スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板橋区板橋のホルモン焼き「山源」。

11月1日(日)。

テレビドラマ「孤独のグルメ」で紹介された後に、実際に行ってみたお店の紹介です。
何度目かの電話で、ようやく予約することができたホルモン焼き「山源」さん。(Season3)
JR板橋駅から歩いて5分くらいのところにあります。
20151101-1

だいぶ前に予約をせずに行ってみた時があったのですが案の定入れなくて、山源さんのすぐ近くにある「オセヨ本店」で食べて帰ったことがありました。こちらのお店のお肉も、美味しかったですよ~
20151101-2

予約時間よりだいぶ早く着いてしまったので、周辺をうろうろ。
お店の前にはイスが置いてあるのですね。外でも食べることができるのかな。
20151101-3

孤独グルメのポスターは、だいぶ色あせてしまっていました。。
20151101-6

そそられる店構えですなぁ~。早く食べたーい!
20151101-4

ホルモン焼きたーい!
20151101-5

予約時間となり店内へ。煙モクモクで楽しみだ~!
20151101-7

まずは、ビールとお通しでカンパイ。
20151101-8

いきなり!この和風キムチが美味しくて美味しくて。
20151101-9

バリバリキャベツも止まらない。
20151101-13

ホルモンは、タレとシオ。
シオ味で人気のお肉はトントロ、コメカミ(カシラ)、ナンコツ、ハツ、ミノ。
20151101-10

タレで人気はレバー、ラム、ハラミ、カルビ。マニアックなメニューはホーデンとコブクロ。
20151101-11

さ~、じゃんじゃん焼きますよ~!大きなホルモン!
20151101-12

網にホルモンを乗せると、すぐさま白い煙が上がり始め、
20151101-14

勢いよく炎が肉を包み込みます。
20151101-15

炎が激しくなって来たらテーブルに備え付けられたペットボトルのお水を七輪の縁にかけ炎を弱めていく。
20151101-16

しっかり焼いても中はジューシー。
20151101-18

わさびと柚子こしょうを付けて食べるのも合いますね~。
20151101-17

もちろん、白いご飯は絶対的な相性!!
20151101-19

ホルモン以外も、じゃんじゃん焼いていくよ~
20151101-20

20151101-21

なかなか予約が取れないのも納得だなぁ。これほどまでに満足感の高いホルモン焼き、また来たくなっちゃいます。炎に包まれた熱々のお肉をハフハフしながら、白いご飯と一緒に。最高ですな~!
20151101-22


<Shop Information>

山源

住所: 東京都板橋区板橋1-22-10
TEL: 03-3963-4656
営業時間: 17:00~22:00
定休日: 月曜日
URL: http://tabelog.com/tokyo/A1322/A132201/13025646/


目黒区駒場東大前のマッシュルームガーリック「ボラーチョ」。

2月6日(金)。

テレビドラマ「孤独のグルメ」で紹介された後に、実際に行ってみたお店の紹介です。
仕事を終えて夫と待ち合わせて向かったのは、レストラン「ボラーチョ」さん。(Season3)
人気のお店でなかなか入れないので、予約をしてから行きました。
20150206-1

京王井の頭線 駒場東大前が最寄り駅です。駅からお店まで、歩いて10分くらいです。
20150206-2

中に入ってみると、懐かしい「喫茶店」のような雰囲気の洋食レストランでした。店内はあまり広くはないですが満席。中央にある大きなテーブルに通され、横並びで座りました。メニューも、長年使い込まれていんだろうなぁ。
20150206-3

