スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅と笑顔が溢れた日。

2月26日(火)。

日曜日のおはなし。

土曜日に春一番が吹いて、翌日の日曜日もものすごい強風。
電車もたくさん止まってしまっていた。
若干荒っぽい訪れだけど、確実に春はもうそこまで来ているんですね。


そんな強風の中、昼間は春を探しに、都会の片隅の庭園をぶらりお散歩。
まだ満開ではなかったけれど、2週間前に見た梅よりは、たくさんの花が開いていました。
20080226-2

20080226-3

20080226-4

20080226-5

20080226-6


こんな強風が吹きすさぶ中、「江戸糸あやつり人形」が披露されていて、演者の方はとても大変そうでした。この風じゃ、糸もなかなか操れないですよね。でもさすが、職人。人形と同じ表情でまるで人形が本当に自分で動いているかのように滑らかに演じていて、思わず引き込まれてしまいました。
20080226-7



夕方から浜松町に移動。小学校からの友人、acoちゃんが、ミュージカル「A COMMON BEAT」に出演するのです。見に行くのは2004年の春公演以来。同じミュージカルなんだけど、前回は全編英語だったものが、今回は日本語で歌うということで、よりその世界観が理解できるかなぁと、だいぶ前から見に行くのを楽しみにしていました。
20080226-1


彼女から朝、携帯メールに写真が送られてきていたので、どんな衣装を着ているかはわかっていたのだけど、出演者100人の中から見つけられるかなぁ、と思っていたのですが、最初から最後まで、どこにいてもすぐに見つけることができました。歌って踊っている出演者全員が、笑顔で溢れていて、キラキラしていた。

内容もテーマも、前回見たものと基本は同じなんだけど、前回見た時よりも、さらに洗練・パワーアップされていたような気がします。客席の人との一体感を作り出せるこのミュージカルは、やっぱりすごい力を持っているんだなぁと思った。acoちゃんの踊りも、かわいかった。
感動の1時間半だった。


梅と笑顔で溢れた1日の終わりは、美味しい日本酒と、絶品のぶり大根。
ミュージカルの余韻に浸りながら、気兼ねしない人と飲むお酒の美味しいことといったらない。

風は冷たかったけれど、春の暖かさを感じた1日でした。

テーマ: ウメ(梅) | ジャンル: 写真

ちゃりんこ。 | Home | 戦後の庶民文化史~消えた風景。

コメント

ありがとう

来てくれてありがとう~!
うん、まさにパワーアップした!って実感があった。
あたしの衣装目立つでしょ?
友達が作ってくれたのだ。
また近々遊びましょうね。

2008/02/28 (Thu) 18:40 | aco #s5RVRKAk | URL | 編集

acoちゃん。

先週はお疲れさまでした。
本当にかわいかったよ、衣装も踊りも。
衣装は手作りなんだね。
近々、3人で地元飲みしましょう☆

2008/03/03 (Mon) 01:42 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。