スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の旅(3)新幹線で台中へ、アートな「彩虹眷村」と伝統茶藝館。

5月2日(月)。

台湾滞在3日目は快晴。台北駅から新幹線に乗って、台中に向かいました。
本当は、新幹線で高雄まで足を延ばして「澄清湖(ちょうせいこ)」や、敷地内の「海洋奇珍園」に行ってみたかったのですが、ネットでよくよく調べてみると、2013年から月曜日が休業日となっていたことを知り、またの機会に。高雄には「国立海洋生物博物館」もあるので、またいつか高雄メインの旅を計画したいものです。


新幹線にはぜひ乗ってみたかったので、台北駅から1時間半で行くことができる台中に目的地を急遽変更。券売機で自由席の切符も無事購入できました。


何しろ行き先を当日決めたので、どんな所なのかあまり詳しく調べないまま最初に向かった先は「彩虹眷村(ツアイホンジュアンツン)」。高鐵(新幹線)台中駅からタクシーで約20分の距離です。


なんとも奇抜な色合いで描かれたアート。老朽化が進んだ元国民党軍の建物が、都市開発のため取り壊されることになった眷村で、90歳を越える元軍人のおじいさんが自宅の外壁や道路に絵を描き始め、その絵に感動した人たちがインターネット上で「彩虹眷村」を守ろうと呼びかけ、最終的には取り壊されずに保存されることになった、という場所だそうです。


今ではたくさんの人が訪れる撮影スポットになったとか。ポップな絵と色合いは確かに写真映えします。取り壊しの計画が一転、絵の力ってすごいんですねぇ。



続いて向かったのは、茶藝館「無為草堂人文茶館(ウーウェイツァオタンレンフェンチャーグアン)」。昨日九イ分で飲んだお茶がとても美味しかったので、またまたお茶屋さんに行くことにしたのでした。


木造家屋が池を囲む、回廊式の茶藝館。


本日は、阿里山(アーリーシャン)烏龍茶。1回の茶葉で8回分も飲めるそうです。


熱いお湯を入れて蒸らし飲む・・・を8回繰り返し、それを2人分。


お芋を揚げたお菓子も黒糖の蒸しパンも、お茶にとっても合う。


畳の落ち着ける空間で、ゆったりまったり2時間半も過ごしてしまいました。







というわけで、今日は滞在中一番暑く、たっぷり汗を出して歩き回りました。結局今回も台湾ではお酒を飲まなかったなぁ。3泊4日は本当にあっという間。明日の夜日本に帰りまーす。

(色々な後日談につづく)

※後日、追記や写真の貼り替えをするかも。

大相撲五月場所 14日目のお土産。 | Home | 台湾の旅(2)台北市立動物園と、夕暮れの九イ分。

コメント

行った気分になりました。

こんにちは。茨城パパです。

3日間お疲れ様でした。心地良い疲れが残っていると思います。私のほうは近所でしたが偶然にも台湾料理のお店で家族で食事をしてお腹ぱんぱんになるまで食べていました。

写真から建物、食器、料理をみてやっぱり本場は違いますね。ほんと羨ましいなぁ。。でも行った気分になりましたよ。

2016/05/08 (Sun) 07:53 | 茨城パパ #JalddpaA | URL | 編集
台湾料理は、美味しい香りでした。

茨城パパさん。

こんにちは。お久しぶりです!
コメントをいただきありがとうございます。

心地よい疲れ、ありましたね~。帰ってきてから2日間、ゆっくり休んで連休後の仕事を再開しました。茨城パパさん、ご近所の台湾料理屋さんに行かれたのですね。台湾ならではの独特の香りや味つけは美味しいですよね!

この後もいくつか続きを書いていきますので、時々またお立ち寄りいただけたら嬉しいです。


2016/05/08 (Sun) 17:51 | 七井 李紗 #rPMUoM7I | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。