メニューに手書きで線が引いてあったのは、、、「ミックスナッツ」と「お新香」。昔はあったんだ!?
20150206-4

料理がやってきました。まずは、「カキグラタン」。
20150206-5

続いて「合鴨のクンセイ」。
20150206-6

「グリーンアスパラマヨネーズ」。太っといアスパラだな~!
20150206-7

そしてメインはこちら!「マッシュルームガーリック」。パンも付いてきます。
20150206-8

最後は、ボリュームのある「コルシカ風ステーキ」。食べ過ぎですかね...(^^;
20150206-9

でも、他にも気になるメニューがいっぱいありました。1回じゃ食べきれないなぁ~。
20150206-10

お店を出るとぐ近くに「松見坂下」というバスの停留所もありました。電車よりも家に帰りやすくて良かった♪
20150206-11


<Shop Information>

ボラーチョ (BORRACHO)

住所: 東京都目黒区大橋2-6-18
TEL: 03-3465-4452
営業時間: [火~金、土]18:00~翌3:00/[日、祝]18:00~翌1:00
定休日: 月曜日
URL: http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131801/13020966/


新宿の水たき料理専門店「玄海」で新年会。

1月12日(月)。

新宿御苑前駅からゆっくり歩いて5分ほど。靖国通りに出ると度々目にしていた「水たき 玄海」さん。
20150112-2

建物の上には大きな看板、お店の存在は以前から知っていたものの、創業昭和3年の老舗に行く機会はなかなかありませんでしたが、昨日はこちらの「玄海」さんで新年会がありました。
20150112-1

左側が「水たき 玄海」さん、右側が「げんかい食堂」さんのメニューです。奥まで進むと、別の名前のお店があったのですね~。そして、場所はここから離れていますが、新宿駅南口のタカシマヤにも店舗があるようです。
20150112-4

ちなみに昨日1月11日は「111」で1が3つ並んでいて縁起の良い日(「鏡開き」の日)。こちらのお店では、「塩の日」と書かれた紙が貼られていました。「敵に塩を送る」という言葉の語源となった上杉謙信と武田信玄の故事に由来しているということで、初めて知りました。毎日「○○の日」という紙が貼られているとなると、他の日も気になっちゃいます。
20150112-3

玄関に続くロビーには、大きな太鼓が飾られていました。太いバチもあって、叩いて音を出しても良いようです。
20150112-5

2階の「松」という6畳の掘りごたつのお部屋に案内いただきました。窓の外には小さなお庭、都会の喧騒を全く感じることのない落ち着いた空間です。
20150112-6

まずは、今年もよろしくお願いいたしますと、瓶ビールで新年の乾杯。
20150112-7

「吟(うたい)コース」(8,000円)は、水たきと名物のお料理7品のコースです。
20150112-18

コース料理の一品目、「季節野菜のすりながし」は、じゃがいもの味がする冷製スープでした。食前酒のような小さなグラスでいただきましたが、なんとも繊細なお味。お芋だけではなくて色々な食材が合わさっているのではないかな~と思ったけれど、これをほぼ一口でいただいてしまうのが、何とももったいないと思いつつ、ほぼ一口で飲んでしまいました。。

そして、「先付け」は、松風・竹ちしゃとう・梅花寿司・菠薐草煮浸し・黒豆・蟹しんじょうの6品。これまた上品なお料理。味わって食べなければ!と思いつつ、パクパクパクっといつものペースですぐに食べ終わってしまいました。ちゃんと1つひとつ素材の良さを噛みしめないと、料理長さんに申し訳ないですよね。。。でも、空腹だったんです。ごめんなさい。
20150112-8

続いて「冷彩」笹身薄造り、季節野菜、土佐醤油でした。
20150112-9

こちらは吟コースのお料理ではありませんが、大きな鶏肉もいただきました。
20150112-15

いよいよ、メインの「水たき」です!鶏の出汁たっぷり、コラーゲンたっぷり!大きなお鍋で長時間調理された乳白色のスープの中に、鶏肉が入っています。
20150112-10

スープはまずはそのまま飲み、その後練りニンニクを入れて再び。鶏肉はポン酢で。
20150112-11

お口直しに「梅のゼリー」。トゥルッと一口。(写真は撮り忘れました。。)

