スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭湯お遍路、47~56軒目。

7月5日(月)。

昨年より始めた東京都内の銭湯をめぐる「銭湯お遍路」。
今回は、前回の続きとなる10軒(47軒~56軒)を書き残しておこうと思います。

■ 1軒目~10軒目
■11軒目~17軒目
■18軒目~26軒目
■27軒目~36軒目
■37軒目~46軒目
20100705-11

■47軒目:桜館(大田区)
20100705-1
五反田と蒲田を結ぶ3両編成の電車、東急池上線の池上駅から徒歩5分の場所にある銭湯。男女入れ替えの「壱の湯」「弐の湯」に分かれていて、展望風呂や薬草風呂、露天風呂、屋上ガーデン、ジェットバス、スチームサウナなど、色々な種類のお風呂を楽しむことができる銭湯です。大関・把瑠都(ばると)のいる尾上(おのえ)部屋がこの近くにあるということを知っていたので探してみたけれど、夜で暗かったからか見つけられず。。。


■48軒目:栄湯(世田谷区)
20100705-2
東急田園都市線の用賀駅から歩いて数分のところにある銭湯。桜新町~用賀付近をお散歩した帰りにぶらり、ひとっ風呂。立派な唐破風のレトロな建物を見るとほっとします。サウナと薬湯あり。


■49軒目:松の湯(品川区)
20100705-3
東急大井町線/浅草線の中延駅より徒歩2分のところにある銭湯。薬湯にサウナ、露天風呂に温泉と、色々揃っていました。「松の湯」という屋号は日本で一番多いらしいのですが、お遍路をした中では初めての「松の湯」でした。(別の区にあった「松の湯」は、残念ながら休業中で入浴できず)


■50軒目:草津湯(大田区)
20100705-4
東急多摩川線の矢口渡駅から徒歩で数分のところにある銭湯。この日は車で行ったのですが、どうも大田区とは相性が良くないらしく、一方通行の道が多いため1本道を入り損ねると大変なことに。近くまで来ているのになかなかたどり着くことができず、ぐるぐる回ってしまいました。カーナビは近くまで来ると「目的地に近づきました。音声案内を終了します」と言って無言になりますからねぇ。。。薬湯にサウナ、露天風呂あり。


■51軒目:清春湯(中野区)
20100705-5
東京メトロ丸の内線、中野新橋駅より少し歩いたところにある銭湯。サウナを利用するとスタンプカードがもらえ、5回利用すると1回分無料になります。サウナ、露天風呂あり。


■52軒目:蒲田温泉(大田区)
20100705-6
道の相性が悪い(笑)大田区へ。大田区は銭湯の数が多く、銭湯マップでも4ページも使われているほど。しかも、肌がすべすべになる黒湯の温泉も多いので、たくさんめぐってみたくなります。ここ蒲田温泉は、高温風呂があり最初は入るのが辛かったけれどだんだん慣れてきました。そういえば水風呂も、このお遍路を始めるまではなかなか長時間入っていられなかったけれど、1回の入浴でサウナ⇒水風呂⇒サウナ⇒水風呂のセットを数回繰り返すようになって、体全体を水風呂に長時間どっぷり浸かることにスッカリ慣れてしまいました。今や、水風呂がないことの方が逆に辛いです。


■53軒目:天狗湯(世田谷区)
20100705-7
東急世田谷線の世田谷駅より徒歩数分のところにある銭湯。お遍路21軒目に訪れた、杉並区の秀の湯に行った時、親戚の方が世田谷の天狗湯をやっていると仰っていたので、いつか行ってみようと思っていたのですが、リニューアルの工事が始まってしまい、しばらく行くことができませんでした。度々この近辺を通りかかることがあり、リニューアルが完了したことを知ったので、ようやく行ってみることに。フロントで秀の湯のことを話すと、どうやらご存じない様子。おそらく前のオーナーさんのことなのではないかと。リニューアルをして、オーナーさんも変わられたようでした。リニューアルした後だったので、中はとてもきれいでした。新しい銭湯なのにペンキ絵の背景画もあり、薬湯、ボディジェット、足湯もあり、長湯できます。かなり満足度の高い銭湯でした。


■54軒目:狛江湯(狛江市)
20100705-8
小田急線の狛江駅にある銭湯。マンションの1階にあり、若干無機質でこじんまりとした作りです。お遍路を始まる前に行ったことがあったので、改めてスタンプを押してもらいに再入浴。これで、お遍路前にめぐった銭湯はリベンジ完了。ここに戻ってくるまで長い道のりでした。


