屋形船で粋な夜。

7月13日(日)。

前の会社の仲間たちと久しぶりに再会しました。おかまバーに行った昨年末の忘年会以来となった今回は、浜松町で集合し、屋形船でお台場を周遊しながら飲む、という企画です。
私は初めての屋形船だったので、かなり楽しみにしていました。

今回お世話になったのは、浜松町にある「船宿 縄定」さん。
20080714-1


まだ少し空が明るい19時に出発です。
20080714-2


この屋形船は、東京湾を進み、フジテレビやレインボーブリッジが見える位置で停泊、トータル約2時間というコース。飲み放題+お刺身や天婦羅などの料理も付いて10,500円というのは、屋形船ならではの情緒も味わえることを考えると、決して高くはないなぁと思います。しかも、本来は10名以上の場合は貸切りで、それ以下の人数だと他のお客さんと一緒に乗ることになっていたのですが、今日は偶然にも私たちのグループだけだったようで、6人で貸切になったのです。非常に贅沢な空間だなぁ。
20080714-4

20080714-5



出発して早々、ものすごいスピードで動き始めたので、普段酔わない私も、人生初の船酔いをしてしまいそうになりました。地震かというくらいに揺れ、テーブルは押さえていないとズレてしまうし、瓶ビールをコップにつごうとするとこぼれてしまいます。天婦羅のつゆなんて、まるでメガネ店の外に置いてある、メガネの洗浄器のように小刻みに振動していました。こんなに揺れると思わなかった。。。


とはいえ6人のうち5人が初の屋形船。船内の色々な所を探索したり写真を撮ったりと、かなりおのぼりさん状態でした(笑)。海の方を見ながら、カラオケで加山雄三を大熱唱したりと、開始早々妙な盛り上がりとなりました。
20080714-3


しかも船頭さんが、「EXILE」と「清原」を足して2で割ったような、若くてがっちりとして後姿がキュッと締まった素敵な方だったので、女子たちは大興奮!思わず、女子3人+船頭さんとで、一緒に写真も撮ってもらっちゃいました。
20080714-6



フジテレビとレインボーブリッジがバッチリ見える停泊地に着くと、屋根に上がらせてもらいました。磯の香りが混じる夜風に吹かれながらのビールはまた格別。気持ち良すぎです。
20080714-7


周りは屋形船だらけで、どこの船もとても盛り上がっていました(カラオケの歌も丸聞こえ)。
こちらの船は6人で余裕でしたが、他の船は、同じくらいの大きさでも数十人乗っていたりして、まさにすし詰め状態。ホントに今回1グループだけというのはラッキーだったんだなぁ。


去年乗った「納涼船」も気持ちよかったですが、屋形船はやっぱり情緒がありますねぇ。
海にお酒に天婦羅。そしてきれいな景色。これだけ揃えば必ず盛り上がります。
飲み会のスタイルとしても、大いにアリだなぁと思いました。夏ですね~。
20080714-8


テーマ: 東京 | ジャンル: 地域情報

福建烏龍茶。 | Home | 宇都宮餃子ツアー。

コメント

いいねぇ。一度は乗ってみたいと思っています。

2008/07/14 (Mon) 11:27 | mamecko #- | URL | 編集

mameckoさん。

そうそう、一度乗ってみたかったのよねぇ。
磯の香りっていいもんだね。

2008/07/16 (Wed) 00:55 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する