「季節の煮物」は大根、江戸菜、焼き餅、海老、柚子。とろりとした餡が美味しい~、、
20150112-12

「お食事」は雑炊とお新香。最初から最後まで繊細で上品な味です。。
20150112-13

食後に、抹茶のアイス。スプーンの模様も素敵。。
20150112-14

お酒は、瓶ビールの後に日本酒をいただきました。
20150112-16

新年といいうことで、金粉入りです。最初はおちょこの中でほんのりキラキラ。最後は瓶の底の方に、結構な量の金粉が入っていました。
20150112-17

居心地の良いお部屋だったので、ゆっくり過ごせた新年会でした。
なかなか来る機会のない老舗水たき料理専門店、美味しくいただきました。


<Shop Information>

水たき 玄海

住所: 東京都新宿区新宿5-5-1
TEL: 03-3352-3101  フリーダイヤル 0120-3101-95 (営業時間 11:00~22:00)  
URL: http://www.genkai.co.jp/


中野区東中野の羊の鉄鍋とラグマン「キャラヴァンサライ包」。

1月5日(月)。

今日から2015年の仕事が始まるなぁ。朝も早いし、もう寝ようっと。平日はまたしばらく更新が止まってしまうかと思いますが・・・ゆるやかに、そのうちまた^^

一昨日昨日に続き、テレビドラマ「孤独のグルメ」で紹介された後に、実際に行ってみたお店の紹介3軒目。中野区が続きますが、別の日です。昨年8月のとある日、東中野にあるアフガニスタン料理のお店「キャラヴァンサライ包(パオ)」さんに行ってきました。(Season3)
20150105-1

実はこの場所、2008年の4月に一度来たことがあります。お店の上にあるイベントスペース「驢馬駱駝(ろまらくだ)」で、歌と芝居のショーイベントに我が家共通の友人が出演するということで、見に行ったのでした。「孤独のグルメ」がきっかけで6年後に再び来ることになるとは、思いもしなかった。。。(^^;
20150105-2

店内は賑わっていたけれど、すぐに席に案内していただけたのでひと安心。アフガニスタン料理は食べる機会がないので、気になるメニューがいっぱいです。

「アフガンマントゥ(手作り皮の蒸し餃子)」 
ブルーチーズクリームとラム肉の香りが絶妙!
20150105-3

「ラムロースのたたき」 
ラム独特の臭みはなく、オリーブオイルと塩コショウ、玉ネギとパクチーがよく合う!
20150105-4

「ムルグ」、「コフタ」 
ムルグは香辛料のペーストに漬け込んだ鶏の鉄串炭火焼で、ちょいピリ辛。コフタは羊肉団子の鉄串炭火焼で、ラムの味がしっかり分かります。肉の中まで味がしみ込んでいて美味しい!
20150105-5

「鶏とアボカドのサラダ」 
ブルーチーズクリームで和えた蒸し鶏のサラダ。
20150105-6

「ラムスペアリブのカラヒィ(骨付きラム肉の鉄鍋焼きサルサソース風味)」 
とっても柔らかい。サルサは薄め、煮込んだ柔らかいトマトの味がとっても美味しい!パクチーも合います。ナンは売り切れでした。
20150105-7

「ラグマン(羊挽肉とトマトとシシトウの胡麻ダレ和え麺)」 
アフガン風汁無し担々麺??かと思いきや、担々麺とは全く違う味。ラムのパンチが効いていて、気持ちよく辛い。麺の食感も良かったです。もちろん、パクチーも合う!!
20150105-8

「ドーグ」 
甘さのないヨーグルトドリンク。シナモンが入っていて、独特の苦みがありました。
20150105-9


普段目にすることのないような不思議なメニュー満載だけれども、どの料理も味が良い!そして、パクチーが合う!!パクチー好きにはたまりません。異国情緒たっぷりのお店でした。


