スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

延岡市の「すみえファミリー水族館」と、宮崎市の「フェニックス自然動物園」。

3月8日(金)。

2月21日(木)~24日(日)の3泊4日で旅をした宮崎鹿児島
6回に渡り綴っていく旅の記録。3回目の「グルメ編」に続いて、4回目は「観光編」です。

まず初めに行った場所では、にゃんこのお出迎え。
偶然にもこの日は、2月22日。「猫の日」でした^^
20130307-1

我が家の乗ってきたレンタカーの下に、もぐろうとしております。
20130307-2

「足もと注意」、うむ確かに・・・。ここの看板猫ちゃんなのかしらね。
20130307-3

ここは、宮崎県延岡市の「須美江家族旅行村」にある「すみえファミリー水族館」
20130307-4

平日の午前中ということもあり、お客さんは私たち2人だけだったので、じっくりゆっくり、お魚さんたちを見ることができました。
20130307-5

こちらは「カクレクマノミ」。水族館に行くと、よく見かけます。とあるアニメーション映画で有名になったこのお魚さん、その映画のモチーフとなったのは、この「カクレクマノミ」ではなく、見た目がそっくりな「クラウンアネモネフィッシュ」なのだそうですね。(ちなみに私は、そのキャラクターの絵は見たことがあるものの、映画自体は観たことがないのよね・・・)
20130307-6

「トラウツボ」。なんだかゴージャスな模様と愛嬌のあるお顔です。全長90cm。
20130307-7

「ニセゴイシウツボ」。なかなか、水槽の中の壺に篭って出てこなかったのだけれど、にゅるっと出てきたところを、ぱちり。全長180cm、長い~!体に布をまとっているような模様でした。
20130307-8

今回、私が最も心惹かれたれたのは、この子たち。「キジハタ」(左側の大きい方)と、「ゴンズイ」(右側の小さい方)のコラボです。今まで行った他の水族館では、ゴンズイは群れになってすばしこく動いていたような気がしたのだけれど、ここの水槽では、狭い岩穴の中から「俺も!俺も!!」みたいな感じで顔だけ出して(笑)、口をパクパクさせていて、とにかくこの自己主張ぶり(?)の画が、妙に面白くて気に入ってしまったのでした^^ ゴンズイたちに全く動じないキジハタの落ち着きっぷりがまた良くてね。なんなんだ、この不思議な構図は。この水槽に見入ってしまって、なかなか先に進めず、その先の水槽を見てもまたここに戻ってきてしまうという、なんとも和める水槽でした。
20130307-9

他にも色々なお魚さんや大きなヒトデなどを見て回り、最後に「延岡の海や川のふしぎな世界をのぞいてみよう」という映像のコーナーで、「少年とイルカの海体験記 聞こえてきます 海からのメッセージ ~延岡に住む 魚たち~」というドラマ仕立てのお魚紹介ビデオを視聴しました。思った以上に凝った構成とストーリーで、面白かったなぁ~。ちなみに、「延岡(のべおか)」のイントネーションって、私たちは「の(→)べ(→)お(→)か(→)」と言っていたのだけれど、地元では「の(↓)べ(↑)お(↓)か(↓)」と言うんですね。それを知ってから、そのように発音するようにしました。(文字だと伝わりにくいかもしれないけど)
20130307-10

こじんまりとした水族館でしたが、見どころは満載。約2時間、たっぷり堪能しました♪


続いてやってきたのは、こちら。「宮崎市フェニックス自然動物園」。フェニックス・シーガイア・リゾートに隣接した場所にあります。
20130307-11

敷地の大半は動物展示ゾーンですが、遊園地ゾーンもありました。
20130307-12

めっちゃ、カメラ目線のシカさん。
20130307-13

寝ているんでしょうかね~、笑っているようにも見えますね。
20130307-14

“女の子座り”なキリンさん。へぇ~、こんな風に座ったりもするんだなぁ。
20130307-15

シマウマさん。この模様を見ると、どうしても「キン肉マンゼブラ」を思い出してしまう。。。(笑) ちょうどここ最近、CS放送で撮り貯めた「キン肉星王位争奪編」を見ているからかなぁ。
20130307-16

ヤギさん。どんな話しているんでしょうかね~。まるで、湯船に浸かりながら世間話をしている、銭湯でのひとコマみたい。
20130307-17

なんとなく、身近にいそうな雰囲気の子。キリっとした顔立ちですね。
20130307-18

顔だけ黒いヒツジさんは「サフォーク」。サフォークの町、北海道の士別を思い出すなぁ。
20130307-19

クリッとした、つぶらな瞳の子たち。
20130307-20

鳥さんも多かったなぁ。。。近くに寄るのはちょっとニガテでして。。。でも、アオボウシインコの「ティファニー」ちゃんは、上手にしゃべってたなぁ。
20130307-21

「フライングフラミンゴショー」というイベントも行われ、立派な設備のステージがありました。
20130307-22

お姉さんが手を掲げる合図で、フラミンゴさんたちが皆同じ方を向いて整然と歩きます。どうやったら、こんな風に統制が取れるのでしょうか。お見事なショーでした。
20130307-23

鳥はニガテですが、ペンギンさんは好きです。スローモーな動きで、見ているとのんびり和めます。ここの「ケープペンギン」たちは、土に掘った穴の中にいたり、陸の上にいることが多かったなぁ。
20130307-24

水の中にはちょっと入っただけで、すぐに出てきてしまいました。これでは「カラスの行水」ならぬ、「ペンギンの行水」ですね。この写真も、ちょっと泳ぐのを躊躇しているようにも見えるし。
20130307-25

