スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラシティでアヴェ・マリア。

12月20日(日)。

新宿から京王新線で1駅乗ったところに「初台」という駅があります。そこには、コンサートホールやアートギャラリーのある「東京オペラシティ」という複合文化施設があり、今日は夫婦でクラシックコンサートを聴きに行ってきました。大きなクリスマスツリーが飾られていて、たくさんの人たちが集まっていました。
20091220-1


今日聴いたコンサートは、サンクトペテルブルグ室内合奏団のクリスマス/アヴェ・マリア。
ヴァイオリンやチェロやハープ、そして美しいソプラノの歌声で、クリスマス気分を味わいに行きました。
20091220-2
20091220-3


<本日演奏された曲>
20091220-4

■第1部

 合奏協奏曲集 作品6より
 第5番 ニ長調 HWV323より 第1楽章(G.F.ヘンデル)

 「オンブラ・マイ・フ(なつかしい木陰よ)」
 (歌劇「クセルクセス」より)(G.F.ヘンデル)

 合奏協奏曲集 作品6より
 第12番 ロ短調 HWV330より 第2楽章(G.F.ヘンデル) 

 「G線上のアリア」
 (管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068より 第2曲「エア」)(J.S.バッハ)

 「3声のカノンのジーグ」ニ長調
 (バッヘルベルのカノン)(J.バッヘルベル)

 「クリスマス・コンチェルトより第1楽章、最終楽章
 (合奏協奏曲 作品6より 第8番 ト短調「クリスマス」)(A.コレルリ)

 「アダージョ」ト短調(T.アルビノーニ)

 「アヴェ・マリア」(G.カッチーニ)

 ヴァイオリン協奏曲「四季」より ヘ短調「冬」
 (ヴァイオリン協奏曲集「和声と創意の試み」より)(A.ヴィヴァルディ)
   第1楽章 アレグロ・ノン・モルト
   第2楽章 ラルゴ
   第3楽章 アレグロ

■第2部

 コラール「主よ、人の望みの喜びよ」
 (教会カンタータ「心と口と行いと生活をもって」BWV147より)(J.S.バッハ)

 「アヴェ・マリア」
 (前奏曲第1番に付けられた宗教的歌曲)(J.S.バッハ、グノー編曲)

 歌劇「マドンナの宝石より」(E.ヴォルフ=フェラーリ)

 歌劇「タイス」より「瞑想曲」(J.マスネ)

 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より「間奏曲」(P.マスカーニ)

 「アヴェ・マリア」
 (エレンの歌 その3―作品52 D.839)(F.シューベルト) 
 
 「ハレルヤ」
 (モテット「踊れ、喜べ、汝幸いなる魂よ」)K.165(158.a)(W.A.モーツァルト)

<アンコール曲>
20091220-5

 ディヴェルティメント(モーツァルト)

 紅葉(岡野貞一)

 ピッチカートポルカ(ヨハン・シュトラウスII世)


素晴らしい音響のコンサートホールで、美しい弦楽器の音色と空気に響き渡るソプラノボイスを聴きながら、ゆったりとこの1年間にあった出来事を振り返りました。特に「バッヘルベルのカノン」と、アンコールの最後に演奏された「ピッチカートポルカ」は最高でした。壮大な生演奏って、やっぱり鳥肌が立ちますね。
20091220-6


去年のクリスマスイブの日に偶然参加した「キャロリング」に、今年は参加することが時間的に難しく残念ですが、やはりクリスマスに音楽を聴いたり歌ったりするのは、私の中では1年の恒例行事なのだなぁと実感した演奏会でした。
20091220-7

テーマ: ☆クリスマス・ソング☆ | ジャンル: 音楽

我が家でカレーランチ。 | Home | クリスマス忘年会。

コメント

何年か前に、オペラ歌劇を高いチケット代払って見に行ったことがあります。指揮者が小澤征爾最後の指揮とかで、観客自体がフォーマルな服で自分は当時ユニクロ^^;
本物のオペラは遠くまで声が響くんだなぁ~と感じたのを覚えてます。

次回はサラ・ブライトマンのオペラが聞きたいですねぇ

2009/12/23 (Wed) 20:27 | マジカルママ #- | URL | 編集

マジカルママさん。

こんにちは。マジカルママさんて、本当に多趣味で知識も深くて、いつも感心しています。オペラ歌劇も観に行かれたことがあるんですね。声がものすごく響くと聴いている自分の体にも心にもズンッと響いてきますよね。サラブライトマンの声、私も好きです。この前も車の中で聴いたのですが、あんな風に高音を響かせて歌えたら、本当に気持ちいいだろうな~と思いますね。

2009/12/24 (Thu) 09:10 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。