<Shop Information>

 キャラヴァンサライ包(パオ)

住所: 東京都中野区東中野2-25-6
TEL: 03-3371-3750
URL: http://www.paoco.jp/caravan/


中野区沼袋のわさびカルビ「平和苑」。

1月4日(日)。

昨日の続き。テレビドラマ「孤独のグルメ」で紹介された後に、実際に行ってみたお店の紹介です。
昨年の8月に行った2軒目、中野区沼袋にある焼肉屋「平和苑」さん。(Season2)
20150104-1

西武新宿線の「沼袋駅」が最寄りです。この駅、初めて降りました。
20150104-2

西武線には野球を見に西武ドームへ行く時に乗る機会がありますが、普段はあまりなじみのないエリア。西武ドームは西武池袋線で、今回の「沼袋駅」は西武新宿線。高田馬場から4つ目なのですね。
20150104-3

「平和苑」さんに向かう道は、静かな住宅街。5分~10分くらい歩きました。
20150104-4

こちらのお店、「孤独のグルメ」で紹介されたのは2012年10月だったのですが、以来数か月おきに電話で予約できるか確認してみたものの、何度かけても予約がいっぱい。元々席数が少ないことは知っていたので、今回もダメ元で電話をしてみたところ。。。「17時~18時」の1時間だけだったら空いているとのこと。1時間限定の予約って初めてだったなぁ。この「1時間」ってきっと、ちょうど混み始める時間帯の前だったのでしょうね。

店内は、昔ながらの昭和の焼肉屋さん、という雰囲気。壁にメニューがずらり。
20150104-5

席数は少なかったですが、テーブル席のほかに畳の席もあって、意外に奥行きがありました。
20150104-6

「1時間で思い切り食べよう!」と、時間内に食べ切れそうな量の肉をどんどんオーダー!
20150104-7

肉、肉、肉!!
20150104-8

お肉にこだわっているお店だったので、とても美味しかったです。
20150104-9

こちらで食べてみたかったのは「わさびカルビ」。
20150104-10

自分ですりおろすわさびがでかい!!
20150104-11

カルビの上に、たっぷりわさびを乗せて食べました。
20150104-12

わずか1時間ではありましたが、お肉の美味しさはしっかり堪能。お店のご主人ともおしゃべりをしたり、食べ終わって外に出てからお店の外観写真を撮っていたら、なぜかお店のご主人から声をかけられ、お店の前で夫とご主人の記念写真を撮ることになり、、、(^^;) きっとお店は忙しいはずなのに、和やかな雰囲気のお店でした。またいつかゆっくり、予約が取れるといいなぁ。
20150104-13


<Shop Information>

 平和苑

住所: 東京都中野区沼袋3-23-2
TEL: 03-3388-9762

足立区北千住のタイ料理「ライカノ」。

1月3日(土)。

お正月のお休みも残り2日。早々とお正月ムードも終わり、普通の土日って感じです。

年末は、深夜に連日放送されていた「孤独のグルメ 傑作選」を見て、夜中にお腹がぐーぐー鳴ってしまっていました。「孤独のグルメ」で紹介されたお店の中では、池袋の汁なし担々麺「中国家庭料理 楊(ヤン)」さん(Season1)や、川崎市新丸子の「三ちゃん食堂」さん、北区十条「大衆割烹 田や」さん(ともにSeason2)に行ってみたことがあります。

ほかにも行ってみたいお店はいくつかあるのですが、テレビで紹介されるとしばらくは混んでいて予約も取れなくて、しばらく落ち着いてから行こうということにしていました。

ということで、その後「孤独のグルメ」で紹介されて食べに行ったお店を3軒ほど紹介。
どのお店も去年の真夏に行ったお店なので、若干記憶と味覚がおぼろげですが、、、(^^;

