スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くめ納豆「丹精」。

9月19日(水)。

普段なかなか買わないですよ。
2パック230円の納豆は。
20070919-1
いえ、正確には120円だったんですけどね、賞味期限が短いから。
それでもちょっと高いなぁって思っちゃう、庶民派の私。

私は納豆は好きですが、種類やブランドにほとんどこだわりはありません。
3個パックで88円とか98円とか、そういうので良いんです。
要は納豆が食べられれば良いのです。


そんな“庶民的納豆”が好きな私の目に飛び込んできたのが、コレ。
くめ納豆「丹精」という商品。定価230円。


もちろん、普通のスーパーに売っている納豆ですし、こうやって値引きもしているわけですから、言うほど「超高級」というわけではないのですが、それでもやはり普段なかなか食することのない値段の納豆に、心を躍らせながらパックを開けてみると・・・


特性タレとからしのほかに、
「やくみ」(ごま・のり・ねぎ)も入っているではありませんか。
なんとも珍しい。
20070919-2

パックも、よくある白色のものではなく、木目模様の印刷が施してあるもので、高級感が醸し出されています。でも、フタを取り外す切り取り線がなかったのでうまく取り除けず、せっかくの高級感漂うパックも切れ目ガタガタで台無し・・・。


さて、気を取り直して食べるとしますか。
20070919-1


ウ~ン♪

豆が柔らかい。そして粘り気がソフト。見た目以上に食感が滑らかいです。
やっぱり、3個パックで88円のものとはちょっと一味違うかも・・・
庶民的納豆で良かったはずなのに、たまには高級納豆もいいかも??って思っちゃいました。(いえいえ、今日は半額だったから買ったのですが)



この「丹精」という納豆、発売してから20年も経つロングセラー商品だったようです。
今まで値段がちょっと高い納豆はノーチェックだったので知らなかったけど。

しかもウェブサイトが凝ってる。9月下旬にはリニューアルもされるらしくプレサイトができていました。
通常のサイトだけじゃなくて「オフィシャルファンクラブサイト」なるものもあって、このファンクラブも10周年らしい。すごいなぁ、10年前から納豆ファンクラブがあるなんて。そう考えると、あたしゃまだまだ浅いもんだね。。。


さらに驚きなのが、茨城では「くめ納豆倶楽部」というラジオ番組まであるとか。さすが茨城。納豆のラジオ番組だよ。ここまで徹底してやってくれると「あるある事件」くらいじゃ納豆ファンは離れないよね。長くちゃんとやっているものには、やっぱりちゃんとしたファンが付いているんだろうな。


いやぁ、美味しい納豆でした。

普段は230円。うん、たまには奮発しようっと。
それだけの美味しさがあるしね。



鳴子温泉 ~奥の細道湯けむりライン~ | Home | お馬に餌をあげに行く。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。