スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県の旅(2) のと鉄道でぶらり、穴水で能登丼と和倉温泉。

2月2日(日)。

2週間前に行った石川県の旅、後編。
午前中からお昼まで「のとじま水族館」で過ごし、再び路線バスに乗って和倉温泉駅に戻ってきました。
20140202-1

地図で見ると和倉温泉駅の場所はこのあたり。石川県には、大学生の頃に金沢(兼六園)に行ったことがありましたが、能登半島側の七尾市に来たのは今回が初めて。南北に長い県なのですね~。
20140202-2

和倉温泉駅はJRも走っていますが、今回の旅では「のと鉄道」に乗ります。
20140202-3

特急はくたかや、サンダーバードなども停まる駅のようですが、、
20140202-4

1両編成の「のと鉄道」でのんびりゴトゴト穴水方面へ。
20140202-5

午後3時台、この時間の車内は制服を着た学生さんで混雑していました。
20140202-6

降り立ったのは、和倉温泉から3つ目の「能登中島駅」。
20140202-7

跨線橋の階段を上って降りて、向かい側のホームへ回ると・・・
20140202-8

何やら不思議な形の車両が停まっておりまして。
20140202-9

窓には郵便のマーク、扉には錠が掛かっているこの列車は、「オユ10 2565」という鉄道郵便車だそうです。
20140202-10

中に入ることはできませんが、外から窓の中を覗いてみると…車内にポストが!うまく写真が撮れなかったけれど、郵便物を仕分ける棚も見えました。
20140202-11

ホームの待合室も、なんだか味があるな~。木製のベンチが懐かしい。
20140202-12

車体は修繕されたばかりだったようで、ピカピカでキレイでした。
20140202-13

ホームの反対側から見ると、こんな感じ。
20140202-14

能登中島駅は無人駅でした。我が家2人以外にお客さんはいません・・・。
20140202-15

ひとしきり「オユ10」の写真を撮り、牡蠣が食べられるお店を探そうと駅を出てみると、「能登かき街道」と書かれた幟を発見!歩いて3分くらいの場所にある「特産品直売所 のとちゃん」というお店でした。
20140202-16

焼き牡蠣5個で500円!!お持ち帰りは・・・さすがにできないけれど、12個で1,000円。
20140202-17

焼き牡蠣5個をオーダーし、店内へ。火で焼くタイプと、レンジで温めて食べるタイプのどちらかを選ぶことができるようです。
20140202-18

食べ終わったらまた駅に戻って次に来る穴水行きの列車に乗らねばならず、残り時間は約20分。ということで、「レンジで7分」の方でお願いしました。
20140202-19

軍手をはめて、ナイフで殻の蓋を一生懸命開けると、、、レンジでも中はアツアツ~!!!潮の香りがする♪ 黙々と2人で5個、あっという間に完食しました。もっと食べたかったなぁ~。美味しかった♪
20140202-20

16時を過ぎるとだんだん空が薄暗くなり、駅に戻る頃にはうっすらと雪が降り始めていました。
20140202-21

再びのと鉄道に乗って、次に向かった先は終点の穴水駅。途中、車内の電気を消灯し徐行運転され、トンネル内のイルミネーションを見ることができるという演出も。
20140202-22

穴水駅に到着して迎えてくれたのは・・・大相撲の力士、遠藤関!!!まだ髷も結えないくらいスピード出世をしている遠藤関は、穴水の出身だったのですね。駅に等身大パネルが置かれていました。穴水というと、私の中では元幕内の「大翔山」のイメージが強いなぁ。私が高校生の頃だったか、優勝争いしていた場所があって(当時の横綱は曙だったかな)、その時に度々ニュースで「穴水」が紹介されて、穴水という場所を知ったのです。懐かしいね。旅の地で知った遠藤関のふるさと。これから応援しようっと。
20140202-23

穴水でどうしても行きたかった場所は、こちらのお店。「幸(こう)寿し」さん。穴水駅から徒歩1分の場所にあります。
20140202-24

能登に来たからには、やっぱり海の幸を堪能しなくちゃね!
20140202-25

店内のテレビでは大相撲中継が流れ、壁には遠藤関のサイン。さすが穴水です。お店のご主人とも、相撲の話をしました。しかもご主人、前日まで東京に行っていたらしく、話しの流れから相撲を見に行っていたのかと思ったら、東京ドームで開催されていた「ふるさとまつり東京2014」に出店されていたようで。このイベントには3年前に行ったことがありましたが、その時も能登の焼き牡蠣を食べたっけな~。
20140202-26

こちらのお店でいただいたのは「能登丼」(3,800円)。なぜここに来たかったかというと、我が家で毎週録画をして見ている大好きな番組「おにぎりあたためますか」(北海道テレビ(HTB)、テレ朝チャンネル、tvkなどで放送中)で紹介され、「豚一家」の3人(大泉洋さん・戸次重幸さん・佐藤麻美アナウンサー)が訪れたということで、ぜひとも行ってみたかったのです。(2011年10月4日の回)。
20140202-27

ちなみに能登丼には、以下のような定義があるようです。
 ・奥能登産のコシヒカリ(米)使用
 ・奥能登の水を使用
 ・メイン食材に地場でとれた旬の魚介類、能登で育まれた肉類・野菜又は地元産の伝統保存食を使用
 ・能登産の器・箸を使用し、箸はお客様にプレゼント!
 ・健康、長寿、ヘルシーにこだわること。
 ・オリジナリティあふれる丼であること。
 ・奥能登内で調理し、提供すること。
20140202-28