本日はまず1軒目。足立区北千住にあるタイ料理屋さん「ライカノ」さん。(Season2)
2015010-1

最寄りは北千住駅。この日は7月26日、隅田川の花火大会が行われた日だったので、駅周辺には浴衣姿の若者の姿を多く見かけました。夕方になっても、ものすごく暑い日でした。

ちなみにこちらのお店に行く前、中野区沼袋の焼肉屋さん「平和苑」さん、板橋区の焼肉屋さん「山源」さん、北区赤羽のホロホロ鳥の「川栄さん」に電話をしてみたものの予約は取れず、次に電話をした「ライカノ」さんは17時30分であれば予約ができるということで、行ってみることに。

まだ夕方でしたが既にほとんどのテーブルが埋まっていて、ギリギリ入れた!という感じ。予約なしで入ってきたお客さんも次々に入ってきていて、そのままお店を後にしていました。予約できて良かった~、、、ちなみに席は偶然にも、「孤独のグルメ」で井之頭五郎さん(松重豊さん)が座っていたテーブルと同じ場所でした。ドラマでは、柱を挟んで隣に鈴木先生(長谷川博己さん)がいたんですよねぇ。

タイ料理好きの我が家。暑い日こそ、辛いものを食べたくなっちゃうのは何故なのでしょう^^
2015010-2

「タイ野菜(カイラン)の炒め」
2015010-3

「タイ風イカとハーブ炒め」
2015010-4

「焼き鳥」  日本の、いわゆる「焼き鳥」とは違いますね。
2015010-5

「蒸し鶏ガーリックライス(カオマンガイ)」
2015010-6

「汁なしラーメン」 (名前はおぼろげです。「汁無し麺」だったかな・・・??)
2015010-7

お料理のほかに、マンゴーシェイクも飲みました。暑い真夏に辛い料理を食べた後にピッタリでした。ただ、料理はもっともっと辛いのかなと想像していたので、食べやすかったです。今思えば、カレーも食べてみれば良かったかなぁ~。。。(これだけ食べて、まだ食べるんかい)
2015010-8

あっという間に食べ終わって、続々お客さんが入ってきていたので、早々にお店を出ることにしました。ほかにも食べてみたいメニューがたくさんあったので、また行ってみたいです。


<Shop Information>
 ライカノ

住所: 東京都足立区千住2-62 ラ・フェットビル1F
TEL: 03-3881-7400
URL: http://www.thai-square.com/restaurant/shoukai/shokai_011.htm

マーチエキュート神田万世橋「N3331」。

1月2日(金)。

お正月は、1日の夜から群馬にある夫の実家に行く予定でいたのですが、雪が降っているということで、スタッドレスタイヤのない我が家のクルマでは断念。休日も残り3日なので、今年のお正月は家でゆっくり過ごすことにしました。

予定がなくなり、途端にヒマ。
元日は近所にある自分の実家で夫婦ともどもお節料理と日本酒で過ごし、夕方には就寝。起きたらもう翌日の朝。。新年早々14時間も眠ってしまいました。中学生かっ(笑)。まぁ、ゆっくりできる時くらいゆっくりしないとですね。

ということで、話題は遡って年末の話。
朝から御徒町に行ってきました。
20140102-1

お正月に備えて、アメ横でお買い物・・・ではなくて、お友だちからのお誘いを受け、和洋寿司のメニューが揃っているというお店に行くことになり、午前10時に御徒町に到着。聞くと、「アド街ック天国」で紹介されたばかりだということで、混雑は必至。11時の開店時間までしばし待ち、順番は2番目に入ることができました。入ったお店は、御徒町駅前の「吉池」さん。ビルの最上階です。9階だったので、混み始めた年末のアメ横を上から眺めるという写真が撮れたのでした。「吉池食堂」さんは開店と同時に満席となり、並んでいるお客さんも多数。活気のあるお店だったなぁ。

