スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜を浮かべて。

3月になりました。気が付くと2006年も1年の1/6が終わってしまったんですねぇ。早い早い。
今日は1日中雨で寒い日でしたが、朝玄関を出てみると、隣の家の梅の木から甘い匂いが雨を隙間をぬってふんわりと漂ってきて、なんとも言えぬ穏やかな気持ちになりました。
春はなかなか忙しい季節ですが、こんな風にゆるやかに季節が変わっていく匂いを感じていきたいものです。

ってことで、今日はコンビニのレジの前に置いてあった季節モノ、宇治園の「桜茶」を購入してみました。
20060301-120060301-2

袋を開けてみてちょっと意外だったのが、お茶のクセに固形物なんです。湯のみにその固形物を入れ、お湯を注ぐと、桜の花びらが開きます。桜の香りを嗅ぎながら飲んでみると、お茶自体はしょっぱく、お湯に浮かぶ桜の花は甘い。一口飲んだだけでは、若干微妙な味かも・・・と思いましたが、飲み続けるとこの“甘しょっぱさ”が結構ハマる。春の味です。

テーマ: 今日の出来事 | ジャンル: 日記

旅の始まりはここから。 | Home | 宮益坂「とんがらし」。

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。