スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田園調布でキャロリング。

12月24日(水)。

仕事を終え、夜もやっている郵便局で年賀はがきを買い、そのままてくてく歩いて帰っていると、田園調布駅前の広場になにやら人垣ができていました。
20081224-1

「なんだろう、事故かな?」
・・・と思って近づいてみると、集まっている人たちが輪になって、みんなで歌を歌っていました。
とってもきれいな、賛美歌。そっか、今日はクリスマスイヴだからですね。
20081224-2

このきれいな歌声は、田園調布教会と街ゆく方々の「キャロリング」でした。
「キャロリング」というのは、クリスマスイヴの夜にクリスマスの歌や賛美歌を歌いながら色々な所を訪問することだそうで(今日初めて知ったのですが)、今回で9回目を迎えるそうです。おじいちゃんもおばあちゃんも、カップルも子どもたちもみんな、輪の中で賛美歌を歌っていました。教会の人たちと街角でこんな風に歌を歌えるなんて、なんだかステキだなぁ。


とてもきれいな歌声とオルガンの音色、そしてハンドベルの音色に引き寄せられ、しばらくして私も自然と輪の中へ。聴いたことのある曲もあれば、聴いたことのない曲もありましたが、譜面がなくとも自然と口ずさむことができ、気持ちよくハミング。周りにいる人たちは皆、楽譜を持っていたのですが、どうやら予想以上にたくさんの人が集まってしまったようで、150部用意していた楽譜がすべてなくなってしまったそうです。それでも、しばらくその場にいたら、どこかからか楽譜をまわしていただけました。
20081224-4


結局最後までいてしまい、終わったら21時半。30~40分の予定が、50分くらいやっていたみたいです。私は途中から参加したのですが、それでも7曲くらい歌えました。最後はやっぱり「きよしこの夜」。
20081224-3

私はキリスト教徒ではないし、クリスマスという理由だけでわざわざどこかに出かけたりすることが好みではないけれど、街角で教会の人が街の人と一緒に賛美歌を歌っているという、その人たちにとっては当たり前なことを目にしたら、シンプルに「美しいなぁ」と思ってしまいました。人工的なイルミネーションなどなくとも、わざわざ混んでいる都会に行かなくとも、周りはみんな知らない人たちでも、街角で歌声を合わせたら、寒空の下にいるのにあったかい気持ちに。


高校生の時に、部活でクリスマスコンサートをやったのを思い出すなぁ。
その時クリスマスソングをいっぱい覚えたっけ。やっぱり歌うっていいなぁ。
そういえば、3年前のクリスマスにもOB・OGが集まって歌ったなぁ。


偶然通りかかっただけなのに、なんだか背筋がピンと伸びるような、清々しい気分になりました。

テーマ: 心に沁みる曲 | ジャンル: 音楽

どうぶつ、大集合。 | Home | ごちそう。

コメント

はじめまして

李紗さま
市川Nobeeと申します。はじめまてコメントさせて頂きます。
同じ教会の信者より「こんなブログありました!」とメールをもらい、この記事を拝見させていただいたのです。
私はキャロリングのリードをさせて頂いていたおじさんでございます。李紗さんがとても細やかにキャロリングの様子を書いて下さって嬉しく思います!皆さんの参加が私どもの励みにもなっており感謝です。教会にも一度遊びに!?おいで下さいね。歓迎いたします!!
ありがとうございました。
(実は、2006年だったか「きりみつアタッカーズの「試合」を聴かせていただいたことあるんですよ。今は生まれ変わった合唱団のようですね?)

2009/01/04 (Sun) 01:42 | 市川Nobee #- | URL | 編集

市川Nobeeさま。

はじめまして。先日はステキなキャロリングを偶然拝見し、
参加させていただき、ありがとうございました。

まさかあの場にいらした方(しかも真ん中でリードをされて
いたあのお方)からコメントをいただけるとは思っていません
でした。ありがとうございます。あの夜は、とてもきれいな
歌声と演奏だったので、思わず輪に混ざってしまいました。
しかも「きりみつアタッカーズ」をご存知だったということに
とても驚きました。最近新しく生まれ変わってからの歌声は
まだ聴いていないのですが、聴きに行ってみたいと思って
いたところでした。また来年のキャロリングも楽しみにしています。

2009/01/05 (Mon) 00:18 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。