スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新島の旅(1) -調布空港からプロペラ機で出発!-

4月8日(日)。

4月が始まって1週間。土曜日は夫の誕生日だったので、記念に旅に出ることにました。
20120407-0
誕生日前日に自宅でプチお祝い。ケーキ屋さんでもらったロウソクは10本。せっかくいただいたものを使わないのは勿体無いので、「36歳」⇒「3+6」で「9本」立てちゃおうかな~とも思ったのですが、小さなフロマージュケーキがロウソクだらけになってしまいそうなのでやめました(笑)。また次の誕生日が来るまで1年間、健康で楽しく過ごせますように。


ということで、出発は土曜日。7時半頃「調布飛行場」に向かいました。この小さな空港から小型のプロペラ機に乗って、わずか40分(船の場合は、竹芝から2時間50分)で行くことができる東京都の島「新島(にいじま)」に向かいます。調布空港は、自宅から羽田空港より近い場所にあるので便利なのです。飛行場のすぐ近くには、味の素スタジアムがあります。


航空券は事前に電話で予約をし、代金は当日窓口で現金払い。往復で購入すると少し安くなります。荷物を預け、シンプルなセキュリティチェックを受け、病院の待合室のようなベンチで搭乗時間まで待ちます。


出発は8時30分。いよいよプロペラ機へ乗り込みます。間近で見ると、さらにテンションが上がるなぁ!!天気も良いので、青空に映えますね~。このプロペラ機は、ドイツ製の「ドルニエ機」というものだそうです。


乗り込む前に名前を呼ばれ、1人ひとり機内に入ります。


離陸する前の様子。乗客は我が家2人を入れてたったの4人(笑)。ちなみに、定員は19人です。


それぞれの島の位置関係はこんな感じ。調布からは大島、新島、神津島に行くことができます。一番近い「大島」には一度行ったことがあるので、今回は「新島」と「式根島」をぶらりとめぐる計画。式根島には、新島から船で渡ります。
20120407-00
ちなみに、なぜ今回東京の島に行くことになったのかというと、魚好き&水族館好きの夫の提案で、「体験ダイビングをやってみよう!」ということになったのでした。そこで、ネットで見つけた「式根島ダイビングサービス」さんへ事前に予約。ところが前日の夜にお電話をいただき、ここ数日波が高く、水温も14~15℃と低いので、体験にはあまり向かない日だとのこと。残念ではありましたが、アドバイス通り今回は水の中には潜らずに、島をぐるりと歩く旅へ計画を変更することにしました。新島にも式根島にも、温泉があるようなので楽しみです。体験ダイビングは、またいつかどこかの島を旅した時に、改めて挑戦してみようと思います。今回、ダイビングはしないのに、宿泊先まで手配してくださった式根島ダイビングサービスさん、度々お電話で状況をお知らせいただけて、大変お世話になりました。


離陸後の空の上。しばし景色を楽しみます。
20120407-a

遠くにうっすらと見える、新宿の高層ビル。
20120407-b

さらに遠くの方に少しだけ見える、東京スカイツリー。
20120407-c

天気が良かったので、富士山もくっきり。
20120407-e

プロペラの音はものすごい轟音。機長さんからのアナウンスもあったのですが、全く聴こえず…
20120407-d

飛行時間はあっという間、島が見えてきました。海の色が蒼い!!まるで海外に来たみたい!
20120407-f

9時10分頃、新島空港に到着。離陸も着陸も遊園地のジェットコースターの比ではないくらいスピードがあります。しかもこの日はものすごい強風で、空の上ではずっと風に煽られ、ぐわんぐわんと左右に揺れまくりでした(笑)。小さなプロペラ機ならではのスリリングな楽しさを味わえます。



新島は、面積27.77平方キロメートル・人口2,500人(2008年4月現在)の島。世界でも有名なコーガ石に覆われ、白い砂浜が美しい、マリンスポーツのメッカだということです。村を歩いてみると人の気配がまるでなく、シーズンオフなので観光客も全く見当たりませんでした。
20120408-1

人とすれ違うことがなく・・・静かだなぁ・・・
20120408-2

島にいる間、唯一開いていた「牛乳煎餅」のお店、池村製菓さん。お店の中で焼いているようで、機械が置かれていました。試食もさせていただけたのですが、やさしい甘さの瓦せんべいという感じ。美味しかったし、牛さんの絵もかわいかったので購入しました。お店の方は、気さくなお兄さん。陸上関係の方なのかな、店内には箱根駅伝のポスターや埼玉栄高校の物が飾られていました。
20120408-3

この島は、夏になると賑やかになるのでしょうかね。
20120408-4

でもこの静けさがとっても心地よくて、同じ東京なのに全く騒がしさがなくて、のんびりと歩いているととってもリラックスできました。短い移動時間で、こんなに静かな場所に来ることができるなんて、不思議な感覚です。
20120408-5


