安全運転講習会。

2月18日(月)。

前回、運転免許を更新したのは、平成16年。
今から約4年前のことになります。
一応、ゴールド免許。無事故無違反の優良ドライバーなのであります。

20080218-1

次の更新は「平成21年」って、免許を更新したばかりの頃は、かなり先のことだと思っていたのですが、気づいたらもう来年じゃん。平成も「20年代」だということに、今更ながらに結構衝撃。


毎年この時期になると、会社で「安全運転講習会」なるものが開催されます。
私の会社では、会社の車を運転する時、自分の運転免許証だけでは許可されず、会社が指定した教習所に1日通って、筆記試験と実技試験を受け、会社の公認免許を取得しないとならないのです。で、私は、仕事でイベントやら展示会を担当することが多いので、女子では珍しくその公認免許を持っていたりします。(社有車、ほとんど運転したことないけど)


その公認運転免許を持っている人を対象にした「安全運転講習会」が、今日開催されました。


30分間、事故の事例などを生々しく伝えるビデオを見たり、近くの警察署からおまわりさんが来て講話を聞いたりするのですが、私はこの講習会がかなり好きだったりします。このビデオがまた、怖いんですよ。ありがちな映像ではあるのですが、30分間映像に見入ってしまうのです。
普通の免許更新では、5年に1回とかしか見ることができませんからねぇ。

映像を見ると、ホントに交通事故って怖いなぁと改めて思います。先日電車とホームの間に落ちた後でさえ、しばらくの間、電車に乗ったりケガをするのが怖いと感じましたが、ビデオを見ているだけでも思わず顔を歪めてしまうような、痛そうな事故がいっぱいあるのです。しかもちょっとしたことで起こるんですよね、余所見とか考え事とか。運転中の携帯電話の操作とか飲酒となると論外ですけど。

自分が被害者にも加害者にもなってしまう可能性がある自動車の運転。
ちょっとした気の緩みから起こることも多いので、気をつけないといけませんね。


講習後、このリーフレットをいただきました。
20080218-2


「後部座席のシートベルト着用義務化」。
今年の6月19日から施行されます。
助手席同様、後部座席もシートベルトをしないと罰せられるのです。
(当面は高速道路のみ、違反すると点数が引かれるそうです)

後部座席でシートベルトをせずに、時速40kmのスピードでコンクリートに激突すると、自分の体重×30倍の重力がかかるんだって。体重が60kgの人は、1.8tの衝撃を受けるわけです。前に座っている人の後頭部に当たったり、前方のガラスを突き破って車外に放り出されたり。
怖いですよねぇ。こういうことを聞くと、今までしていなかったことが不思議なくらい。助手席では当たり前のようにするのにね。


普段の免許更新じゃ、なかなか思い返さないことでも、年に1回講習会があると気が引き締まりますね。私の中では、鍋料理と同様、これも冬の風物詩の1つなのです。

テーマ: 自動車全般 | ジャンル: 車・バイク

報道発表で知った! | Home | 経堂ジョイフル閉店。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する