オリオン座流星群?

10月22日(木)。

私のカメラじゃ夜空の星はきれいに撮れないので、ただの黒い四角だけれど。。。
20091022-1

流れ星を見た!!!
くっきり、はっきり。
生まれて初めての、流れ星。


こ、怖かった~。。。
本当に、落ちてくるんだな。。。
願い事なんて、している場合じゃなかったよ。


今年の10月19日~23日まで「オリオン座流星群」が見頃ということで、フリースを着て、家の物干し場に出てみました。家の周りには高層の建物がなく、丁度夜空を見始めた24:40頃には、はっきりとオリオン座を見つけることができました。


まぁどうせ、東京なんかじゃ見ることはできないんだろうなぁと思って、長い時間見るつもりはなかったのですが、しばらくオリオン座を眺めていたら、数分も経たないうちに“なんとな~く右下に移動する薄い光”がいくつか見えて。


あれ??これが流れ星??
私、コンタクトしているとはいえ目がすっごく悪いし、めちゃくちゃ目が乾きやすいし、きっとこの薄い光は流れ星じゃないんだろうな~、と思ってしばらく見続けていたら、24:49頃、今度は本当にくっきりと、右下に落ちていく一筋の白い光が見えました。


こ、これだ!!!(多分)


はっきりとした光だったけれど、これが今ニュースになっている「オリオン座流星群」なのかどうかは定かではありません。一応、オリオン座の中央あたりから、右下に落ちていったので、もしかしたらそうなのかなぁ??


「オリオン座流星群」なのかどうかはさておき、
落ちていく光の残像は、今でもはっきりと瞼に焼きついています。



星って、あんなに瞬いているものなんですね。びっくりした。
普段、星なんてあまりよく見えないから、じっくり見ていなかったというのもあるけれど…。
オリオン座は白、黄色、緑、オレンジ、赤、、、と、様々な色に変化しているように揺れていて、
それがまたくっきりとしていて、なんだか怖かった。1人で見ていたしね。


まぁ、怖かったのはもう1つ理由があって。



星を見ていたら、鳴るはずのない時間帯に家の電話が1コール鳴ったのです。


!!!!!


普段、携帯電話を使っているので家の電話は滅多に使わないし、そもそも番号を知っている人はほとんどいないのですが…。一瞬、ビクーーーッとして、家の中に慌てて入ったものの、呼び出し音は1回で切れてしまったので、どうにもならず。


私ってば、目だけじゃなくて耳も悪いのかしら??って、我が耳を疑い、空耳であってほしいなぁと願いました。あ、これが願い事か(笑)。あ~、本当に怖かったよ。鳴るわけないよね、こんな時間に。


その後、夫がトイレに起きてきたので、かくかくしかじかと状況を伝えたら、「気のせいなんじゃないの」と言ってくれました。うん、そうだよね、気のせい気のせい。


この後、眠れなくなりませんように(笑)。
…って、1個しか見ていないのに、願い事しすぎだわね。

テーマ: 星景・星野 | ジャンル: 写真

岡村孝子さんのソロコンサート。 | Home | うさぎ饅頭。

コメント

いいなあ、流れ星!
見たい!

真夜中の電話こわすぎです。
読んでる方にもドキドキ感が伝わってきました(^_^;)

2009/10/22 (Thu) 05:39 | 空殻 #CjR4k1/2 | URL | 編集
星の思い出

こんにちは 汐入日本人です。

実は昨日、私も自宅のベランダからオリオン座流星群を見ようと張っていました。最初、女房がズーッとベランダに出たまま戻って来ないので何をしているのか覗いたら流星群を見つけているという事で私も参加することに・・・雲も殆ど無く晴れた夜空だったのですが、如何せん都内の夜は星を観るのには明るすぎ。オリオン座なるものは教えて貰って分りましたが他はちょっと・・・いっそ、クルマをとばして筑波山辺りまで?と一瞬思いましたが留まりました。

