スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯お遍路、37~46軒目。

昨年より始めた東京都内の銭湯をめぐる「銭湯お遍路」。
2010年に入ってからは、1月は非常にハイペースで進んでいたものの、2月~3月は帰宅が遅くなる日が多く、一気にペースダウン。。気が付けば今週で3月も終わってしまうんですよね。今までのペースから考えると、3ヶ月で10軒とは、なんとも寂しい限り。。。

ということで今回は、前回の続きとなる10軒(37軒~46軒)を書き残しておこうと思います。

■1軒目~10軒目
■11軒目~17軒目
■18軒目~26軒目
■27軒目~36軒目
20100324-1



■37軒目:梅の湯(立川市)
20100324-37
立川駅からは少し距離がありましたが、「これも銭湯なの!?」というくらい、まるでスーパー銭湯のように設備が整った銭湯でした。特に岩盤浴が最高です。また、フロントやロビーには、たくさんのマンガやフィギュアが並んでいて、明るいマンガ喫茶、という雰囲気でした。店主の方のご趣味なんでしょうかね。お風呂から上がって駅に戻る道の途中に、ちょっと一杯やっていきたくなるようなお店が多かったのも印象的でした。


■38軒目:新寿湯(世田谷区)
20100324-38
以前、ウォーキングをしながらゴールとして目指していた銭湯に行く途中でたまたま見つけた銭湯。なるべく居住地と同じ区にある銭湯は、お遍路の終盤に取っておこうと思いつつも、昔ながらの佇まいの銭湯だったので行けるうちに行っておかなくては!という気持ちになり、行ってみることに。設備の良い37軒目とは対極の銭湯ではありますが、これがまたなんとも落ち着くお風呂でした。やっぱこれだね~。


■39軒目:弁天湯(墨田区)
20100324-39
お相撲を見た帰りに、両国にある銭湯でひとっ風呂。下町情緒が溢れつつも、静かな銭湯でした。


■40軒目:清水湯(港区)
20100324-40
あの「表参道」にも銭湯が!?と思って以前行ってみたら、私の持っていたMAPが少し古くて、改装後に休業日が変わってしまっており、行ってみたらお休みだったんです。ということで、数ヵ月後にリベンジ実現。37軒目の「梅の湯」と同様、スーパー銭湯のような雰囲気でした。敷地自体は狭かったのですが、とてもお客さんが入っていて賑わっていて、洗い場を確保するのがちょっと大変(7軒目に行った品川区の「武蔵小山温泉 清水湯」にも似た感じ)。ぬるめのシルク風呂にのんびり浸かりました。フリーペーパーが置かれていたり、野菜が置かれていたりと、かなり独自路線を進んでいるようにも見え、大変個性的な銭湯でした。とっても清潔感のある銭湯なので、表参道にショッピングに来る若者たちにも人気でしょうね。


■41軒目:イーストランド(江戸川区)
20100324-41
なんと、横文字の屋号の銭湯。町田忍さんの本「ザ・東京銭湯」によると、もともとは「東湯」という屋号だったとのこと。肌に優しく泡立ちの良い軟水の銭湯で、ミスとサウナはシャワータイプ。この日の薬湯は甘い香りの漂う黒糖ミネラル風呂でした。南国風の植物が生い茂る半露天風呂もありました。若干床がすべりやすく、転ばないように気を付けました。


■42軒目:稲荷湯(八王子市)
20100324-42
フロントにいらした方が、他の銭湯では見かけないような若者2人で、お客さんが集中していた時間帯だったのか、若干慌しそうにしていました。。男湯と女湯が1Fと2Fに分かれている作りで、あまり広くはない空間をうまく使っているような建物でした。37軒目の「梅の湯」や40軒目の「清水湯」とはちょっと趣が異なりますが、ややスーパー銭湯に近い雰囲気。時間帯によるものなのか、部活帰りと思しき若者たちや、小さな赤ちゃんを連れたファミリーが多いように感じました。混んでいたのであまりのんびりはできませんでしたが、露天風呂やサウナもあって、設備は充実していました。


■43軒目:蛇骨湯(台東区)
20100324-43
「じゃこつゆ」という不思議な屋号。浅草の街中から細い路地に入り、昭和の雰囲気が漂うスナックに隣接した場所にありました。かなり昔からある銭湯のようですが、昨年末に改装したばかりのようで、この界隈の中では妙に目立っていました。常連さんが多いようで、浴室内やサウナ、水風呂の至るところでお客さん同士がお話をしていました。休業期間中は近くにある他の銭湯に通っている方が多かったようで、近隣の銭湯情報を交換している方もいました。サウナに入っていた時、専用のバンドを腕に巻いていたのですが、どうやらそれが角度的に見えなかったのか、「お嬢さん、サウナに入るにはバンドが必要なのよ」と常連さんと思しきご婦人から親切に話しかけられたりもしました。本当に地域によって雰囲気は違うものですねぇ。。


■44軒目:月島温泉(中央区)
20100324-44
ここはスゴかった。。。。きれいだし、温泉だし露天風呂はあるし、設備は充実、、、なのですが、壁という壁に隙間なく手書きの注意書きの紙がビッシリと貼られていた銭湯でした。他の銭湯でも注意書きが書かれた貼り紙はよく見かけますし、まだまだ40数軒しか回っていないとはいえ、これまでにも(ここには書けないような)数々のビックリ銭湯に巡り合いましたが、入っていてここまで落ち着かなかった銭湯は正直初めてでした。。。月島という場所柄、初めて来るお客さんや観光客の方も多いでしょうし、マナーの悪い方もいるのでしょうが、、、お風呂はリラックスして1日の疲れを癒す場所。正直ここまで全方向から注意しなくても、、、、(汗)。お湯自体はと~っても良かったので、この雰囲気はなんだかちょっとモッタイナイなぁ、と思いました。


