新緑の幕山登山。

5月3日(木)。

本日は湯河原に行ってまいりました。
湯河原といえば温泉ですが、今日のメインは山登りです。
目指すは、幕山と南郷山
20070503-1

山登りは、1年3ヶ月前の「雪の大山登山」以来。
今回行く山は、幕山が626M、南郷山が610Mと、標高が高くない「初心者向け」だとガイドブックにも載っていたので、ピクニック気分で楽しんで歩こうと思っていたのですが・・・

20070503-2
なんとも急な崖。ロッククライミングしている人がたくさんいました。。。


若干、先行き不安ではありますが、何はともあれ、スタートです。
いきなり急な上り坂から始まり、至る所にゴツゴツした大きな石があります。
20070503-3

とにかく、道という道は階段だらけ、標高の低さを甘く見ていました。
登る登る登る。。。登る登る登る。。。

頂上はだいぶ先ですが、
気が付けば湯河原の街や真鶴半島を一望できる高さまで来ていました。
20070503-4

爽やかな気候とはいえ、汗が落ちるくらいの暑さと運動量。
水分補給は欠かせません。(2本買っておいて良かった。。)
20070503-5


そんなこんなで、急な山道を歩くこと1時間半。


ひとまず、1つ目の山「幕山」の山頂に到達しました。
20070503-6
登り始める前、麓の売店でおにぎりを買おうと思ったら売り切れでした。
山頂に売店くらいあるかと思ったら、狭いただの原っぱでした。
ひもじい。。。。


しばらく休んで、隣に続く山「南郷山」を目指して再スタート。
さっきまでとは違いゆるやかな道と下り坂が続き、
「元々こういうピクニックっぽいのを求めてたんだよね!あんな岩場、登山じゃん」
と友人と軽口をたたきながら進んでいくと・・・
20070503-7

ここが運命の分かれ道。
20070503-8

「南郷山」を目指して歩いていたのに、看板には既に「南郷山」の文字がないわけで。。

2種類の地図をしっかり見ながら、道のような道でないようなところをとりあえず進んで見ます。倒木があるあたり、怪しさこの上ないのですが・・・
20070503-9


つまり、こんなルートを進んでしまったわけです。
20070503-12
○印がさっきの分岐点。本当は黄色の道を行かなければならないところを、
赤の道をぐんぐん進んでしまったわけです。
前々から気づいていましたが、私も友人も極度の方向音痴だったのです。


ここから、軽い遭難状態がしばらく続きます。


蛇やヤモリも目撃しました。


どれくらい歩いたでしょう。
ようやく明るい道が見えてきた!
20070503-10

辿り着いたのは、南郷山を通り越した、「星ヶ山」の麓の「星ヶ山公園」というところでした。途中の道では、人にまったく出会わなかったけれど、ここには車が数台止まっていました。

いかにも地元の人風のおばちゃんに、話しかけてみました。
「ここはどこなんでしょう?道に迷ってしまって。」
「ここは星ヶ山公園よ~地元の人くらいしか、来る人あまりいないわねぇ」


確かに、ここまで歩いてきている人はおらず、皆地元の小型ワゴン車で街まで颯爽と下っていっていました。こうなったらヒッチハイクしかない。。。と思い始めた私を友人が懸命に抑え、とりあえず湯河原の街まで、歩いてくだることに。

途中、普通街の中では見られない廃木材処理施設や新興宗教と思しき施設など、いかにも山の中という所を通り過ぎ、幕山の頂上を出発してから約2時間半、ようやく人里が見えてきました。ふ~安心!!
最初に目にした「茅(かや)」という名前のコーヒーショップによたよたしながら入り、やっとありついたお昼ご飯。そのサンドイッチの美味しいこと。

お店の方に、これまでの道中について話すと、湯河原全体が分かる大きな地図を見せていただき、予想通りあの分岐点で道を間違えていたことが分かりました。
随分歩いたんだなぁ。。。
そして親切にも、街に出るバス乗り場と時間を教えていただけ、運良くすぐにバスが来たので、無事湯河原駅に戻ることができました。


まさか山で迷子になるとは思わなかったけれど、
トータル4時間、本当によく歩きました。
下山後は、湯河原にある「ゆとろ嵯峨沢の湯」に立ち寄り、岐路に着きました。


軽く遭難しかかったけれど、なんともいえぬアドベンチャーな1日でした。
20070503-11


  教訓。「道に迷ったら引き返そう。」



<おまけ>
道を間違えてしまった分岐点にあったのは「自鑑水(じがんすい)」という池(またの名を「自害水」とも言うらしい)。治承4年(1180年)8月、石橋山の合戦に破れた源頼朝が、この水で喉を潤した時、水に映った自分の哀れな姿に落胆して自害をしようとして引き止められた、歴史的な場所らしいです。

テーマ: 旅の写真 | ジャンル: 写真

活版再生展。 | Home | バスを待つ、5分間。

コメント

遭難しなくてよかったですね。
でも七井さんと山登り・・・イメージわかない!

2007/05/04 (Fri) 21:04 | ヨルノイヌ #- | URL | 編集

ヨルノイヌさん。

プチ遭難、でしたよ。
水分がなくなっていたら・・・、日が暮れていたら・・・と思うと、ちょっと怖い話です。山で滑落、とか、このGWも事故ののニュースが多いですしね。

山登りのイメージ・・・ないかもしれませんねぇ。でもたまに、行きたくなるんですよ。ごく、たまにですけどね。

2007/05/04 (Fri) 23:25 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する