スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県の旅(1) のとじま水族館。

1月19日(日)。

今朝、北陸の旅から帰ってきました。
今年初の我が家の旅は、車中2泊・現地滞在13時間という“プチ弾丸ツアー”です。

夜行バスで金曜日の夜22:00頃に東京を出発し、土曜日の朝7:30に到着しました。「目が覚めたら、そこは雪国だった」的な雪景色を想像していたのだけれど、雪は全く降っていなかった。降っていないどころか、解けた雪が道に残っているということもなく、今回の旅に備えてかなり厚着をしてきた私はちょっぴり拍子抜け。。
20140119-1

着いた場所は、石川県七尾市の和倉温泉駅前。もちろん温泉には入る予定ですが、それはこの旅の最後に。まずは、夜行バスから路線バスに乗り換えて、最初の目的地に向かいます。
20140119-2
(それにしても、薄い信号機!)

最初の行き先は、のとじま臨海公園にある「のとじま水族館」。予定通り7:43の始発の路線バスに乗れました。この時間を逃すと次に来るのは9:38なので、夜行バスが時間通りに到着して良かった~。
20140119-3

水族館の開館は9時なので、さすがに始発のバスに乗っている人はいませんでした(^^;
20140119-4

能登島大橋を渡った辺りで、雲間から太陽が見えてきた~
20140119-5

和倉温泉駅から「のとじま水族館」まで約30分で到着。開館前なので、もちろんまだ静か。
20140119-6

ここは石川県唯一の水族館だそうで、ジンベエザメを見ることができます。
20140119-7

1つひとつの建物はこじんまりとしているけれど、見どころはいっぱい!
20140119-8

開館まで45分ほど時間があるので、少し辺りを散策してみることに。まずは、食堂街を下見(笑)。
20140119-9

いいね~~、こういう感じ!子どもの頃に行った遊園地みたいな。手前のお店の「そフトクリーム」という文字が妙にツボにハマる。。。なぜに「そ」だけひらがな!?(笑) こういうのがイイ。
20140119-10

で、いつの間にか夫が駅の売店で買っておいてくれたおにぎりを朝ご飯に食べつつ、ちょっぴりうたた寝もしつつ(寒いところでも寝てしまう...)、9時オープンに館内に入る2人。まずは最初の建物「ジンベエザメ館 青の世界」から。
20140119-11

ものすごーーく大きな水槽。写真では全体を写すことはできませんが、とにかく大きい!そして、青い!
20140119-13

いたいた!ジンベエザメ!背びれの後ろ側が滑らかな方が七尾市大泊沖から来た「オトベエ(オス)」で、背びれの後ろがギザギザになっている方が志賀町百浦沖から来た「モモベエ(オス)」だそうです。見分け方が書いてあったけれど、動いているし、パッと見では分からなかったな~。
20140119-12

大きな円形の水槽の周りをゆっくり歩きながら、ふと下の方を見ると。。。ぬぬぬ!コタツ!?
20140119-14

なんと、水槽の前にコタツが2つ置いてありました。コタツ・・・と言っても電源が入って温かくなっているわけではありませんでしたが、靴を脱いでちょっぴり入ってみることに。(若干、温まった時のニオイとか大丈夫かしら???とか気になったりしたけど、全くもって中は無臭でした..^^; ホッ) 確かに、まったりとコタツに入りながら、のんびりぼんやり水槽を眺めることができるって、良い演出ですね~♪
20140119-15

ちなみに、ジンベエザメの水槽はこんなにも分厚いアクリルガラス!手入れやお掃除も大変なことと思います。素敵な青の世界を見に来ることができて、良かったです。
20140119-16

続いて入ったのは本館。
20140119-17

さかなクンのイラストが飾ってありました。2012年7月に「魚ギョ講座」というものがあったようで、その年に開館30周年だったのですね~。
20140119-20

本館に入ると、「のとじま水族館神社」と書かれた真っ赤な鳥居が。
20140119-18

2014年は午年ということで「馬面剥(ウマヅラハギ)」という魚が展示されていました。フグの仲間だそうですが、近い仲間の「カワハギ」に比べて頭部が長いので「馬面」という名前がついたのだとか。魚なのに馬とは・・・
20140119-19

