ヨロヨロスケート。

1月4日(日)。

昨日、箱根駅伝を沿道で応援した後その足で、
大学の友人たちと東神奈川にあるスケート場へ。
20090104-2

スケートをするなんて10代以来…。
最後にいつ行ったのか、はっきりとは思い出せないのですが、おそらく16歳頃なのではないかと思います。


十数年ぶりにスケート靴を履き、
20090104-1


いざリンクに立ってみると、、、手すりが全く手放せません(笑)!
20090104-4

スケート靴を履いて氷の上に行くと、立つのもままならない状態だったので、最初は子どもたちに混じって初心者向けのリンクで氷に慣れることにしました。歩くだけでも難しいなぁ。。


しばらく手すりを掴みながら氷の上を歩いていると、だんだん子どもの頃のバランス感覚が戻り始め、手すりなしでも歩けるようになり、次第に歩くよりはスイスイ、ヨロヨロと滑ることができるようになりました。いや~、慣れてくると童心にかえるものですね。楽しい楽しい。
20090104-3


冬休みのためか、家族連れのお客さんが多く、ヘルメットをかぶって一生懸命に滑る子どもたちがたくさんいました。みんな、明らかに私たちより上手い(笑)。後ろ滑りをしたりキュッと止まったり。30過ぎの私たちは体力にも限界を感じ(笑)、休んでばっか。しかも、既に腿の裏の筋肉が気持ち良い状態に・・・。相当筋肉痛になりそうです。リンクの中央では、フィギュアスケートの練習をしている子どもたちもいて、みんな真央ちゃんみたいに軽やかにクルクルまわっていました。うまいなー。
20090104-5


氷の上を何周か滑っていたら、だんだん子どもの頃の記憶が蘇ってきました。
小学校高学年の頃、よみうりランドのスケート場に行ったのですが、そこのスケート場でかかっていた曲が妙に頭に浮かんできて今も頭から離れません。ちなみにその曲というのは、杉山清貴さんの「風のLonelyway」という、バリバリ80年代全開な曲なのですが(いえいえ、とってもいい歌です)、私の中では「風のLonelyway=スケート」となってしまっているほど。スケート場やスキー場でかかっている曲というのは、なぜか頭にこびりついて離れないものですね…(笑)。


というわけで、へっぴり腰のスケートはあっけなく1時間で終了。
真央ちゃんは本当に本当にすごい人なのだと、改めて実感しました…(汗)。

17年ぶりの「愛はどうだ」。 | Home | 箱根駅伝を沿道で応援。

コメント

いや~我ながら楽しそうですなぁ(笑)

思ったよりは筋肉痛がでませんでした。へっぴり腰でしたが意外と上手く滑れてたのか!?

2009/01/05 (Mon) 00:27 | KIMAMA #- | URL | 編集

KIMAMAさん。

昨日は駅伝観戦にカラオケにスケートに鍋にと、移動距離
も多くてアクティブな1日でしたよね、お疲れさまでした。
スケートやスキーなどのウィンタースポーツは苦手なの
ですが、やり始めると楽しめるものですねぇ。ヨロヨロ
しつつも、かなり気持ち良く滑れました。私は両足首が
筋肉痛ですが…今日痛くなってるから、まぁいいか(笑)。

2009/01/05 (Mon) 00:35 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する