スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕らは生まれ変わった木の葉のように」。

6月15日(月)。

小田急線に、千歳船橋という駅があります。略して「ちとふな」とも呼ばれています。
「ウルトラマン商店街」として一躍有名になった祖師ヶ谷大蔵駅と、「大根踊り」で有名な東京農業大学のある経堂駅に挟まれた、非常に地味な駅です。2年前、売り場面積が日本最大級と言われた「ユニクロ」ができましたが、大半の方は、「船橋」という地名を聞くと、千葉県にある船橋を思い起こすのではないでしょうか。こんな細い路地に入ると、道行く人もまばらです。
20090615-1


そんな地味な千歳船橋に、真っ黒い三角形の建物ができ、
20090615-2


6月に「APOCシアター」というカフェシアターがオープンしました。
20090615-3

まだ“仮”とされているサイトを見てみると、名前の「APOC(アポック)」とは「A Piece Of Cake」の頭文字をとっているようで、建物の形がケーキの一片に似ているところから命名されたそうです。「個人(piece)が集まるとホール(hall)になる、アーティストもお客様も元は一個人、集まることでホールが出来る」という意味が込められているとのこと。また、「A piece of cake」 は俗語で「へっちゃら」や「楽勝」という意味を持つそうです。


というわけで昨日、こけら落とし公演「ぼくらは生れ変わった木の葉のように」を見に行ってきました。(※世田谷区民は、少しだけ割引料金で見ることができます)


1F部分は、チケット売り場とフードコーナー。
夏頃には、カフェもできるそうです。
20090615-4

メニューにある「ホッとするすいとん」が気になるなー。
20090615-5


2階部分がシアターになっていて、最終日の最終回とあって満席になっていました。
観劇で初めて、一番前の席に座ることに。相撲の砂かぶり席のような気分です。
20090615-6

登場人物はたったの5人。ある男女がある夜、民家に車で突っ込んでしまったことから物語は始まります。1つの場面だけで話が展開していくのですが、役者さんの息づかい、汗、まなざしをこんなにも間近に感じることができ、1時間半の間、目を離すことができませんでした。
20090615-7


演劇カンパニー「ア・ラ・プラス」主催のこの劇は、「日仏現代文化交流」として、今回第1弾として日本で公演をされた後、第2弾として6月24日~7月10日に、パリ・日本文化会館とベルタンポワレ劇場にて上演されるそうです。ちとふなとパリって、なんだかすごいなー。そして第3弾は、8月15日~18日に「APOCシアター」にて、「ただ世界の終わり」の公演があるとのこと。


今回、運良くそしてタイミング良く、一番最初の公演を見ることができ感激でした。
これからの「APOCシアター」の展開が楽しみです。
誕生日は「試食会」。 | Home | 神奈川県相模原市で「宝くじまちの音楽会」。

コメント

お誕生日おめでとうございます

いや…誠に申し訳ありません
多分書き損じが…
送信されてしまってると思うのですが
もしそうであれば
お手数ですが削除お願いします
私のオンボロPCの入力が・・・でして。

この辺りで
昔バイトしたことがありました
有名な祖師谷大蔵と言えば

木梨さんの
実家があるとこですよね…
ちがったかな。

演劇ご覧になるんですね
一番前の席は
小劇場では
かなり危険ですよね

唾飛んで来ますし(笑
桟敷とかではなかったですか?
桟敷だと腰が痛くなります

その分劇中に自分がまぎれてしまった感覚になれるので私は好きな場所ではあるんですが。

2009/06/16 (Tue) 03:26 | たーぼー #- | URL | 編集

たーぼーさん。

誕生日メッセージ、ありがとうございました。
祖師谷大蔵でアルバイトをしていたことがあるんですね。
祖師谷大蔵といえば、長くて庶民的な商店街、美味しい
お店もいっぱいあっていい街ですよね。木梨さんのご実家
は自転車屋さんですね、木梨サイクル。

一番前の席で見たお芝居は、ステージが1段高いという
こともなく同じ位置だったので、もちろん滴る汗も間近で
見ることができました。劇中に自分がまぎれてしまった
感覚、本当にそんな感じでしたね~。確かにちょっと腰
にはきましたが。

(書き損じコメントは来ていなかったですヨ、ご安心を)

2009/06/17 (Wed) 00:41 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。