■55軒目:明神湯(大田区)
20100705-9
東急池上線の雪が谷大塚駅と石川台駅のちょうど中間あたりにある銭湯。昔ながらの建物は、立派!!の一言。そして、古いのにとってもきれい。掃除がとっても行き届いているのが良く分かります。床も窓もピッカピカ。久々の番台でしたが、オジサンではなく女将さん、という感じの女性でした。夫と時間を決めて出るようにしているのですが、この日は私が少し早く上がりました。先に外に出ていようかと思ったら、夫が出てくるタイミングを女将さんが教えてくださり、とても優しい方だなぁと思いました。実は、東京都の公衆浴場業生活衛生同業組合さんから、偶数月に発行されている「1010」という冊子(フリーマガジン)を毎回楽しみにしているのですが、6月は入手し損ねてしまい、6月最終日にこの銭湯で聞いてみると、発行後2日でなくなってしまったとか。時々組合の方が補充に来るということでしたが…。2ヶ月に1回発行なので、7月でもどこかで入手できるかもしれませんが、ちょっと心配。ちなみにこの日、脱衣場に忘れ物をしてしまい、翌日の夕方取りに行った時も、女将さんは優しく対応してくださいました。2回行ったことで、明るい時間に写真を撮ることができて良かった。建物も中のお風呂も女将さんも、最高の銭湯でした。


■56軒目:湯パーク日暮里(荒川区)
20100705-10
JR日暮里駅より数分歩いたところにある銭湯。日暮里駅といえば、日本で唯一の“三助さん”(+400円で背中を流し、マッサージもしてくれる方)がいる斉藤湯が有名なのですが、まだ行ったことはありません。先週の「アド街ック天国」でも紹介されていました。この日行った湯パーク日暮里は、ロビーで飲食をすることができるエリアがあるほか、露天風呂、サウナ、ジェットバス、薬湯など、色々な種類のお風呂がありました。この日の薬湯は「靄」。ほんのり甘い、良い香りがしました。ちなみにここでも冊子「1010」の6月号ゲットできず。。。



<番外編> 
47~56軒目をめぐる間、神戸と函館に旅行をし、東京以外の銭湯で“スタンプ無しお遍路”をしました。

■番外編1:湯あそびひろば 天然温泉 芦原温泉(兵庫県神戸市兵庫区湊川町)
20100502-k

■番外編2:天然温泉 朝日温泉(兵庫県神戸市兵庫区永沢町)
20100503-20

■番外編3:亀田温泉(北海道函館市亀田本町)
moblog_1b06ffc2.jpg


お遍路88箇所(1冊目)のゴールまで、あと32軒です。

テーマ: 温泉浴・岩盤浴・温浴 | ジャンル: ヘルス・ダイエット

讃岐うどんは、オーナーの気まぐれ。 | Home | 普段着で、庭園散歩。

コメント

久々の銭湯お遍路の話題堪能です!

こんにちは、汐入日本人です。

ここでは久々の銭湯の話題ですね。暑い夏、気持ち悪い汗を流すのに銭湯はうってつけの方法です。温まり過ぎると入浴後の汗がまた凄いですが・・・

今回のお遍路は東京城南地区が多かったですね。今や銭湯も近代的なビルに入居しているような形態が多く、今回の世田谷区の「栄湯」、大田区の「明神湯」の様な社寺建築様式の銭湯は本当に少なくなってきました。昔は銭湯の建築の代名詞的なものでしたが。

荒川区の「斉藤湯」の三助さん、先日のテレビ東京の「アド街」で放送されているのを私も観ました。まだこの職業の方がいらっしゃったんですねぇー。今度はまとめて荒川、足立、墨田あたりの銭湯制覇の報告を期待しております!

2010/07/06 (Tue) 12:57 | 汐入日本人 #- | URL | 編集
次の10軒は下町へ!

汐入日本人さん。

こんばんは。先日の「アド街」、汐入日本人さんもご覧になっていましたか~。私はたまたま「斉藤湯」が紹介されているあたりから見始めたのですが、つい「三助さんだ~!」と叫んでしまいました。もちろん、未体験ですが。女性も背中を流してくれるようですが、どんな雰囲気なんでしょうねぇ、、、

暑い夏の銭湯めぐりは、お風呂に入って汗を流しても、帰り道も歩くので、結局また汗をかいてしまいます(笑)。

汐入日本人さんが仰るように、今回の10軒は城南エリアが多かったので、次は本格的に下町エリアに進出したいと思っています(近場の銭湯から行っているので、だんだん少なくなってきたこともありますが…)。以前いただいた荒川区の区報や足立区のフリーマガジンをチェックし、残りの約30軒も楽しみながらめぐりたいと思っています!

大田区の「明神湯」は本当にいい銭湯でした。昔ながらの風情を残す「明神湯」のような銭湯に、まだまだめぐりあいたいものです。

2010/07/07 (Wed) 00:58 | 七井 李紗 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。