スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「庄内映画村」にて、山形県最後の銭湯「鶴乃湯」を見学。

7月27日(金)。

先週末に行った山形県の旅の続きです。

今回の旅では、夫のリクエストで「鶴岡市立 加茂水族館」を目的地にしていたのですが、私も山形に行ったらぜひとも見に行ってみたい場所があったので、午後から向かってみることに。
20120726-27


「加茂水族館」からクルマで約1時間。到着したのは「鶴乃湯」。
山形県内で、最後に残った銭湯(スーパー銭湯は除く)なのだそうです。
20120726-1


2008年に上映され、数々の賞を受賞した映画「おくりびと」(出演:本木雅弘さん、広末涼子さん、山崎努さん、峰岸徹さん、余貴美子さん、吉行和子さん、笹野高史さん ほか)/監督:滝田洋二郎さん/脚本:小山薫堂さん)のロケ地だったことから、この銭湯のことを知りました。残念ながら、映画公開後の2009年に廃業され、現在はもう営業していないんです。
20120726-26


「おくりびと」の映画を観て、この銭湯がとても印象的だったので、廃業のことを知った時はとても残念でしたし、跡地だけでも良いから見てみたいと思っていました。「加茂水族館」に向かう途中で検索してみたところ、すぐに場所が分かり、現在は鶴岡市羽黒町の「庄内映画村」という場所に移設されていることを知りました。月山の山麓、緑いっぱいの地に東京ドーム20個分(88ha)のオープンセット。村内を移動するための周遊バスも運行されているという、広大な敷地。回りきれるかなぁ~。
20120726-29


「庄内映画村」では「おくりびと」以外にも、綾瀬はるかさん出演の「ICHI」や、香取慎吾さん出演の「座頭市-THE LAST-」、三池崇史監督の「十三人の刺客」「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」、竹中直人さん監督作品、成海璃子さん出演の「山形スクリーム」、豊川悦司さん出演の「必死剣鳥刺し」、森本慎太郎さん出演の「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」、浅丘ルリ子さん、倍賞美津子さん、山本陽子さん、草笛光子さん出演の「デンデラ」など、多くの映画の撮影に使われていたようです。「おくりびと」以外、観ていない作品ばかりだったのですが、今回ロケ地を見学したので、映画も観てみたくなりました。
20120726-28


「鶴乃湯」を再現した銭湯の建物は、「庄内映画村」の入り口に一番近い場所にありました。跡地が残っているだけでも、見ることができるだけでも嬉しかったのですが、中に入ることもできるだなんて、テンション上がりますね~。
20120726-2


木製の靴箱。結構大きなサイズです。
20120726-3


衣類を入れる籠。ロッカーはありませんでした。
20120726-4


浴室に入るためのガラスの引き戸には、馴染み深い銭湯のマーク。
20120726-5


こじんまりとした浴室。カランは、壁の両側のみで島型ではありません。
20120726-6


奥の壁、浴槽の上にはタイルに描かれた背景画。松の木と富士山です。
20120726-7


石鹸箱やタオル、桶、イスも無造作に置かれ、雰囲気が再現されています。
20120726-8

20120726-9


ベビーベッドも木製だったのね。
20120726-10


脱衣所の壁にも背景画。浴室内より大きくて立派な絵。
20120726-11


レコードも置かれていました。
20120726-12


こちらは番台。座卓です。
20120726-13


棚に飾られた若花田の手形のサインや、ぬいぐるみ、人形にも、懐かしさを感じますね。
20120726-14


番台には、ボディソープやシャンプー置かれていました。
20120726-15


実際には仕切られていたとは思いますが、見学用の建物なので、女湯と男湯がそのまま行き来できるようになっていました。
20120726-25


こちらは、男湯の脱衣所。銭湯で良く見かける、瓶の牛乳など飲み物が入った冷蔵庫。
20120726-16


時代を感じる旧型の掃除機。
20120726-17


イスとテーブル、そして将棋盤。
20120726-18


古い雑誌。「おくりびと」に出演された広末さんのグラビアが掲載された「ジャンプ」。
20120726-19


鏡の近くに、20円を入れるボックス。ここに、ドライヤーがつながれていたのかな。
20120726-20


男湯の浴室にも入れます。営業時間は、夜の9時までだったんですね~。
20120726-21


男湯も女湯も、浴槽はとっても深い。お湯の温度はどれくらいだったのかなぁ。熱かったのかぬるかったのか。。ここまで深いと、肩までしっかりお湯に浸かれるし、体の疲れが取れそうですね。そして「ケロリン」の桶が黄色じゃない!半透明のクリーム色でした。浴槽の「壁側」に蛇口が付いていたのは珍しかったなぁ。脱衣所と浴室を出入りする扉の近くにも蛇口が。お掃除用かしら?
20120726-22


