スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーミンの「シャングリラⅢ」。

9月12日(水)。

行ってきましたよ、代々木第一体育館。
20070912-1

ユーミンの「シャングリラⅢ」再追加公演。
20070912-2

以前から散々フジテレビでCMや特番が放送されていたのでご存知の方も多いかと思いますが、「シャングリラⅢ」は、ロシアのサーカスアクトとシンクロナイズドスイミングが融合したスペクタクルショー。シンクロの金メダリスト、ヴィルジニー・デデューと、日本の武田美保が競演するというのも話題になりましたね。


特にユーミンが好き、というわけではなく、むしろ知っている曲は本当に数少ないのですが(今日歌った曲も、17曲のうち3曲しか知らなかった)、「一度このショーを見てみたい!」と思っていたところ、運良く再追加公演のチケットが手に入ったのでした。
音楽用ではない大きな会場で音楽を聴くのは、東京ドームの「Ken's Bar」以来だなぁ。


それにしても、会場の年齢層高っっ!!
30~50代の女性が多かったです。
やっぱ70~80年代に青春時代を送っていた層なんでしょうかね。


ショーを見ての感想は、総合演出で旦那さんでもある松任谷正隆さんが言う「わけもなく涙の出てくるようなショー」というまでの感動は、正直なかったものの、相当すごいセットでした。本当にお金かかってます!

円形のステージは床かと思えばプールになったり、そうかと思えばサーカスが繰り広げられたりと、切り替えは目にも止まらぬ早さ。しかもユーミンって50代でしょ?走りまくり、歌いまくり、踊りまくり。パワフルだなぁ。

円形のステージとその上についている照明の屋根は、どことなく「土俵」っぽいなぁと思いました。最後に出演者全員がステージに上がって、円形のステージに沿って整列したのですが、それはまるで土俵入りのようでした。しかもユーミン、数十人いるロシア人サーカス団の人たちの難しい名前をスラスラ紹介していて(当たり前なんだろうけど)、よく噛まないなぁと思いました。


いやぁ、本当に壮大なショーでした。
見て良かった。



<セットリスト>

1. グレイス・スリックの肖像
2. Happy Birthday to You ~ヴィーナスの誕生
3. ようこそ輝く時間へ
4. ハルジョオン・ヒメジョオン
5. インカの花嫁
6. 朝陽の中で微笑んで
7. 時のないホテル
8. BABYLON
9. 12階のこいびと
10. 別れのビギン
11. Delphine
12. Northern Lights
13. 時はかげろう
14. SAVE OUR SHIP
15. SHANGRILAをめざせ
16. 真夏の夜の夢

EC1.人魚姫の夢(新曲)
EC2.Carry on


テーマ: 女性アーティスト | ジャンル: 音楽

納涼船で粋な夜。 | Home | 東京地酒と酒器うつわ祭り。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。