■45軒目:山の湯(世田谷区)
20100324-45
当初目指していた銭湯を歩いて探している途中で見つけた銭湯。44軒目とは対極にある、昔ながらのレトロな銭湯。お湯に浸かりながら「やっぱこれだね~、落ち着くね~」と思わずつぶやいてしまいました(笑)。


■46軒目:曙湯(府中市)
20100324-46
壁から中央にかけて浴槽が配置されている銭湯でした。サウナの温度がとっても快適で、この10軒の中では久しぶりのヒットでした。


+ + + + + +


これまでは、自宅の近辺にある銭湯を中心にめぐっていたのですが、最近は少しずつエリアを広げつつあります。そのためか、フロントでスタンプを押してもらう際も、スタンプ帳を見て「随分色々な所に行ってますね~」と声を掛けられることが多くなってきました。


また、今回の10軒をめぐっている途中で「長山洋子“銭湯キャンペーン大使”就任記念銭湯スタンプラリー」なるものも始まりました。「お風呂だよ!桶さだよ!洋子だよ!みんな銭湯に集まれ!!」というキャッチフレーズを見て最初は何が始まったのかと思いきや、演歌歌手の長山洋子さん「おけさ恋唄」という新曲を発表し、PV撮影を銭湯で行ったことがきっかけで、大使に就任されたのだとか。2月10日~4月30日の期間に異なる銭湯のスタンプを5つ集めると、長山洋子さんの特典(直筆サイン)がもらえると書いてあったので、早速送ってみようっと。
20100324-2


銭湯お遍路は88箇所で一巡。今回でようやく折り返しを過ぎました。
これから暖かくなるので、引き続き色々なエリアをめぐり、銭湯情緒を愉しんでいこうと思います。

テーマ: 東京 | ジャンル: 地域情報

つば九郎とノッポン兄が共演。 | Home | 二ヶ領用水で夜桜花見。

コメント

焦らずコツコツと頑張って!

こんにちは 汐入日本人です。

銭湯お遍路の話題、久々でしたね。何かと忙しい時は物事も、はかどらない事が多々ありますが、数をこなせない時も焦らないでコツコツと巡る事が一番だと思います。お遍路も半分終わったとなると終わりもどうにか見えてくるかと・・・

浅草の「蛇骨湯」にも入らしたのですね!永らくリニューアル工事で休業だったとは知りませんでした。現在の一代前の「蛇骨湯」には20年位前ですがよく訪れていました。当時の勤務先からも凄く近く、仕事帰りに「一っ風呂」浴びて帰途に就いたりしました。当時から常連が非常に多く、お節介なおじさん、おばさんも多かったです。少しでもマナー違反な事があると即座に指摘されるので初心者には少しプレッシャーかも・・・そして更に多いと感じるのは任侠者ですかね。一種独特の雰囲気のある銭湯でした。(今も、その雰囲気は残っているようですね。)

これからの季節、表歩きも大分、楽になります。銭湯お遍路も更に数をこなせる様にお祈りしております。どうぞ頑張って下さい!

2010/03/29 (Mon) 04:25 | 汐入日本人 #- | URL | 編集

汐入日本人さん。

こんばんは。いつも銭湯・温泉情報を教えていただき
ありがとうございます。そうですね、銭湯お遍路も半分を
越えましたが、数を上げていくというよりは、都内の銭湯
情緒を味わいながら、一日の疲れを取り、体をほぐして
いくことが一番の楽しみとなっているので、行ける時に
マイペースに進めていこうと思っています。とはいえ、
定期的に廃業銭湯をチェックしているのですが、行こうと
思っていた銭湯がなくなってしまうこともあるので(実際、
46軒のうちいくつかの銭湯がその後廃業ししまいました)、
複雑な気持ちもありますが。。

下町の銭湯は、本当にお客さん同士の会話に花が咲いて
いますね。私もよく話しかけられることが多いですよ。一緒
に銭湯めぐりをしている夫から男湯の状況も色々と教えて
もらっていますが、女湯とはまた違った様子を知ることも多く、
びっくりさせられることもあります(笑)。

先日汐入日本人さんからいただいた、銭湯マップも大切に
保管しています。あのマップをもとに、どこの銭湯に行こうか
選んでみようと思います!

2010/03/29 (Mon) 22:59 | 七井 李紗 #- | URL | 編集
出張の帰りに寄りたいものです。

少しお久しぶりですね。

季節はすっかり春。もう雪は降らないと思いますが(笑)

七井さんのブログ拝見していると銭湯がいっぱい出てきますが、23区だけでもかなりの数がありそうですね。銭湯の名前は忘れてしまいましたがもしかしたら、26,7年前に友人宅行ったとき利用した銭湯もここに出ているかも知れません。

温泉もあるんですね。遠距離出張で東京到着の際にちょこっと一風呂浴びて疲れ取るのもいいですね、今度寄ってみようっと!
 

2010/04/07 (Wed) 00:47 | 茨城パパ #- | URL | 編集

茨城パパさん。

少しお久しぶりです!コメントありがとうございます。
春なのに、なんだか寒い日が続いていますよね。
東京は銭湯はまだ結構残っていますが、それでも
年間数十軒は廃業されているということです。
茨城県はどんな感じの銭湯があるんでしょうね。

東京の銭湯は温泉も多いので、ぜひ東京にいらした
際はひとっ風呂浴びてみてくださいね☆

2010/04/09 (Fri) 00:47 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。