スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲城天然温泉 季乃彩。

4月13日(日)。

朝から雨の、寒い日曜日。
午後には止んだので、稲城天然温泉 季乃彩(ときのいろどり)に行ってみることに。
20080413-1

20080413-2


大型駐車場完備(198台)ということだったのですが、道沿いには車が行列。しばし待つことに。真向かいにある大きな図書館(稲城市中央図書館)の駐車場の前も車の列。人が集まってくる場所なんだなぁ。近くには、城山公園もあり、自然豊かな場所にあります。


ここの温泉の入館料はリーズナブル。平日は700円、土日でも900円で入れます。
ちなみに、岩盤浴に入る場合は、プラス500円かかります。


ここの温泉は、内湯も露天も、お風呂の種類がとっても多いのが特長。
温度も、だいたい39度~42度くらいのものが多く、ぬるめなのでゆっくり入っていられます。
今日入った中では、炭酸泉が気持ちよかったなぁ。そこだけとても混んでいました。

温泉だけではなく、私の好きな草蒸風呂もありました。今日はヨモギ。
匂いを愉しみながら、だらだらと汗を出すことができます。

シャンプー、リンス、ボディーソープは備え付けてあり、(有料ですが)タオルもレンタルできるので、近くに住んでいる人は、銭湯感覚で手ブラで行くこともできるのでしょうね(洗顔フォームや化粧水、乳液などは置いてありませんが)。


それにしても、東京は温泉が多いんだなぁ。。と改めて思いました。

テーマ: 温泉浴・岩盤浴・温浴 | ジャンル: ヘルス・ダイエット

辞書で言葉をめくる。 | Home | 群馬サファリパーク。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。