スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎の銭湯「丸か湯」「喜楽湯」と、鹿児島の銭湯「みょうばん温泉」「温泉 平佐城」。

3月9日(土)。

2月21日(木)~24日(日)の3泊4日で旅をした宮崎鹿児島。6回に渡り綴っていく旅の記録。3回目の「グルメ編」、4回目の「観光編」に続いて、5回目は「銭湯編」です。

延岡市には銭湯が2つあり、この2つのお風呂屋さんは至近距離にあるので、滅多に来ることのない地なのでハシゴをしようと思っていました。ところが1軒目「丸か湯」さんに行ってみると…お休み!近所のおばあちゃんも、入口の前まで来てお休みということを知って、残念そうにしていました。そのおばあちゃんから、「ヘルストピア延岡」という温浴施設があることを教えていただきました。おばあちゃん、ご親切にありがとう!ネット検索してみると、温泉、レストラン、温水プールなどがある場所のようで。気にはなったけれど、ここはやっぱり、地元の銭湯に行きたいなぁという思いがあり、2軒目の銭湯へ移動。
20130309-1

■丸か湯

住所:宮崎県延岡市北小路7-3(延岡駅から徒歩約10分)
TEL :0982-32-4790


「丸か湯」さんから歩いて行くこともできるほどの距離にある「喜楽湯」さん。見るからにレトロ~な雰囲気です。どれくらい前に、できたんだろうなぁ。この銭湯も、先ほどの「丸か湯」さんと同様で、男湯と女湯の入口が別々にある、番台銭湯でした。入浴料は350円。江戸の銭湯より100円も安い!今までに入った都道府県の銭湯の中で、一番安い入浴料だったかもなぁ。
20130309-2

入った時は、地元のおばあちゃん2人がいて、湯船につかりながら少しおしゃべりをしました。主には、延岡から大分へのクルマでの移動についてや、クルマは運転しないほうがいいわ~というお話。おばあちゃんがあがってからは私1人で、上がった後もお客さんは来ませんでした。番台の方とも少しお話をして、写真も撮らせていただいちゃいました。
20130309-3

浴場の中央に丸型の浴槽が1つ。奥にある小さな浴槽には、お湯は張られていませんでした。
20130309-4

銭湯でよく見かける黄色いケロリンではなく、赤い洗面器。
20130309-5

壁には地元商店の広告が並びます。そして、「全国浴場組合」のマーク。このマークやポスターは全国共通だから、どの銭湯に行っても見ることができるのよね。カランはこの壁側のみでした。
20130309-6

脱衣所には、木製のロッカー。でもたいていの銭湯にはロッカーの他に籠があり、この籠の中に衣服を入れます。物騒な世の中とはいえ、番台も脱衣所側を向いていますしね。「おかま」のドライヤー(かぶるタイプのもの)がありましたが、番台の近くにある普通のドライヤーを利用しました。この銭湯の近くにある居酒屋さんがまた魅力的でねェ・・・風呂上がりに1杯!といきたいところでしたが、クルマだったのでそのまま宿に向かいました。
20130309-7

■喜楽湯

住所:宮崎県延岡市本町1丁目3-7(延岡駅から徒歩約17分)
TEL :0982-32-4712


続いて鹿児島。宿の最寄りは鹿児島中央駅。今回の旅では全く鉄道を使わなかったので、どんな駅だったのか見ることができずちょっと残念でした。新しい駅なのかな、大きくてキレイな駅舎でした。
20130309-8

駅の近くに見えた観覧車。なんで駅前に観覧車!?何があるのかは突き止められず、今もって謎のまま(笑)。
20130309-9

鹿児島中央駅から歩いていくことのできる銭湯「みょうばん温泉」さん。
20130309-10

1Fが公衆温泉です。2Fに家族風呂と岩盤浴、3Fに温泉サウナがあるようです。今回は1Fの公衆温泉に入りました。入口は男女同じでしたが、番台があり、その先から男湯と女湯に分かれます。入浴料は390円。お隣の宮崎県とは、40円違うんですね。
20130309-11

全国紙にも紹介されたと紹介されていましたが、こちらの銭湯のすごいところは、浴室の中央にある円形の浴槽。大・中・小と3つの浴槽が連なり、源泉に近い浴槽からだんだんと温度が下がっていくのです。温度計はありませんでしたが、体感温度としては源泉に一番近い大きな浴槽はおそらく47度くらい。そのお隣の中型の浴槽は45度くらい。そして小さな浴槽は42度くらいではないかなぁ。泉質は、炭酸水素塩泉でした。
20130309-12

