スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハッピーフライト」試写会。

11月3日(月)。

今日は、矢口史靖監督の最新作品「ハッピーフライト」という映画の試写会に行ってきました。
昨年12月の「歓喜の歌」、今年6月の「歩いても歩いても」、日にちが合わなくて観に行けなかった「三本木農業高校、馬術部」と、この1年は、本当によく試写会のチケットが当たりました。


この日観た映画は、「スウィングガールズ」や「ウォーターボーイズ」などを手がけた監督の作品ということで、きっと面白い喜劇に違いないと、観る前から少し想像していたのですが・・・。
20081103_9
20081103_10


想像通り、笑いどころ満載で、めちゃくちゃ面白かったのですが・・・。


空港や飛行機の裏側で、実際にこんなことが起こっていたとしたら、飛行機に乗るのが怖くなってしまうような気にさせられるくらい、ANA全面協力のもと撮影された大掛かりなドタバタコメディでした。いやはや、本当によくできているストーリーです。飛行機のお話だと、パイロットや客室乗務員にスポットが当たりがちですし、実際ポスターもそんなイメージだったのですが、1つの飛行機を飛ばすのにこんなにたくさんの人が関わっているんだなぁと、登場人物の多さにもびっくりしました。誰か1人にスポットが当たり過ぎていないので、どのシーンでも笑えます。


<ストーリー>
 舞台は毎日大勢の人々が出入りし、何百機もの飛行機が行き交う巨大な空港。
 ある日のホノルル行き1980便に関わるたくさんの人々。

 副操縦士・鈴木和博(田辺誠一)は、1980便の操縦が機長昇格への最後の試験。
 しかも当日、試験教官の機長が威圧感バリバリの原田教官(時任三郎)に変更に!

 一方、このフライトが国際線デビューとなる新人CA斎藤悦子(綾瀬はるか)は初の長距離フライト、しかもチーフパーサーが厳しいことで有名な山崎麗子(寺島しのぶ)と判明し…。
 緊張しまくりで、空回りしまくりながらも、それぞれの飛行前の準備は無事に完了!
 何とか定刻通りに離陸。このままホノルルまで快適な空の旅♪のはず・・・だった・・・
 のに!??



・監督・脚本:矢口史靖
・公式サイト: http://www.happyflight.jp/
・音楽:ミッキー吉野
・主題歌:『カム・フライ・ウィズ・ミー』(フランク・シナトラ)
・出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸辺一徳
     笹野高史、菅原大吉、田中哲司、ベンガル、田山涼成
     正名僕蔵、藤本静、平岩紙、中村靖日、肘井美佳、森岡龍、長谷川朝晴、いとうあいこ、
     森下能幸、江口のりこ、宮田早苗
     小日向文世、竹中直人、木野花、柄本明
・2008年11月15日よりロードショー。



映画の中で、私のとても苦手なものが画面に強くぶつかるシーンがあるのですが、反射的に思わず体でよけてしまいました・・・。おお、怖い怖い。。

テーマ: ☆試写会☆ | ジャンル: 映画

日比谷公園 山梨ヌーボーまつり。 | Home | 狛江でサイゴン。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。