スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「綱引いちゃった!」試写会。

11月18日(日)。

金曜日の夜、仕事の後に有楽町駅で夫と待ち合わせをして、映画を見に行ってきました。久しぶりに試写会に応募してみたら、当たったのです。時々映画は見に行くことがあるけれど、試写会を申し込んだのはいつ以来だったかなぁ。(2008年11月に見た「ハッピーフライト」かなぁ)

この日観た映画は、井上真央さん主演の「綱引いちゃった!」という作品。大分県が舞台となっていて、タイトルからも分かる通り「綱引き」が題材とされたストーリーです。映画「舞妓Haaaan!!!」「泣くもんか」を手がけた水田伸生監督と、「フラガール」「パッチギ!」の脚本家 羽原大介さんという組み合わせなので面白いのは間違いないと、観に行く前から思っていました。
20121117-2

20121117-3


<ストーリー>

お堅く真面目な大分市役所広報課・西川千晶(井上真央)は、市長からあまりに知名度の低い大分県のPRをするため、女子綱引きチームを結成せよとの無理難題を課された。とりあえずメンバー集めを試みるのだが、やはり人は集まらず、困った事態に。一方、千晶の母・容子(松坂慶子)の勤め先の市の給食センターが廃止の憂き目にあっており、千晶はその決定を覆すべく一計を案ずる。給食センターの職員を綱引きメンバーにし、全国大会出場まで勝ち抜いたら廃止を取り消すよう市長と取引をしたのだ。そこに集まったメンバーは一癖も二癖もある女性たち。千晶はバラバラのチームをまとめ上げ、全国大会への切符を勝ち取ることができるのか?

・監督:水田伸生
・脚本:羽原大介
・音楽:岩代太郎
・出演:井上真央、玉山鉄二、浅芽陽子、西田尚美、ソニン、渡辺直美、犬山イヌコ、中鉢明子、
    石丸健二郎、佐藤二朗、野間口徹、木南晴夏、綾田俊樹、大川ヒロキ、
    和田正人、齋藤隆成、石塚英彦、笹野高史、風間杜夫、松坂慶子 ほか
・主題歌:DREAMS COME TURUE「愛して笑ってうれしくて涙して」
・公式サイト: http://www.tsunahiki.jp/
・2012年11月23日よりロードショー



たくさん笑って、ちょっぴりほろりとして。難しいことは何も考えず、安心して見ることのできる映画です。非常にオーソドックスなストーリーなので、「こんなどんでん返しがあったとは!」という驚きや、「今までに見たこともないような展開!」といった新鮮さを求めるのではなく、しばし日常の時間を忘れて平和に映画を楽しむことができる、女性の群像コメディ。短すぎず長すぎず、約2時間の上映時間はちょうど良かったです。

それにしても「綱引き」って、競技人口はどれくらいなんだろう?綱は素手で持つんだなぁ(粉は付けるけど)。グローブも何もはめないと痛いだろうなぁとか、腰に巻いているベルトにはどんな効果があるのかなぁ?とか、滑らないようにできている綱引き専用のシューズって、スポーツショップに売っているのかなぁ?などなど、「スポーツ」としての部分にも興味が沸きました。1チームが8人ということも、この映画で初めて知りましたが、団体競技って本当にチームワークが大事ですよね。。私も先日、5人チームで走る競技に参加しましたが、短期間で心を1つにするって本当に大変。でもやっぱり、終わってみると仲間意識が生まれるものですね。ユニフォームが届くのも嬉しかったり。最近の出来事だったので、そういう部分も重ねて見ているところがありました。

純粋に「楽しむ」ことができる映画って、娯楽の醍醐味だなぁ。願わくば、もう少し「大分県」の風景をたくさん見ることができたら良かったかなぁ。「大分ならでは」の場面があったら、「旅気分」も味わうこともできたかもしれないですね。いつか行ってみたいなぁ、大分県^^


さて、11月も間もなく下旬。有楽町も、クリスマスのイルミネーションが始まりました。
20121117-1

テーマ: 邦画 | ジャンル: 映画

浅草の「むつみ」で秋味の釜めし。 | Home | 防災無線からの出会い。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。