ご飯の上に能登産の魚介類がたっぷりのった能登丼。めちゃくちゃ美味しかったです。くちこ、このわたも美味しかった~。この味は、お酒が飲みたくなっちゃいますね。この後温泉に入るので、お酒は頼んでいませんでしたが、、

「松波ゆず子」という日本酒をいただきました♪能登生まれの、柚子味の日本酒です。フルーティで飲みやすい^^お料理もお酒も美味しかったです。ごちそうさまでした。
20140202-29

大相撲の結びの一番を見る前に幸寿しさんを後にし、穴水駅からまたのと線に乗って和倉温泉に戻りました。最後の目的地はもちろん温泉!和倉温泉という名の地なので、温泉はたくさんあるようです。今回の旅で向かったのは「和倉温泉 総湯」。開湯から1200年の歴史がある温泉だそうです。随分立派な建物ですが・・・入浴料は420円!安い。
20140202-30

昭和の時代には、私好みな町の銭湯のような佇まいだったようで。
20140202-31

さらに歴史をさかのぼると、こんな感じの建物だった時代もあったようです。玄関の外に、歴史を紹介するパネル写真が飾られていました。
20140202-32

外には足湯も。温泉たまごも作ることができるようです。美味しいんだろうなぁ~。
20140202-33

ちなみにこちらの温泉は飲むこともできるようで、浴室内にもコップが置いてありました。一応飲んでみましたが、しょっぱかった!(><)
20140202-34

温泉から上がると、雪はさらに強まっていました。でも不思議と、そんなに寒くない。湯上りなのでポカポカです。
20140202-35

お風呂上りには、やっぱりビール!お土産屋さんで、「金沢百万石BEER」というきらびやかな缶の地ビールを買って、プシュッ!プハ~^^ これで旅もおしまいです。20:50和倉温泉発の夜行バスで、東京に帰りました。翌朝6時半に新宿に戻りました。
20140202-36


車中2泊、現地滞在13時間。移動が長くて翌日まで疲労が残ってしまうけれど(^^;、新幹線や飛行機より安く遠出ができて、1日だけで早朝から夜まで時間を有効に使えるという点は良いですね。久しぶりの弾丸ツアー、体は疲れたけれど内容盛りだくさんで、楽しめました。


石川県の旅、おしまい。

テーマ: 石川県の情報♪ | ジャンル: 地域情報

14年ぶりの、Jungle Smileコンサート「再会」。 | Home | 石川県の旅(1) のとじま水族館。

コメント

整備されたオユ10 2565に感動!!

こんにちは、汐入日本人です。

北陸・能登への旅、お疲れ様でした。
往復夜行高速バスとは流石です。私も見習わないといけませんね!
近年は地方遠征にはよく夜行高速バスを利用していますが、本来、鉄道ファンなのでなるべくなら鉄道の夜行列車を利用したいのですが、現在、鉄道の夜行は全国でも2~3本のみで利用したくても叶いません。

さて、能登中島駅で保存中の「オユ10 2565」は昨年の9月に「ふるさと鉄道保存協会 鉄道郵便ワーキンググループ」のボランティアの皆さんの手により綺麗に整備されています。前回の整備は久々に大規模なもので、車両を工場に移動して鉄板の修復、塗装の剥離、再塗装と実施されたようです。現在当場所の1両の他にもう1両しか現存していなくて、貴重な存在です。業界や鉄チャンの間では「オユ10(トウ)」と発音します。ご覧のように車内は郵便の荷分け作業ができる構造になっていて、走行しながら作業していきます。最終的には今から30年くらい前にその役割は終えております。かつて急行や普通客車に連結されて郵便事業車や荷物車は活躍していましたが、その輸送がトラックに替わって現在は全廃されています。このオユ10 2565もここに安住の地を得て本当に良かったです。末永く保存されることを願って止みません!!

2014/02/03 (Mon) 11:53 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
お久し振りです♪

明日は大雪予報・・・怖いです。

和倉温泉へは2回行きました♪
いい温泉ですね(^-^)

無料の足湯場もあって、牡蠣もたくさん
食べて、楽しいかった思いがあります♪

いつかは加賀屋へ泊まれたら
なんて夢みてます。

お疲れさまでしたo(^o^)o

2014/02/07 (Fri) 22:26 | 天晴れ◎ #- | URL | 編集
「オユ10」、キレイに保存されていました!

汐入日本人さん。

こんばんは。コメントをいただき、ありがとうございます。
「オユ10」の詳しい解説、待ってました~!(^^)♪ 
ありがとうございます!

ボランティアの方々が整備、修復をされているのですね。塗装もピカピカでとってもキレイでしたよ☆ 今回の旅をするにあたり、のと鉄道と「オユ10」のことを知り、調べていたら、現在日本に2両しか現存していないとのこと。そのうち1両が今回の旅先の近くにあるということで、「これは見に行くしかない!」と思い、工程に入れたのでした。

見にいくことができて、良かったです^^

2014/02/09 (Sun) 23:47 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集
気持ちの良い温泉でした。

天晴れ◎さん。

こんばんは!お久しぶりです。コメントをいただき、ありがとうございました。
昨日の大雪、久しぶりに積もりましたね。朝のニュースでは、東京は20年ぶりの大雪ということだったので、20年前のことを思い出していたのですが、積雪量は45年ぶりの記録的大雪だったようで、、、でも今日は、よく晴れていましたね。

和倉温泉には、2回行かれたことがあるのですね!今回の旅で行った温泉は1箇所だけだったのですが、とても気持ちよかったです。他の温泉にも行ってみたくなりました。加賀屋さん、一度でいいから泊まってみたいですね。長い歴史のある、厳かな和空間ですよね^^

2014/02/09 (Sun) 23:57 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。