宮崎の旅(4) 延岡市の離島「島野浦」へ渡る。

2月14日(日)。

2月11日(木)から2泊3日でめぐっていた宮崎の旅。初日は西都市で東京ヤクルトスワローズ2軍キャンプの見学「齋藤牛」のランチを堪能し、延岡市へ移動。2日目の朝は延岡からクルマで30分、浦城港へ向かいました。ぽつんと1軒建っている、日豊汽船のカーフェリー・高速船乗り場でチケットを購入。延岡市の離島「島野浦」までは、高速艇で往復900円です(片道460円)。
20160214-1

高速艇で10分で行けてしまうのでそれほど遠くはないけれど、久しぶりの離島めぐりです。
20160214-4

島野浦のホームページで船の時刻表を事前に見てきていたのですが、乗ろうと思っていた10:20発のフェリーはないとのこと。次は11:00発の高速艇。少し時間があるので、港の周辺を散策してみることに。
20160214-5

割と新しい作りの、「マリンレジャーと海の幸 ここは九州の東海岸」と書かれた看板を発見。この地図を見ると、3年前に訪れた「須美江家族旅行村」(すみえファミリー水族館)も、ここから近い場所にあったんだな~。
20160214-2

これから向かうのは「島野浦」。高速船乗り場でいただいたパンフレットによると、浦城港からは約6km、島の周囲は15.5kmで、人口は423世帯963人(2015年6月30日時点)の島だそうです。昔から網漁が盛んで「いわしの舞う島」とも呼ばれていたとか。
20160214-3

港のすぐ近くにあった鳥居。ロープが張られていて、奥までは進めず。。
20160214-6

海の水はとても透き通っていて、底までしっかり見えました。
20160214-7

美容室"風"の住宅。港町にある美容室っぽい建物を見たら、菅野美穂さん主演の映画「パーマネント野ばら」を思い出してしまいました。あの映画の舞台は高知県だったけれど、なんとなく港町ってこういうイメージ・・・
20160214-8

ぶらりぶらりと歩き、まもなく11時。船が港にやってきました。
20160214-9

乗客は数名。明らかな観光客は我が家2人だけでした。後は地元の方、仕事の方。
20160214-10

高速艇の乗船時間はわずか10分。私は船酔いはしないので船の旅は好きなのですが、今まで乗ってきた船の中で、一番揺れました。。。ものすごく波が高い!!ジェットコースターに乗っているような感覚です。もし動画を撮っていたら、見ているだけで酔ってしまう方がいるんじゃないかと思います。。この日この時がたまたまだったのでしょうかね。

無事に島野浦に到着。
20160214-11

周辺を歩いている人の数より船の数の方が多んじゃないかしら?と思えるほど、静かな島でした。
20160214-12

地図を見ながら、とりあえず何かありそうな方面へ。駐在所の近くに「島野浦神社」を発見。
20160214-13

1700年代からあるらしい。火災が二度あったようです。
20160214-14

20160214-15

20160214-16

階段を一番上まで登り切ると、港町を一望することができます。
20160214-17

境内の奥には山道が続いていたけれど、奥までは行かず。
20160214-18

神社を後にし、港町を歩いてみることにしました。
20160214-19

塀の隙間からこちらを覗く猫さん。怪訝な顔をしているけど、なぜかカメラ目線。
20160214-20

こういう細い道が迷路のように繋がっています。
20160214-21

漁師さんが住んでいるのかな。
20160214-22

香箱座りで眠る猫さん。
20160214-23

とにかく、あちこちに、
20160214-24

猫さんがいっぱいいました。やはり港には猫が多いんだなぁ。。
20160214-25

クルマも人も通れるトンネル。
20160214-26

20160214-27

トンネルを抜けると、野球場と海浜公園。人影は全くありません。
20160214-28

1時間半近く歩き、ちょうどお昼時。小腹が空いてきましたが飲食店は見当たらなかったので、唯一見つけた商店(食材や生活雑貨を売っているお店)で購入した「あげみ」を開けて食べてみることに。「あげみ」は島野浦の名産品で、あじといわしをすりみにした揚げ物です。でも、不用意に食べ物を出してしまうと、空を舞うとんびに持っていかれてしまう心配があったので(私は鳥が大の苦手なのです...)、なかなか開けて食べられる場所が見つからず。。。夫によると、壁を背にすれば後ろから飛んできて持っていかれることはないということで、公園のフェンスを背にして、ようやく「あげみ」を開けることができました。甘みがあって、美味しかった!鰯の甘露煮とイカの佃煮も自宅用のお土産に買って帰りました。白いご飯に合うだろうなぁ~♪
20160214-29

帰りは13:10の島浦発の高速艇で浦城へ戻ります。行きに比べると揺れもなく、乗船時間はわずか10分なのにちょっぴりうたたね。
20160214-30

ちょっとした時間で行くことができる静かな島。
漁師さんたちに「美味しい魚をありがとう」と言いたくなるような港町でした。


⇒Next: 宮崎の旅(5) 西都城の「炉ばた 柳」で、海の幸を堪能。


宮崎の旅(5) 西都城の「炉ばた 柳」で、海の幸を堪能。 | Home | 宮崎の旅(3) 延岡の「寿司の丸安」で、「はらじ」を食べる。

コメント

島への旅というと・・・

こんにちは、汐入日本人です。

延岡にも離島があるのは知りませんでした。乗船時間僅か10分とはいえ、立派な離島ですね!
船内といい、島の、のんびりした風景といい、画像を拝見していますと一昨年の五島福江での「宝くじ まちの音楽会」へ行ったことを思い出しました。あの時もかなり強烈にいろいろな事が想い出として脳裏に焼き付いています!

自分の意志だけでは絶対行かないであろう、離島に行けて、逆に、孝子さんには感謝ですね!鉄道好きの自分にとっては、離島など旅の選択肢としてなかったのですが、考えが変わりました。今度はゆっくりと、何処ぞの離島に行って静養でもしたいですね!

2016/02/16 (Tue) 01:11 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
静かな島で、のんびり。

汐入日本人さん。

こんばんは。コメントをいただきありがとうございます。

時々、旅で離島めぐりをしていますが、今回は久しぶりでした。ここ最近の旅の中ですと、2014年6月にコンサートを見に行った五島福江は大変印象深い島です。ゆっくりとした時間が流れていて、お魚が美味しくて、島の人たちが温かくて、島でのんびり過ごすのっていいなぁ~と思いますね。今回行った島野浦では、人よりも猫や鳥(とんび)の方が多いと感じるくらい、とても静かな場所でした。

2016/02/20 (Sat) 23:42 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する