スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の大山登山。

午前11時の空、快晴。ひこうきぐも。
スタートしましたよ。大山登山
20060225-1


いや、もともとね、登山とか雪とか冬とか、すっごく苦手だったんですよ。むしろ好きではないカテゴリ。スキーなんてその最たるもので“何が楽しくて寒い中、上ったり降りたりするんだろう”なんて思ったりしていて(学生時代まではスキーに行ってましたがかれこれ9年くらい行ってないですね・・・)。

思い起こせば4日前。23時集合で幼なじみのmaiさんと飲みながら、実に軽~いノリで「ねぇ、大山に登ろうよ」と言われたのがきっかけ。いつもの私なら「え~やだよ~~!」と一蹴するところだったのですが、色々話を聴いているうちに、なんだか登るのが楽しみになってしまったから不思議です。しかも前日には天気や道のぬかるみまで心配する始末。人って分かりません。でもとにかくやってみる、行ってみる、感じてみる・・・こういう感受性って大事にしたいな、って思ったんです。

大山と言えば、実家の沿線にあり、4年間通っていた大学にも近いこともあって、それほど遠出というイメージもなく、子どもの頃に遠足で登った記憶もあったので、軽いノリの誘いとともに「山登り」程度に軽く捉えていたかもしれません。
登り始めた最初の頃は、
20060225-2
ちょっと余裕な風景を撮ってみたり、
20060225-3
何度も大山に登っているという登山のエキスパートmaiさんに言われるがままに、
ケーブルカーなら6分でいく阿夫利神社下社まで、40分かけて歩いていくコースを進み、
20060225-4
湧き水を飲んだり(※注)、緑に触れたりして、晴れた空の下を軽快に歩いていきました。
(※注:七井は都会人ぶって、湧き水をあまり信用できず、かつトイレに行きたくなるかも・・・という理由で一口しか飲みませんでした。山道で転ぶに違いないという理由で替えのズボンと靴下2足、遭難するかも・・・という理由でホッカイロを2つ持っていくなど、ちょっとズレた心配性なのです。転ぶ可能性は高くても、大山で遭難なんてするわけないって)。

そんな余裕も束の間。
20060225-5
ひたすら、登る、登る。
20060225-6
ひたすら、登る、登る。
昨日降った雨の後のぬかるみで足は泥だらけ。
最初は気にしていた泥も、なんだかだんだん汚れるのが楽しくなってきた!
20060225-7
ひたすら、登る、登る。
頂上に近づくにつれて、雪がどんどん増えていく。こんなに雪が残っていたんだ!
これって山登りじゃなくて、普通に雪山登山じゃん!!


20060225-8
やっと頂上だ!!!

20060225-9



20060225-10
maiさんに随分前から「大山の頂上で食べるカップラーメンが最高に美味しい」と
聞いていたので、お昼ごはんは迷わず「赤いきつね」!
まじウマイ。旨すぎる!!!

20060225-11
20分間、しばしの休憩。頂上って面白いですね、色々な過ごし方があるものです。
昼寝をしたり、遠くの景色を眺めてみたり、お参りしたり。
私は今年初のおみくじを引きました。「大吉」です!!
久しぶりの大吉!
かなりいいことが書いてありました。開運お守りに「かえる」も付いていました。

登った甲斐がありました。


日が暮れないうちに、来た道とは別のルートで下山。ヤビツ峠を抜けて蓑毛を目指します。上りよりもひどい雪道でしたが、下りの方が断然足取りは軽快。明らかに、上りと下りでは頭の使い方が違います。上りではどこに足をかければ滑らず崩れず進むことができるかを考え考えしながら歩いていたものが、下りになると無意識に足をつく位置が分かっているんです。慣れというのはすごいものです。
20060225-12

下山した頃にはスニーカーは泥だらけ。初の雪山登山のいい思い出。
20060225-13

蓑毛からバスで秦野駅へ。電車の駅数で考えるてみると「伊勢原~鶴巻温泉~東海大学前~秦野」。随分広いエリアを歩いたもんだ。。
帰りに秦野駅の隣にある東海大学前駅にある「スーパー温泉ほたる」に立ち寄って、ゆっくり身体をほぐしました。

テーマ: 四季 ー冬ー | ジャンル: 写真

雪の大山登山。[番外編] | Home | 23時集合♪

コメント

あららら。登山とは。お疲れ様でした。山登るのって清清しいよね。私は大好きです。大山ってこの前下北の駅のホームに看板があって、大山か~などと考えていた矢先でした。こんどお話聞かせてください。

一人暮らし、一周年おめでとうです。

2006/02/28 (Tue) 12:01 | サブ #- | URL | 編集

>サブさん。
サブさん、登山好きだったんですねぇ。知らなかったですよ。
大山は小田急線沿線住民は行きやすい場所だなぁと思います。フリーパスとかもあるし、今度行ってみては?

2006/03/02 (Thu) 02:01 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

先日の23時集合♪の時にひょんな事から 七井氏と週末温泉から週末大山登山となり天気を心配しながら快晴の当日を迎えた、、朝方3時に帰還した相方に早朝山へ誘うと久し振りの山と言う事もあり疲れた体を押して参加となった。ここから3人の珍道中が始まった。9時過ぎに小田

2006.02.27 (Mon) 10:06 | An endless sky・A pure sky
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。