ふれあい水槽でヒトデに触ったり、元気に動き回るカワウソたちを見たり、約1万匹のマイワシの群れを見たり。どのコーナーも面白くて見るところがいっぱいで、果たして予定時間内に全て回りきれるのかどうか、、、
20140119-21

そうこうしているうちに、10時からの「イルカ・アシカショー」が始まるアナウンス。室内でショーが行われるということで、「イルカトレーニングセンター」に行ってみると、お客さんは私たち2人だけ。こんなに面白いショーなのに、お客さんが他にいないなんてもったいない~!朝1回目の回だったからかなぁ。
20140119-22

アシカくんもイルカくんも、スゴイ技をたくさん披露してくれました。
20140119-23

ショーが終わった後、イルカとのふれあいプールにも参加し、背中やお腹を触らせていただき、餌やりもさせていただきました。初めて触ったお腹は、なんだか茄子みたいな感触^^
20140119-24

歯もいっぱいあるけれど、餌は口の中に入れてすぐ丸飲み。触らせてくれて、ありがとうね。
20140119-25

その後、アザラシくんの背中にも触りました。
20140119-27


ここでちょっと、ひと休み。。。
20140119-26


その後も、のんびり歩きながら、魚やイルカやラッコを見て回り、
20140119-28

すっかり青の世界に魅了されました~。
20140119-29

最後は、ユラユラとたゆたうクラゲ。
20140119-30

いやはや、能登の生き物たちは元気でした。いい所だね~。ペンギンくん、バイバ~イ。
20140119-31

戻る前に、開館前に下見をした食堂街へ。何か温かいものを食べよう!
20140119-32

そうそう!こういうラーメン!ごくごく普通の中華そばが食べたかったのよね~。なんだか懐かしいなぁ、ラーメンの素朴な味も、テーブルに置いてある丸い形の「星座占い器」も(笑)。昔、レストランとかによく置いてあったな~。100円を入れると占いの結果が紙で出てくるやつね。さすがに、やらなかったけれど(^^;
20140119-33


13:50に、のとじま臨海公園から再び路線バスに乗り、和倉温泉駅へ戻ります。
午後~夜は、ちょっぴり鉄道&北陸のグルメ、そして最後に温泉へ。滞在時間は残り7時間。

次回につづく。

テーマ: 水族館・動物園・美術館・博物館など | ジャンル: 地域情報

石川県の旅(2) のと鉄道でぶらり、穴水で能登丼と和倉温泉。 | Home | 休日最後に、初詣。

コメント

今年の旅も、パワフルですね(^^)

こんばんは。
石川県の旅レポ、楽しく読ませていただきました。
これだけ豊富な内容で、まだ<前編>なんですよね(驚)

ほぼ同じ時期に、私は岩手を訪ねましたが、時節柄、夜行バスは(あらゆる事故の回避のため)断念。朝の新幹線で現地に向かいました。

ただ、やはり時間のロスは否めず「勇気を出して、夜行バスを使えば良かったかも…」と帰京後の一番の反省点になりました。

弾丸ツアーを実行する若さが欲しい、と感じつつ(笑)・・・<後編>もお待ちしています(あくまでも、お仕事優先で。春頃のアップでも構いませんから…)

2014/01/31 (Fri) 22:05 | あんこーる #MrbaXB1o | URL | 編集
弾丸ツアー、夜行バス往復の旅はさすがに疲労しますね...(^^;

あんこーるさん。

こんばんは!コメントをいただき、ありがとうございました。

この旅をしている頃、あんこーるさんは岩手県に行かれていたのですね。冬の時期の移動は雪の心配もあるので、クルマより新幹線の方が安心ですね。

往復夜行バスの弾丸ツアーは、朝イチから現地で活動できるので、時間を有効に使えるという点はとても良いのですが、ゆったりシートとはいえ、さすがにやはり疲れますね...(笑)。

前編の続きは、鉄&食&湯の後編をアップする予定でいます~

・・・って、石川県の旅からもう2週間経ってしまいましたが、2週間後は南国、沖縄の旅が待っている~!今年も毎年恒例のプロ野球キャンプ旅行を計画しています(^^)

2014/02/02 (Sun) 23:13 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。