星座といえばもう今から20数年前に物凄いのをみたことがあります。場所は新潟県の糸魚川市から更に山奥に入って行った「蓮華温泉」という山中の秘湯ででした。宿から10分位登った山中の露天風呂で、ふと空を見上げるとそこには将に「満天の星」!(孝子さんの詩の世界そのまま)でした。本当に無数の星が輝いていました。その数の多さは気持ち悪いくらいでした。流れ星も5分に1回、いや、2~3分に1回以上、頻繁に流れて行きました。でもほんの一瞬なんですね。自分の視界に入らないものまで入れたらもっと数は多いでしょう。時間的にも昨日とほぼ同じくらい0:00前後で私の他には誰もいなくて星空の露天風呂を独り占めした想い出です。あの経験から事ある度に夜空を見上げる習慣になりましたが未だそれ以上のものは見ていません。

赤坂ライブ本当にすぐになりましたね!当日はまた盛り上がりましょう。

2009/10/22 (Thu) 11:49 | 汐入日本人 #- | URL | 編集

ご無沙汰してます。

それはきっと、オリオン座流星群ですよ。
来年の夏、ペルセウスに挑戦しては。
お盆、八ヶ岳あたりに行けば、たくさん見れますよ。
是非ご夫婦で。

2009/10/23 (Fri) 02:25 | でねぼら #- | URL | 編集

猫さん。

お久しぶりです。
変わらず写真を撮り歩いているようで何よりです。

真夜中の電話は、以前ひとり暮らしをしていた頃に
遭遇した「深夜の訪問者」並に怖かったっす。
http://hot771.blog37.fc2.com/blog-entry-322.html

ホントに空耳だったのかなぁ…と、未だに半信半疑(笑)。

2009/10/24 (Sat) 00:18 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

汐入日本人さん。

ナント。オリオン座流星群を見るために、同じ日に空を
見上げていたんですね。私も最初、薄い光の方は、
星なのか目の錯覚なのか分かりませんでした。
じっと見続けていると目も乾いてくるし、見始めて早々
もう切り上げようかと思っていた矢先に、一筋くっきり
見えたので、ラッキーでした。

秘湯「蓮華温泉」、教えていただきありがとうございます!
「満天の星」見てみたいなぁ。気持ち悪いくらいにたくさんの
星がまたたいているんですね。想像してしまいました(笑)。
二十数年前のエピソードということでしたが、今でもきっと
「星空はいつも」変わらず瞬いているでしょうね。

さてさて、明日より赤坂。ついに始まりますね。私は明日は
「お留守番組」ですが、楽しんできてください。25日に皆さん
でお会いしましょう。

2009/10/24 (Sat) 00:27 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

でねぼらさん。

お久しぶりですー
そうですか、やっぱりこれはオリオン座流星群でしたか、よかったー!

夏には「ペルセウス流星群」が見られるんですね?夏の八ヶ岳は
涼しくて気持ち良いですよね。昔は会社の保養施設があったので
よく行っていました。来年、また旅してみようかなと思いました!

ところで、以前でねぼらさんが紹介されていた本、何軒も書店を見て
回ってデータベースも検索したりしてみたのですが、どこにも在庫が
ありませんでした…(泣)。

ネットで見つければすぐに買えるだろうとは思ったのですが、
ついつい書店周りをしてしまいました(笑)。
でねぼらさんの旅日記、いつも楽しみにしています。

2009/10/24 (Sat) 00:34 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

そです>ペルセウス
8月の15日あたり、お盆の時が極大なのでちょうどいいですよ。

んでもって、えーっと。どの本でしょう。(^^;
本の名前をもう一度教えていただければ……。

2009/10/24 (Sat) 02:04 | でねぼら #- | URL | 編集

思い出しました。配線ですね!
神保町の書泉グランデ6階(だったかな)に行けばあるかも。または秋葉の書泉ブックマート5階に。
あそこは「テツ本」の聖地ですので。

あと、ペルセウスの極大日は8月12日ですね。間違えた……。

2009/10/24 (Sat) 02:22 | でねぼら #- | URL | 編集
流星、星の輝き

こんにちは

このサイトに少しずつお邪魔させてもらっています、茨城パパです。

見慣れたHNの方もいらっしゃるようです。(^^

さて、流星のお話拝見させて頂ました。都内でも見る事は出来るとおもいますよ。もっともマニアの方は山岳方面の出来るだけ空気の澄んでる場所を選ぶようですが。

私は息子が小6位だったかな、しし座流星群の話題が出てワゴン車に寝ぼけたままの息子をヨイショと載せ夜中の3時頃移動して、車の天窓を開け天空を食い入るように見ていた覚えがあります。(2001年秋だったかな)