2人並んで歩いて、なにやらボヤキ合っているような、そんな雰囲気(笑)。
20130307-26

「ヤギの大行進」が始まるというので、待機していたら、
20130307-28

ものすごいスピードであっという間に走り去っていきました(笑)。こんなに早いのか~!スタンバっていたのに、後姿しか、撮れませんでした(笑)。
20130307-29

午後から閉園時間ギリギリまで、広い動物園をぐるりと歩き、
20130307-27

キレイな夕焼けを見ながら、宮崎から鹿児島に移動しました。
20130307-30

翌日の鹿児島では、野球観戦がメインだったので、ほとんど観光はしなかったのですが、朝イチで「鹿児島市立美術館」に立ち寄り。西洋美術と日本美術の作品が多数展示された所蔵品展と、「木脇啓四郎(きのわきけいしろう) 描く-幕末・明治の薩摩藩文化官僚の画業-」という企画展を見てきました。
20130307-31

美術館のお隣には、「西郷隆盛像」。東京の上野公園にある西郷さんとは、顔や体格や服装がだいぶ違うんですねぇ。
20130307-32


う~ん、宮崎も鹿児島も広すぎて、1回ではほんの少しのエリアしか見ることができませんね。ほかにも行ってみたい場所がたくさんあるので(宮崎・鹿児島だけでなく、九州は行ってみたいところがいっぱい!)、また来たいなぁ~と思っています。


<オマケ> 観光地ではありませんが・・・

延岡で、水族館に向かう道の途中。見たことのある景色を通り過ぎたので、「あ!ここだったんだ!!」と思って、クルマで引き返した場所が、コチラ。ビニールハウスのプール「東海(とうみ)スイミングクラブ」です。昨年のロンドン五輪の競泳、200mバタフライで銅メダル、男子400mメドレーリレーで銀メダルを獲得した、松田丈志選手の練習拠点の前を、偶然通りかかったのでした。この風景はテレビで見たことがあったので、すぐに分かりました。
20130307-33

「(北島)康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」という名言が印象的でしたよね。この場所から、メダリストが生まれたんだなぁ~。
20130307-34


次回は、宮崎&鹿児島の銭湯編をアップします^^

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 | ジャンル: 地域情報

宮崎の銭湯「丸か湯」「喜楽湯」と、鹿児島の銭湯「みょうばん温泉」「温泉 平佐城」。 | Home | 宮崎のチキン南蛮&宮崎牛と、鹿児島の黒豚料理。

コメント

心休まるお写真でした

クリコさん

たびたび失礼致します。私も大好きな動物たちを,とても活き活きと写されていたので思わず書いてしまいました。

水槽写真,相変わらず透明感あふれるすばらしい描写で,脱帽です!身を寄せ合ったキジハタとゴンズイ,体が密着して安心感があるのでしょうかね?普段見るゴンズイは,ゴンズイ玉というくらい密集して遊泳してるので,満員電車みたいなのが好きなのかもね(私は苦手です・・・・)。それに,このヒトデはすごいね。オオフトトゲヒトデという世界最大級のヒトデで,成長するとマンホールの蓋くらいの大きさになるのですよ。私も水族館巡りしますが,飼育されているのを見るのは初めてです(感動)。

動物園で,寝てるような,笑ってるような動物はどなたでしょう?アルパカに似てるけど,ちょっと違うなぁ。とっても可愛いですね。

何かと忙しい毎日ですが,心の中に爽やかな一筋の風が吹き抜けた,そんな感じのする心休まるお写真をありがとうございました!

2013/03/08 (Fri) 22:35 | 海に輝く星 #Z3Uyb/tg | URL | 編集
お魚さんと動物たちを見て、和んできました^^

海に輝く星さん。

こんにちは。コメントをいただき、ありがとうございました。
お忙しい毎日のようですね。そんな中、「心の中に爽やかな一筋の風が吹き抜けた,そんな感じのする心休まるお写真」というお言葉をいただけて、いつも自分がほっと感じる写真ばかり並べていたので(←だから食べ物ばかりなんですよね(^^;))、素直に嬉しかったです。「ほっと!ぐらふ」という名前のブログやっていて、良かったなぁ~と思いました。ありがとうございました。

さてさて、まずは水槽写真。ゴンズイは他の水族館で見たことがあったのですが、こちらの水族館で見た妙な構図は、目を引きました。なんでこんな狭い岩の中に、みんなで入っているんだ~!??と、笑っちゃいました^^

とても大きなヒトデ、「オオフトトゲヒトデ」ですね。マンホールくらいの大きさに成長するんですね!(驚) ブログにはアップしていない写真を見返してみたのですが、壁に「特別展示 オオフトトゲヒトデ(Thromidia catalai)」と表示が貼られていて、その解説では「夜間に活発に活動し、分速1.5mで移動したという記録もある」と書かれていて、びっくりしました。ちなみにこのヒトデは、延岡市安井町沖で、イセエビ漁の網にかかったのだとか。捕獲した漁師さんも初めて見たそうですよ。

水槽越しに、ヒトデの「裏側」を見たのは初めてのことでした。えのき茸のような、いや、ムーミンに出てくる「ニョロニョロ」のような(笑)、小さな吸盤(?)のようなヒラヒラが、水に揺れていました。

動物園の「寝てるような,笑ってるような動物」は、「ラマ」です。
この表情、私もとっても和みました^^ アルパカにも似ていますよね~^^ 

2013/03/09 (Sat) 16:18 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。