スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿の水たき料理専門店「玄海」で新年会。

1月12日(月)。

新宿御苑前駅からゆっくり歩いて5分ほど。靖国通りに出ると度々目にしていた「水たき 玄海」さん。
20150112-2

建物の上には大きな看板、お店の存在は以前から知っていたものの、創業昭和3年の老舗に行く機会はなかなかありませんでしたが、昨日はこちらの「玄海」さんで新年会がありました。
20150112-1

左側が「水たき 玄海」さん、右側が「げんかい食堂」さんのメニューです。奥まで進むと、別の名前のお店があったのですね~。そして、場所はここから離れていますが、新宿駅南口のタカシマヤにも店舗があるようです。
20150112-4

ちなみに昨日1月11日は「111」で1が3つ並んでいて縁起の良い日(「鏡開き」の日)。こちらのお店では、「塩の日」と書かれた紙が貼られていました。「敵に塩を送る」という言葉の語源となった上杉謙信と武田信玄の故事に由来しているということで、初めて知りました。毎日「○○の日」という紙が貼られているとなると、他の日も気になっちゃいます。
20150112-3

玄関に続くロビーには、大きな太鼓が飾られていました。太いバチもあって、叩いて音を出しても良いようです。
20150112-5

2階の「松」という6畳の掘りごたつのお部屋に案内いただきました。窓の外には小さなお庭、都会の喧騒を全く感じることのない落ち着いた空間です。
20150112-6

まずは、今年もよろしくお願いいたしますと、瓶ビールで新年の乾杯。
20150112-7

「吟(うたい)コース」(8,000円)は、水たきと名物のお料理7品のコースです。
20150112-18

コース料理の一品目、「季節野菜のすりながし」は、じゃがいもの味がする冷製スープでした。食前酒のような小さなグラスでいただきましたが、なんとも繊細なお味。お芋だけではなくて色々な食材が合わさっているのではないかな~と思ったけれど、これをほぼ一口でいただいてしまうのが、何とももったいないと思いつつ、ほぼ一口で飲んでしまいました。。

そして、「先付け」は、松風・竹ちしゃとう・梅花寿司・菠薐草煮浸し・黒豆・蟹しんじょうの6品。これまた上品なお料理。味わって食べなければ!と思いつつ、パクパクパクっといつものペースですぐに食べ終わってしまいました。ちゃんと1つひとつ素材の良さを噛みしめないと、料理長さんに申し訳ないですよね。。。でも、空腹だったんです。ごめんなさい。
20150112-8

続いて「冷彩」笹身薄造り、季節野菜、土佐醤油でした。
20150112-9

こちらは吟コースのお料理ではありませんが、大きな鶏肉もいただきました。
20150112-15

いよいよ、メインの「水たき」です!鶏の出汁たっぷり、コラーゲンたっぷり!大きなお鍋で長時間調理された乳白色のスープの中に、鶏肉が入っています。
20150112-10

スープはまずはそのまま飲み、その後練りニンニクを入れて再び。鶏肉はポン酢で。
20150112-11

お口直しに「梅のゼリー」。トゥルッと一口。(写真は撮り忘れました。。)

「季節の煮物」は大根、江戸菜、焼き餅、海老、柚子。とろりとした餡が美味しい~、、
20150112-12

「お食事」は雑炊とお新香。最初から最後まで繊細で上品な味です。。
20150112-13

食後に、抹茶のアイス。スプーンの模様も素敵。。
20150112-14

お酒は、瓶ビールの後に日本酒をいただきました。
20150112-16

新年といいうことで、金粉入りです。最初はおちょこの中でほんのりキラキラ。最後は瓶の底の方に、結構な量の金粉が入っていました。
20150112-17

居心地の良いお部屋だったので、ゆっくり過ごせた新年会でした。
なかなか来る機会のない老舗水たき料理専門店、美味しくいただきました。


<Shop Information>

水たき 玄海

住所: 東京都新宿区新宿5-5-1
TEL: 03-3352-3101  フリーダイヤル 0120-3101-95 (営業時間 11:00~22:00)  
URL: http://www.genkai.co.jp/


年賀状のお年玉くじ。 | Home | 中野区東中野の羊の鉄鍋とラグマン「キャラヴァンサライ包」。

コメント

新宿雑感

こんにちは、汐入日本人です。

新宿界隈は日本一の繁華街だけあって多くの娯楽施設や飲食店がひしめいておりますね。最近話題になっていることでは旧新宿コマ劇場の跡地に新しく建設される複合高層ビルの概要が発表されるなど、話題にも事欠きませんね。

個人的な新宿の想い出としては、数年前まで毎年5月末の花園神社の祭礼で神輿巡行のお手伝いとしてお神輿を担ぎに地元の仲間と伺っておりました。伊勢丹や旧新宿厚生年金会館の前の大通りを神輿を担いで巡行するのは本当に気持ちのいいものです。そして新宿二丁目辺りで次の担ぎ手に交代するわけですが、控えていた人達は・・・二丁目のニューハーフの方々でした!明らかにそれと判る出で立ちと雰囲気で一種独特の個性をプンプンさせて待機しているものですから我々一同、顔を見合わせて目が点に・・・さすが新宿だね!と囁きながら神輿の交代をしたという想い出があります。そして今はもう、タ○○司会の、某お昼の情報番組も終了して久しいですね。どんどん変革していく新宿!これからも見守っていこうと思います。

2015/01/14 (Wed) 14:47 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
景色が変わっていきますね。

汐入日本人さん。

こんばんは。コメントをいただき、ありがとうございました!

旧コマ劇の跡地の話題は、先日テレビで紹介されているのを見ました。新宿も新しい施設が色々ありますよね。もうだいぶ前のことになりますが、新宿三越が「ビックロ」に変わりましたが、大学生の時に三越のデパ地下でずっとアルバイトで通っていた場所だったので、なかなかその景色の変化に慣れなかったなぁ、、、

そういえば昨年の後半に、新宿の地下通路を歩いていた長蛇の列ができていて、「何だろう?」と思ったのですが、その場所は「新宿中村屋」の新しいビルでした。新しくなってから、まだ中には入ったことがないのですが、ちょっと気になっています。

汐入さんは度々地域の行事に参加されていらっしゃいますが、地元から離れた花園神社でもお神輿を担ぎに行かれることがあるのですね。花園神社って、入り口は狭いけれど、中に入ると広いですよね。都会でお神輿を担いて歩くって気持ち良さそう!二丁目エリアのエピソードは、新宿ならではですね。

新宿も渋谷も、少しずつ変わっていく景色に少し寂しさを感じつつ、新たな楽しみも増えていきますね~。



2015/01/19 (Mon) 01:11 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。