何より、空と海が蒼いんです!!これが東京の海なの!??というくらいにキレイ。
20120408-7

波は高かったけれど、見とれてしまうような美しい自然。
20120408-6

新島を歩いていると、至るところに佇んでいるモヤイ像。
20120408-8

1つひとつ表情が違っていて、それを見て歩くだけでも面白い。
20120408-9

顔がいっぱい描かれた石も!!アートですね~。アートといえば、石像のほかにもガラス製品が特産品だそうで、「新島現代ガラスアートミュージアム」という施設もありました。
20120408-10

こちらは「光と風と波の塔」。異国情緒たっぷり。
20120408-19

なんと、公衆トイレも石造り。
20120408-12


そして、今回の新島の旅でどうしても行ってみたかった場所、「湯の浜露天温泉」。
20120409-13

源泉は、近くの間々下温泉から引かれていて、24時間入浴することができる温泉だそうです。しかも料金は無料!入浴するには水着を着用する必要があるので、お風呂なのになんだか不思議な気分ですが、他ではなかなか体験することのできないつくりの温泉でした。水着を着用するので、男女共同の温泉です。
20120409-14

こちらのドーム状の建物が脱衣所。もちろんこちらは男女別々です。シャワーも付いています。
20120408-20

海岸沿いに建てられた神殿風のオブジェ。階段を上がると海を一望できるようなのですが、この日は風が強かったからなのか、階段にロープが貼られていて、上がることができず残念。。。上に行けたら、さらに気持ちが良いんだろうなぁ~。
20120409-15
(まるで、古代ローマの浴場をテーマにしたコメディ漫画「テルマエ・ロマエ」に出てくるような景色です。「テルマエ・ロマエ」、アニメも面白かったけど、4月28日から映画も公開されるので楽しみ~)


青空の下、海を眺めながら、ほどよい温度の温泉にしばし浸かります。こんなにも開放的な温泉を、我が家2人で貸切状態でした。
20120409-16

石造りの浴槽がいくつかあって、それぞれ微妙に温度が違います。
20120409-17

水着さえあれば、ぷらっと無料で入ることができて、店員さんがいるわけでもなく、時間制限もなく、なんなんでしょうね、この開放感。こんな温泉、初めて入りました。。
20120409-18

温泉を愉しんだ後は、新島港へ。11時30分に出航する「連絡船にしき」という小型の船に乗り、「式根島」へ移動します。この日は波がものすごく高かったので、船が出るかどうか心配でしたが、予定通り出港するとのこと。良かった~^^
20120408-23

とはいえ乗ってみると、左右にざぶんざぶんと、びっくりするくらいの大揺れ。船に乗っても酔わないので平気でしたが、船が苦手な人はこの日の波は辛かったかも・・・。
20120408-21

新島から約10分で式根島に到着。1泊2日の島めぐりの旅、1日目の後半は式根島を周遊し、式根島に宿泊します。後半もまた、ものすごい景色とびっくりする温泉に出会い・・・。続きはまた明日^^
20120408-22


「式根島の旅」に続く)


<島旅アーカイブ>

新島の旅(1)
式根島の旅
新島の旅(2)
新島&式根島の旅 番外編



テーマ: 東京 | ジャンル: 地域情報

式根島の旅 -海へと続く天然温泉- | Home | 世田谷美術館リオープン!「桜まつり」開催。

コメント

島めぐりいいですね。

こんにちは。
旦那様のお誕生日おめでとうございます。
すばらしい思い出になると思います。

プロペラ小型機は乗った経験がありませんが乗り心地
いかがだったでしょうか。ジェット旅客機とは違う飛び方
で味わいもあったのでは(揺れて余裕なかったかも笑)

新島は仕事関係で行ったことがあります。私のほうは
船で行ったので港から上陸しました。
港の岸壁からすぐのところに小さな商店があって
(いまあるかどうか)そこで飲み物を買って休憩
と写真を撮った覚えがあります。
とても懐かしいのでその写真探してみようと思います。

温泉があるのは知りませんでした。ほかのお客さんは
いなかったようでひとりじめの温泉ゆっくりできたので
ないでしょうか。いいですね~~

2012/04/09 (Mon) 10:42 | 茨城パパ #- | URL | 編集
島では温泉三昧でした

茨城パパさん。

こんにちは。コメントとお祝いメッセージをいただき、ありがとうございました。パパさんは、お仕事で新島に行かれたことがあるのですね。船で行く出張、なんだか不思議な気分になりますね~。お仕事だと、あまりゆっくり散策はできなかったかもしれませんが、思い出の写真が見つかるといいですね!

