スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の旅(2)台北市立動物園と、夕暮れの九イ分。

5月1日(日)。

台湾滞在2日目。朝から雨が降っていました。
宿泊先の最寄り駅から地下鉄MRT「中和新盧線」→「板南線」→「文湖線」を乗り継ぎ。地下鉄は路線図がとっても分かりやすくて、間違えることなくスイスイ乗り換え。乗り場にはホームドアが設置されていて、日本の地下鉄南北線に似たような印象。列車が接近してきたことを知らせるメロディも実にオシャレ。車内は飲食禁止らしく、どこを見てもキレイでした。エスカレーターは右側一列に並ぶ文化のようで、関西に来たような気分。最後に乗った文湖線は、ゆりかもめのような車両でした。


この日の目的地は、台北市立動物園。


生き物の観察が趣味の夫は、施設の大小問わず日本全国各地の水族館や動物園、博物館をめぐり続けているのですが、昨年の8月に旅をしたオーストラリア(メルボルン、シドニー)から、海外の水族館や動物園にも行き始めるようになりました。今日はあいにくの雨模様でしたが、日本では見ることのできない珍しい動物が見られるとあって、夫はこの日をとても楽しみにしていました。1日がかりで回るような広大な敷地です。


珍しい動物を間近で見ることができました。


日曜日だったので混んでいましたが、広いのであまり気にならず。


ジャイアントパンダは大人気。横になっている姿もカワイイですね。


本降りだった雨も次第に止み、蒸し暑くなってきました。


禁止の標識も、独特。この場所から手で餌はやれないわな~


どれくらい歩いたか、歩数計でも付けておけぱ良かった!足がパンパンです(笑)


夫はひたすら見て回っていましたが、私は鳥が苦手なので、鳥を間近で見るエリアには立ち入らず。近くの売店でタピオカを買って飲みながら、1時間ほど休憩していました。


帰りは出口まで、園内専用列車に乗れました。やっぱりかなり歩いたんだなぁ~と実感。。


9時半から14時半までたっぷり動物園を堪能。
夕方からは、この旅唯一のオプションツアー、九イ分へ。
宿泊先まで現地のドライバーさんとガイドさんが迎えに来てくれました。

我が家2人だけ、乗用車で九イ分まで送迎のオプションツアーにして大正解。日本のゴールデンウィークと台湾の連休が重なっているらしく、大混雑との情報。私たちが向かったタイミングは運良く渋滞に巻き込まれませんでした。私は二度目の九イ分でしたが、前回来た2007年の時より、混んでいたような気がしたなぁ~。。お店が連なる細い道をゆっくり歩いて進みました。


お茶を飲んで休憩。タイミング良く並ばずに入ることができた!


しかも、ロケーションの良い席!


美味しいお茶を飲んでひと息。暮れてゆく景色を一望。


コテコテの観光地で混んでるけど、また来たくなっちゃうなぁ。。この雰囲気。







というわけで、今日も歩き回って体力を使いました。ちょこちょこ食べ歩きはしているものの、全体的に量は少なめ。台湾に来てからはお酒も飲んでいないので、健康的な旅になっています。

(3日目につづく)

※後日、追記や写真の貼り替えをするかも。


台湾の旅(3)新幹線で台中へ、アートな「彩虹眷村」と伝統茶藝館。 | Home | 台湾の旅(1)鉄道に乗って「猫村」へ。

コメント

楽しまれてますね~(^^)

南国のカラフルさと、混沌とした不確かさが、刺激的な台湾ですね~(^^) お香やお茶の香りが伝わって来そうです(^^)

2016/05/03 (Tue) 11:51 | sa-chan #- | URL | 編集
カラフル!!

sa-chanさん。

こんにちは。お久しぶりです!
コメントをいただきありがとうございます。

台湾の旅、楽しんできましたよ~^^
この日行った九イ分や、翌日行った台中の「彩虹眷村」は色使いがカラフルで、
見ているだけでも楽しめました。

2016/05/08 (Sun) 17:49 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。