■みょうばん温泉

住所:鹿児島県鹿児島市武1-9-9
TEL :099-254-5563


続いて鹿児島でもう1軒。薩摩川内市にある「温泉 平佐城」さん。宿泊もできる温泉施設のようです。
20130309-13

正面玄関の前には「温泉発掘記念碑」と書かれた大きな石が置かれていました。
20130309-14

記念碑の裏面の文字を読むと、どうやら昭和51年に完成した温泉とのこと。
20130309-15

公衆浴場の入口は正面玄関から少し離れたところにある小さな扉。朝6時30分から夜は23時まで営業しているようです。浴室にはカランがほとんど埋まっているほどお客さんがいっぱいました。カランは壁際にいくつか並んでいるものと中央に四面。壁際に浴槽があり、今までに入ったことのあるようなオーソドックスな造りの銭湯で、妙に落ち着きました。温度も熱すぎずぬるすぎず、ちょうど良かったなぁ。
20130309-16

鹿児島には銭湯や温泉がたくさんあるので、とても魅力的な県です。銭湯情報が紹介されたウェブサイト「かごしま温泉郷」も分かりやすくまとまっていて、銭湯好きにはたまらないエリアでした~♪

■温泉 平佐城

住所:鹿児島県薩摩川内市平佐町2228-1
TEL :0996-22-6731


次回、宮崎県西都市の思い出編が、6回シリーズの最終回となります。
旅から帰ってきてちょうど2週間、ようやくまとまりました^^

テーマ: 九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 | ジャンル: 地域情報

西都キャンプの思い出 さいと温泉&西都原古墳郡。 | Home | 延岡市の「すみえファミリー水族館」と、宮崎市の「フェニックス自然動物園」。

コメント

九州は温泉天国!!

こんにちは、汐入日本人です。

プロ野球のキャンプを追いかけて遥々九州へ!
本当にお疲れ様でした。心身のリフレッシュを促すのにはやはり温泉、銭湯が欠かせませんね。九州はその気候故か開放的でのんびりとした雰囲気の温泉、銭湯が多いように感じます。今もって噴火している火山も抱えて当然、温泉も本格的で、温泉マニアにも通用する名立たる温泉が目白押しですね。数年前に鹿児島の指宿温泉の砂風呂に入った時は入湯前に描いていた自分のイメージとは違い、絶対再訪したいと心に誓って帰途に就いた思い出もあります。東京からはなかなか遠くて、クルマでひょいと行ける場所でもないので、一旦行くとつい、あちこち廻りたくなってしまいますね!今回の各レポートも自分が行ったのと同じような感覚で、拝読させていただきました。また楽しいレポートを心待ちにしております!!

2013/03/11 (Mon) 12:31 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
旅先での銭湯&温泉は、欠かせませんね!

汐入日本人さん。

こんばんは。コメントをいただきありがとうございます!
プロ野球キャンプの旅、今年は沖縄ではなく宮崎に行きましたが、静かな場所が多くて人も少なくて、ゆったりと過ごすことができました。

旅に出るといつもグルメとともに、銭湯や温泉も楽しみにしているのですが、今回行った鹿児島は、とにかく数が多くて、とてもとても回りきれそうもないですね。指宿温泉にも、いつかは必ず行きたいと思っている場所です。ちなみに、関東にある温泉施設では砂風呂に入ったことがあるのですが、汐入さんのコメントを読ませていただくと、指宿温泉の砂風呂は、入湯前に描いていたイメージとは違っていたということで、しかも再訪したいと思えるほどに良かったということですね。まさに、本場に行って体感してみなければわからない場所、一層興味が増しました。

東京都内の銭湯お遍路も、ゆっくりペースで継続していますが、旅先での入浴も続けて行きますので、また楽しみにしていてくださいね。汐入さんオススメの銭湯&温泉がありましたら、ぜひ教えてください^^

(ちなみに、少し先のことではありますが、今年の夏休みは秋田に行く予定にしています。汐入さんとtakaさんが行かれた“アノ”温泉にぜひとも行ってみたいと思い、計画を立てています)


2013/03/14 (Thu) 01:37 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。