プロペラ機は風でとても揺れましたが、シートは普通の飛行機と同じようなものだったので乗り心地は良く、しばらく景色を楽しみました。が、ずっと起きていたわけではなく、乗り物に乗るとどうしてもすぐに眠くなってしまう習性があるので(^-^;、こんな短時間のフライトでも寝ている時間があり、隣で夫は呆れていました(笑)。

新島には小さな商店はたくさんあったのですが、シーズンオフだからなのか歩いた時間帯が合わなかったのか、空いているお店は本文中で紹介した「牛乳煎餅」のお店しかありませんでした。。。なので、2日目に式根島から新島に戻ってお昼ご飯を食べようと、地図に載っている食べ物屋さんを1軒1軒回ってみたものの、どこも空いておらず、ひたすら歩くこととなってしまいました。。店が開いていないことも予想して、軽くつまめるお菓子などを持ってきていて本当に良かったです。

新島も式根島も、温泉三昧でした。観光客がいなくて、お風呂では地元の方とお話したり、2人で貸し切り状態だったりと、自然の中の温泉をたっぷり満喫してきました(^-^)

2012/04/09 (Mon) 18:28 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集
素敵な旅ですね。

こんばんは。
旦那様のお誕生日おめでとうございます。
そして記念の旅といいうことですがお天気にも恵まれて
またリフレッシュされたことでしょうね。

それにしても海も空も蒼い!!
新島なんて行く機会はなかなかないけど憧れの島でした。
30年位前になりますが『新島カップ』というウインドサーフィンの大会の会場でしたから。

ドイツ製プロペラ機はカッコイイけどスリリングなのは同じですね。私も沖縄の久米島行のプロペラ機では30分ほどのフライトでしたがスリリングを堪能?しました。

旅の続きが楽しみです♪

2012/04/09 (Mon) 23:57 | crayon #MDo56pwE | URL | 編集
マリンスポーツのメッカなのですね~

crayonさん。

こんばんは。コメントとお祝いメッセージをいただき、ありがとうございました。今回の旅は本当に天気が良くて、写真を見返しても海と空の色は、まるで画像ソフトで加工したかのような青さです(もちろん未加工で、まんまこの通りの色でした)。ただ、写真ではなかなか伝わりにくいのですが、ものすごく風が強くて、2人で歩いていても会話するのがやっとなくらい。。よく船も飛行機も動いてくれたなぁという感じです。

新島はマリンスポーツのメッカだということで、ウインドサーフィンの有名な大会も行われていたのですね!!スポーツ万能なcrayonさんが憧れていらしたという新島、マリンスポーツのシーズン真っ盛りの頃はきっと今よりもだいぶ賑やかなのだろうなぁ、と思いました。(行った時は、本当に静かな島だったので・・・)

そして私は、いつか久米島にも行ってみたいです!!同じようにプロペラ機で行くのですね!スリリングだけれども、なんだか妙にワクワクしませんか!?(^^)

旅の続きは、温泉三昧編です(笑)
体験ダイビングの予定がなくなって、すっかり温泉の旅となってしまいました。

2012/04/10 (Tue) 00:57 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントしようと思いながら今になりました

プロペラ機いいですね 私もいつかは乗ってみたいです

大学生のときに 七夕展というのがありまして、「青い空」という詩を書いたのですが(なんと天地人~の地に選ばれました)
プロペラ機が出て来るんですね 書いておいてプロペラ機ってどんななんだろうとずっと思ってました 今回李紗さんのブログからなんかイメージできました☆ありがとうございます
そして 私は2年前の3月にセスナに乗って沖縄那覇空港~沖えらぶに行きました セスナから見た海は本当に海って青いんだな~と思いました とっても鮮やかな青だったのを覚えてます
そして窓から風が入ってくるので話声が聞こえなかったと覚えています
9人乗りで人と荷物の体重を量り乗りました。窓が空いてる初めて乗りました!

帰りは風が強い為になりましたが‥
ただ残念なのはもうセスナは飛んで無いそうなんです 本当残念 乗っておいて良かったなぁと思います

2012/04/29 (Sun) 17:36 | marrie #- | URL | 編集
セスナ機にも乗ってみたくなりました!

marrieさん。

こんにちは。コメントありがとうございます^^
marrieさんはセスナに乗ったことがあるのですね!しかももうそのセスナは飛んでいないということで、貴重な体験でしたね。窓が開いていて風が入ってくるセスナ、きっとスリリングな飛行だったでしょうねぇ。marrieさんのエピソードを読ませていただいて、沖縄の青い青い海がまた見たくなりました。離島もいいですね~。

それにしてもmarrieさん、詩も書かれていらしたのですね。本当に多才でいらしてすごいなぁ~、と思いました。

2012/05/01 (Tue) 12:43 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。