宮崎の旅(5) 西都城の「炉ばた 柳」で、海の幸を堪能。

2月20日(土)。

2月11日(木)から2泊3日でめぐっていた宮崎の旅。初日は西都から延岡へ、2日目は延岡市の離島「島野浦」に渡り散策した後、再び延岡に戻ってクルマで都城方面へ移動しました。延岡から宿泊先の西都城まで、高速には乗らずに約140kmのドライブです。初日に「西都(さいと)」に行ってきたから字面が似ているけど、「西都城(にしみやこのじょう)」、都城市にある町です。鹿児島にも近いですね。宮崎って、縦に長いんだよなぁ~。
20160220-1

14時前に延岡の浦城港を出発し、途中の都農町などで寄り道をしつつ、チェックインを済ませて西都城駅周辺で夕飯を探し始めた時刻はもう21時。延岡でも歩きながら美味しそうなお店を探しましたが、西都城は夜の街がなんとも賑やか。活気を感じるエリアをぐるぐると見て回り、最終的に決めたお店はこちら。「炉ばた 柳」さん。
20160220-2

カウンターに通されましたが、その後もひっきりなしにお客さんが入ってきました。この時間なのに人気店なのだなぁ。壁際には、ずらりとならぶ焼酎の瓶。宮崎といえば、焼酎ですもんね。
20160220-3

カウンターの前には「桜の樽詰め焼酎」という見慣れないお酒も。読んだままで想像すると、桜の樽に詰められた焼酎。香りが良いのかなぁ?とはいえ私、大のビール&日本酒党でありますゆえ。。。ちなみにこちらのお店の生ビール(ジョッキ)、250円という驚きの安さ!3杯飲んでも750円。神宮球場なら1杯分のお値段です(^^;
20160220-6

入り口には大きないけす。新鮮なお魚を食べることができるのですね~
20160220-4

カウンターの前には大きなカニ。こちらも気になりますなぁ。
20160220-5

最初にオーダーしたのは、殻付きの生牡蠣です。レモンを絞ってちゅるっと一口。美味し~い!!!
20160220-7

そして、期待のヒラメ!メニューには3~4人前と書いてありましたが、2人前にしていただけました。いつもなら、お刺身もパクパクと早いペースで食べてしまうのですが、1枚1枚ゆっくりと。
20160220-8

続いて自家製カラスミ。これがもう、お酒に合うんだわな~、、、大根ときゅうりのシャキシャキ感も良いですね。
20160220-9

馬刺し。ここは魚のお店だけど、馬刺しが大好きなのでメニューにあると食べたくなってしまうのよねぇ。本場の馬刺しを食べに、熊本にも行きたくなっちゃうなー。
20160220-10

これはインパクト大!鯛のかぶと塩焼。身が厚くてしっかりしていて、塩味がよく効いていました。
20160220-11

そしてハマグリ。大きさはこぶりでしたが、つゆまで美味しい。
20160220-12

歯ごたえのある、なまこ酢。さっきまで、元気よく水中を動き回っていたなまこかなぁ?
20160220-13


店先に大きく書かれていた「炉ばた」と「ふぐ料理」をうっか外してしまいましたが、たっぷり海の幸を堪能してきました。


<Shop Information>

炉ばた 柳

住所: 宮崎県都城市中町2-3 (最寄り駅:JR日豊本線 西都城駅)
TEL: 0986-25-5807


⇒Next: 宮崎の旅(6) 小林市へ鉄道の旅、出の山淡水魚水族館。

宮崎の旅(6) 小林市へ鉄道の旅、出の山淡水魚水族館。 | Home | 宮崎の旅(4) 延岡市の離島「島野浦」へ渡る。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する