「かに」のフリーマガジン。

1月24日(木)。

先月、フリーマガジンのことを書いた時にその存在を知った、シダックスが出しているフリーマガジン。その時に「ねぎ」をテーマにした1冊があることを知り、俄然興味を持ったのですが、実物を発見するには至らず1ヶ月が過ぎたわけですが、


今日、偶然にも「かに」を発見しました!
20080124-1


しかも、シダックスのカラオケ屋さんにあったのではなく、たまたま帰り道にふらりと入ってみたコーヒー屋さんのレジに普通に置いてありました。コーヒー屋さんに「かに」???かなり異彩を放っていたことは言うまでもありません。

早速中身を開いてみると・・・。


20080124-2

20080124-3


ず、図鑑??


丸ごと1冊、「かに」について詳細に書かれているフリーマガジン、まず最初は「かに」の種類から解説。世界には、約6000種類ものかにがいるらしく、でもそのうち食べることができるのは、ズワイガニやタラバガ二、ハナサキガニ、ケガニなどごく一部に限られていて、それぞれの種類の詳細や、食べ方、輸入量や栄養素などのデータがこと細かに書かれていました。


「かに」本体の話だけでなく、漁師さんの話や、かにぱんの話、カニの駅弁、さらには「猿蟹合戦」にいたるまで、「かに」にまつわる話があらゆる角度からまとめられていて、読めば一気に「かに博士」になれそう。(すぐ忘れちゃいそうだけど。。。)
20080124-4

20080124-5


このフリーマガジン、シダックスとポプラ社が出している「旬がまるごと マザーフードマガジン」のダイジェスト版で、さらにボリュームアップした1冊が580円で販売されているらしい。奇数月20日に発売されていて、これまでに「まぐろ」「トマト」「さつまいも」「ねぎ」が出ています。

正直、この薄さ(本文22ページ)でも1冊読み込むのはしんどいけど、内容は濃いし、それぞれの記事の切り口がめちゃくちゃ面白い。1つの食材で、よくここまでバリエーションが出せるなぁ。1つ間違ったら、ただの料理本になっちゃうもんね。

しかも宣伝めいたことはほとんど書かれていなくて、次の号がいつ・どんなテーマで出るのかの予告すら載っていないから、また楽しみになっちゃうじゃない。最終ページには、こんな言葉が書かれて締めくくられていました。

「“マザーフード”(『母なる地球が育んだ豊な大地と海の恵みを、すべてのお客様に母親のように真心を込めてお届けする』)を基本理念とするシダックスグループは、『マザーフードマガジン「旬」がまるごと』を通じて、本物の「食」や人々が忘れかけている「食文化」をお伝えしております。」

確固たる理念だわ、シダックス。

テーマ: 今日の一冊 | ジャンル: 本・雑誌

ついに、厄払い。 | Home | 今度は当たった!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する