スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴロでおぼえる歴史年代。

11月29日(木)。

会社で、いただき物のカレンダーを、部のみんなで分け合いました。
数あるものの中から、私はコレを持ち帰ることに。
20071129-1

「ゴロ合わせでラクラク年代暗記131」だって。
そういや高校生の頃、日本史の授業が好きで、色々暗記したなぁ、
でも全部忘れちゃったなぁとか思って。ペラペラと中をめくってみると、

20071129-220071129-3

いきなり1月1日から渋いネタで来たなぁ。
「57年 いつなんどきも金印忘れず」だって。57年なんて、覚えたことないよ・・・。倭奴国王が後漢に使いを送った年らしい。
そういや、高校の時の日本史の先生は、ネクタイピンが「金印」だったなぁとか思い出してみたり。


さらにぺらぺらめくって気になったのが、
「593年 幾山河こえる気持ちの聖徳太子」だって。私が小学生の時に覚えたゴロは、「ゴクミも知ってる聖徳太子」だったなぁ。時代を感じるね、ゴクミってところが(笑)。
今もお綺麗な女性ですが、当時は“国民的美少女”って騒がれていましたからねぇ。


さらにぺらぺらとめくっていくと、
20071129-420071129-5

「710年 南都の名は平城京」
「794年 なくします 僧の介入、平安京」
だって。どっちもなんだかピンとこないなぁ。子どもの頃覚えたゴロといえば、

「710年 なんと素敵な平城京」
「794年 鳴くようぐいす平安京」
だったもんなぁ。やっぱり教材制作会社によって違うのかね、ゴロって。


なんとなくしっくりこないまま、さらにさらにぺらぺらとめくっていくと、
20071129-620071129-7
「1192年 いい国作れ頼朝将軍」
「1941年 行くよ一気に真珠湾」


いい国「作れ」って、命令かい(笑)
やっぱり「いい国作ろう鎌倉幕府」って覚えたから、これもしっくりこないなぁ。
ていうか、「行くよ一気に真珠湾」なんて言っちゃって大丈夫なのか??


うーむ。
全体的にどーもしっくりこないゴロが多かったけど、
歴史を思い出しそうなので、来年はこれをめくってみようかな。


久し振りに目にした言葉が多かったよ。
「墾田永年私財法」とか「犬上御田鍬」とか「稗田阿礼」とか。
懐かしすぎ!!

テーマ: 歴史 | ジャンル: 学問・文化・芸術

鳥獣戯画。 | Home | スパルタゴルフ。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。