へ進んでいくと、ログハウス風のコテージが見えてきました。ここで宿泊ができるようです。ちなみに1棟の使用料は、8人用コテージが16,800円、6人用が15,750円(お風呂付き)、5人用が10,500円だそうです。1人2,000~3,000円くらいで泊まれちゃうんですね。設備もそろっているし、寒くない時期だったら安心して宿泊できそう。
20111129-5


さらに奥まで進んでいくと、キャンプ場がありました。
20111129-6
ところどころに大きな板が置かれていたのですが、ここはテントを張る場所だったんですねぇ。キャンプ場は、1張(6人用)で1,570円、テント持込みの場合は1,050円で利用できるようです。


ちょっとした山の中、という感じのキャンプ場でした。もう寒いからオフシーズンなのかな。
20111129-7


キャンプ場のすぐ近くには、バーベキュー広場も。利用期間は4月1日~10月末までで、11月1日~3月末は閉鎖期間のようです。これだけ広いと、春と夏は賑わっているんだろうなぁ。
20111129-8


洗い場も焼き場も、数多くありました。
20111129-9
ちなみに利用料金は、1区画(1炉)1,050円。鉄板や網のレンタルや、炭や薪の購入もできるようです。


ここでバーベキューをして、そのままコテージに宿泊すれば、行き帰りの移動もなくすぐに眠れるので、疲れなさそうですね。この近くに温泉があれば、最高なんだけどな~。


その近くには野菜の直売所も。栃木産の野菜が購入できます。この日は無人販売でした。
20111129-10


来年も土曜・日曜・祝日は、こちらで野菜の販売があると黒板に書いてありました。公園内でいくつか野菜を調達できるなら、あとはどこかで肉を買ってくれば、すぐにバーベキューができますね~。(バーベキューの野菜と言えばタマネギ!なのですが、ここにタマネギは売っていませんでした…)
20111129-11


栃木の“ゆるキャラ”?「とちまるくん」と「いかんべかあちゃん」。
20111129-12


そのほかにも、神社や
20111129-13


池もあり、自然がいっぱい!
20111129-14


和紙会館の横に、そばとうどんの食事処「根古屋亭」があるので、BBQやキャンプ目的ではなく、散策と食事だけでも十分に楽しめる公園でした。暖かい時期はやっぱり混んでいるのかなぁ~。またいつか、来てみたいと思います。


<Access>

根古屋森林公園
住所: 〒327-0231 栃木県佐野市飛駒町2299番地
(東武田沼駅からタクシーで30分、または東武田沼駅下車「角町」バス停から「下彦間」行で約40分「町屋」にて下車、徒歩約5分 / 佐野藤岡ICから50分)
TEL : 0283-66-2939(公園管理事務所) 
    ※定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始は定休日
URL : http://www.sano-kankokk.jp/tour_guide/accom/tg_accom_007.html


根古屋亭
TEL : 0283-66-2218
(営業日:土曜日、日曜日、祝日/11:00~15:00)
※7月20日~8月31日までは平日も営業(水曜日定休)
URL : http://www.agrinet.pref.tochigi.lg.jp/tochigi_event/event.cgi?rm=detail&event_code=443


飛駒和紙会館
TEL : 0283-66-2481
(営業日:土曜日、日曜日、祝日/午9:00~16:00)
※7月20日~8月31日までは平日も営業(火曜日定休)

テーマ: 栃木県 | ジャンル: 地域情報

鶴ヶ島の洋食レストラン「アンクル」。 | Home | 紅葉の「カフェブロッサム」でローストビーフランチ。

コメント

宿泊施設ありましたね。

こんばんは。

ここまで行くんだから宿泊施設あればなぁ。と思って
いたらビックリドローンアップされてビックリ。
とても素敵な公園ですね。

私の職場の近くの公園に同じようなコテージがあって
気のあった仲間でたまにBBQをします。空調、トイレ、
シャワーまで完備されているので食材さえ準備すれば
結構時間を気にせず楽しめました。

このような場所で時間を忘れてゆっくり過ごしたい
ものです。アップありがとうございます!

2011/11/30 (Wed) 22:35 | 茨城パパ #- | URL | 編集
ここに泊まることができれば、、

茨城パパさん。

こんばんは。コメントをいただきありがとうございます!
カフェブロッサムって、関東から行くにしても遠い場所にありますし、関東以外から来る場合はさらに遠い場所ですし、クルマで行くと運転する人がお酒飲めないしで、どこか近くに宿泊できる場所はないのかな~って思ったら、偶然にもこの公園の中に安く泊まることができるコテージがあって、びっくりしました。とはいえ、ここはお風呂が6人用の棟にしかないようなので(5人用・8人用の棟の場合は、管理棟のシャワー室を使うことになるみたいです)、近くに日帰り温泉やスーパー銭湯があれば、最高なんですけどね。

バーベキューや散策の後、帰りの道や時間を気にせず楽しめるっていうのが魅力ですよね。こういう行楽も、たまには良いかな~って思いました。

カフェブロッサムには、ぜひまた行きたいですね。

2011/12/06 (Tue) 00:16 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。