このときは、シャワーのように・・・という様子ではありませんでしたが、確かに数多くの流星を見る事ができました。(YOU TUBE しし座流星で見れます。)

「ほらー!すごいね。」大はしゃぎの私は息子に声掛けました。返事が無いので息子の顔を見てみるとスヤスヤ寝てました。( _ _(起こさずにおきました)

「流れ星に願いを叶えると叶う」ということから10個くらいの願いを込めたと思います。←半ば無理と思いながら・・・余りに流れ星が多かったので願い事のネタ切れになりました。

今年息子は専門校を無事卒業し、希望をしていた仕事に無事就く事ができました。小さいときから手術の繰り返しだったものですから、将来どうなるのか心配でしたが、どうやら星への願いは叶ったようです。

2008あみん渋谷でファンの方のメール紹介で、星空のお話がでましたよね。あの後じっくり自宅の庭から夜空を見る事があります。←男性の私は全然似合わないけど・・・でも本当に星の輝きって、見る人の心まで変えるようです。

いよいよ明日ですね!思いっきりの声援、拍手贈りたいです。

2009/10/24 (Sat) 13:41 | 茨城パパ #- | URL | 編集

でねぼらさん。

そうそう、そうです、
「配線略図で広がる鉄の世界」という本ですよね。
http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/2200.html

神保町とかアキバの書店にあれば売ってるんですね~。
その付近に行った時に探して見ます!

ペルセウス流星群は、8月12日なんですね。ありがとうございます。

2009/10/25 (Sun) 01:25 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

茨城パパさん。

流れ星にまつわるエピソード、ご紹介
ありがとうございます。素敵なお話ですね。
それに、10数個も見られるなんて、すごいですね。
確かに、願い事のネタ切れを起こしそう(笑)。

今日のステージはきっと良かったでしょうね。
明日(もう今日ですが)まで、もう少しです。

2009/10/25 (Sun) 02:56 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
流星散乱通信?

 こんにちは。

 流星散乱通信って何のっこちゃ?
流星(宇宙塵)が、大気圏を燃えながら、通過(落下)する時に、
その周辺では空気が高温の為に、電離(プラズマ)状態となって、
電波を反射します。 その現象を使った通信。

 英文では、Meteor Burst Communications(MBC)と綴ります。
      Meteor:流星
      Burst Communications:ある程度の塊にした情報を短時間で、
                     遣り取り通信方法。

 地上のAから、流星へ電波を送ると、地上のBが電波を受信する事が出来ます。
数分の一秒程度の短時間ですが、通信を行う事が出来ます。
一般には、流星が見えている間と考えれば好いでしょう。
 だけど、そんなに頻繁に無いだろうとお思いでしょうが、
実際にチャンスは、数秒に一回程度の様です。
流星は、目視出来ないモノも含めると、一日中在る様です。
気長に行えば、かなりのデータを送る事が出来ます。
そんな事から、頻繁に双方向で行う通信には向きません。

 数十年ほど前から、一部のアマチュア無線家によって行われています。
近年では、欧州のアマチュア無線家達が積極的に活用している様です。
アメリカでも、積極的に行う人達が増えている様です。

 また、実用面では、遠隔地から気象データや、機械のモニターデータの
伝送などに使われる事も在ります。
実際には、送信側が通信手順により、受信側へ送るデータの開始位置を知り、
そこからデータの伝送を再開します。

 身近には、流星が見える時に、遠方のFM、TV等の受信が出来る事も在ります。

 宇宙空間を行く流星群には。
 地球より遥かを行く、流星群には電波が届きにくく、
また、電波が届いても、距離的に電波の速さでも、送信してから受信出来るまでの
時間が掛かり過ぎてしまい、実用性に乏しくなります(無いと言った方が良いかも)。
そう言う事をする意味合いが無いかと。

2009/10/26 (Mon) 00:35 | 惣一朗 #V0Zz7F9Q | URL | 編集

惣一朗さん。

こんばんは!昨日はどうもありがとうございました。
そして、詳細な解説のコメントをいただき、ありがとうございます。
お会いした時にこの話を伺って、遠方のFMが聴けるだなんて、
流れ星ってすごいんだな~と思いました。

2009/10/27 (Tue) 02:06 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する