脱衣所の絵は男湯の方も立派。右下に「藤田」と書かれたサイン。東京の銭湯のペンキ絵とはまた一味違った、荘厳な絵柄も新鮮です。
20120726-23


天井は木の格子ではなく、薄い一枚板のような感じでしたが(見学用の建物だからなのかしら?)、窓は白い木製の枠に曇りガラスだったので、時代を感じる雰囲気が出ていました。
20120726-24


ということで、銭湯「鶴乃湯」を再現した建物をたっぷりと堪能。
見に来ることができて、良かった~♪


「鶴乃湯」を見学した後は、自然豊かな「庄内映画村」の広い広い敷地内をバスと徒歩でめぐりました。映画の撮影に使われているオープンセットは、テーマパークのような人工的な作りには見えず、風景や小物や建物が、まるで昔からここにそのまま残っているかのような雰囲気がありました。
20120726-31

20120726-34

20120726-33

20120726-38

20120726-36


畑には、実際に作物が植えられていました。
20120726-32


賭場。
20120726-40


漁村。
20120726-39


酒場。そろばんの玉は5つです。
20120726-41


昔ながらの古い建物が大半でしたが、1箇所だけ、ひときわ目立っていた真っ赤なコンクリート小屋は、「山形スクリーム」で使われた「歌って踊れる陽気なお店」。
20120726-30


他にも、冬の豪雪や震災で、崩れてしまった建物もあったようで、崩れたままの状態で残されていました。そして、もうすぐ「おしん」の生家も移設されてるらしいです。子どもの頃見ていた「おしん」、1983年の初放映から30周年だそうで、映画化されるんですね。


閉演時間ギリギリまで見学し、最後は少し駆け足でしたが、全て見て回ることができました。帰り道は、東田川郡三川町にある日帰り温泉施設「いろり火の里 なの花温泉 田田(でんでん)」でひとっ風呂。気持ちの良い温泉でしたが、400円という安さに驚きました。宿泊施設もあるようでしたが、今回の旅は夜行日帰り。丸1日、山形県鶴岡市をたっぷり堪能したドライブ旅行となりました。
20120726-42


旅先でお酒が飲めないこともあって、我が家は飛行機や新幹線、電車を使った旅をすることがほとんどなのですが、たまにはこうした長距離ドライブも、楽しいものですね。我が家のTIIDA、年間で2,000kmちょいしか乗らないないので、年に1度の点検や車検の度に「もう少し走ってださいね~(^^;)」と、日産のディーラーさんからも言われちゃいます。これで少し距離が増えたので、次の点検では言われないかもなぁ?ナンテ(笑)。


でもカーナビは、いよいよ買い替えないとなぁ。。以前、地図が突然表示されなくなったこともあったし、10年くらい前に発売されたものを6年前に譲っていただいたので、今となってはあまりにも地図が古過ぎるんです(笑)。地図上に存在しない新しい道が増えて、海や川の上など道なき道を突き進んでしまうこともしばしば。最短ルートが検索できないのは、さすがにそろそろ限界!!(笑)。クルマの中でテレビは見ないので良いのですが、地デジにも対応していませんしね。お手頃な価格で、かつ地図の精度の良いカーナビってないかなぁ~。

テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

大阪府富田林市で「岡村孝子ソロライブ2012 T's GARDEN」最終日。 | Home | 世界一のクラゲ展示!山形県「鶴岡市立 加茂水族館」。

コメント

温泉巡りの集大成ですね…お疲れ様でした!

こんにちは。
またまたお邪魔します。

「山形道中」の続きも、とても興味深く拝読しました。
特に映画の好きな方には、たまらない空間だったことでしょう。

前回のご報告と併せて、ほぼ日帰りでこれだけ綿密に訪問されたのですね。
お疲れ様でした。

・・・ドライブの少ない理由、良く分かります(笑)
私も同じですから。

2012/07/29 (Sun) 16:00 | あんこーる #MrbaXB1o | URL | 編集
見に行くことができて、良かったです!

あんこーるさん。

こんばんは!梅雨明けバージョンから山形の旅シリーズ、コメントをいただきありがとうございました!!(^o^)/

クラゲ鑑賞の後に立ち寄った「庄内映画村」は、「おくりびと」のロケ地となった銭湯「鶴乃湯」があるということだけを知って、他には何も事前知識なく行ったので、予想以上の広さと、建物や畑や小物の作りの細やかさに驚かされました。

撮影された映画のタイトルや、予告の映像は知っていても、内容をちゃんと見たことはなかったので(CSで頻繁に放送されている映画もあるのに…)、とても興味がわきました。映画や時代劇が好きな方、古い建物や風景が好きな方には、たまらない施設でしょうね!

ところで、あんこーるさんも同じ理由でドライブが少ないんですね!そうでしたか~(*^^*) 3年前のクリスマス忘年会の時のように、またいつかゆっくりしっぽり和やかに、飲み交わす機会があったらいいな~って、思っちゃいました♪


2012/07/30 (Mon) 21:30 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。