御徒町から秋葉原方面に向かって歩き、神田で寄り道。
20140102-4

秋葉原方面には度々行く機会はあったものの、いつも行く用事はこちらのエリアではなかったので、「いつか行ってみたい!」と思っていた場所でした。
20140102-6

それがこちら、「マーチエキュート神田万世橋」。赤レンガの高架下にお店が並んでいる場所です。
20140102-5

昔の「万世橋駅」周辺の様子がわかるジオラマが展示されていました。
20140102-3

こちらは昔の東京駅の様子ですね。つい先日「100周年記念Suica」の販売で大混雑となってしまったことがニュースになりましたが、そんな出来事が起こるなんて、この時代は想像もしなかったんだろうなぁ。。
20140102-2

昔の空間と、今の空間がミックスされた場所。イルミネーションも、雪の模様がキレイ。
20140102-8

お目当ての場所は、こちら。「マーチエキュート神田万世橋」2階にあるカフェ「N3331」
20140102-13

「旧万世橋駅ホーム跡、世界で最も電車に近い?カフェ&バー」だそうです。
20140102-7

あまり寒くはない日だったのでテラス席がよかったのだけれど、外は残念ながら満席。
20140102-11

店内も窓が近く、時々中央線が近くを走ります。近っ!!!
20140102-12

歩いたのでお腹がこなれていたけれど、「吉池食堂」さんでお昼ご飯を食べたばかりだったので、私は「万世橋ブレンド珈琲」でひと休み。
20140102-10

夫はお昼ご飯を食べた後でも、カレーをぺろり。豆が入っていて美味しそう。
20140102-9

午後の西日が強かったけれど、電車を見たくてここに来ているお客さんが多いのだろうと思うのでブラインドも閉めることができないだろうし、ガラス張りなので夏はこの場所は暑いんじゃないかなぁ。お店で働く方は大変だろうなぁと思いましたが、電車を間近で見るには絶好のロケーションであることは間違いなし!また近くに来る機会があったら、別のメニューも味わってみたいと思います。


<Shop Information>
カフェ&和酒 N3331 マーチエキュート神田万世橋

住所: 東京都千代田区神田須田町1丁目25番地4
TEL/FAX: 03-5295-2788
URL: カフェ&和酒 N3331 http://n3331.com/
    マーチエキュート神田万世橋 http://www.maach-ecute.jp/


松山の旅(1) 「魚河岸市場 男組 釣天狗」で鯛めし。

5月18日(土)。

先週の土曜日から2泊3日で、愛媛県松山市へ旅をしてまいりました。
20130518-4

愛媛といえば、バリィさん。今治市がイメージされたキャラクターです。「ゆるきゃらグランプリ2012」でグランプリ(1位)を獲得して、熊本のくまモンと共に全国的にも有名なゆるキャラですよね。町の中やお土産屋さんのあちらこちらで、バリィさんのイラストを見かけました。カワイイですなぁ~。
20130518-5

今回の旅のメインは、野球観戦。東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガースの3連戦です。3試合のうち、5月11日(土)と12日(日)の試合を見てきました。まぁ、結果はヤクルトが3連敗だったのですが・・・。でも、いつか行ってみたいと思っていた「坊ちゃんスタジアム」に行くことができたし、愛媛に住んでいるお友だちご家族と一緒に応燕することができたので、楽しかったです^^
20130518-1

「坊ちゃんスタジアム」の様子は、明日アップ予定。日曜日の試合終了後、「グラウンド開放」の時間があって、グラウンドの中に入らせていただくこともできました。
20130518-2

8年ぶりに訪れた「道後温泉」ほか温泉情報も、後日アップします。
20130518-3

いつも、旅に出るとめぐっている水族館の写真や、電車の写真もあり^^
20130518-6

ということで、松山の旅のトップバッターは、美味しかったお店の紹介から。土曜日の試合に負け、日曜日の試合にも負けて、打ちひしがれて宿に帰る途中に立ち寄った「男組 釣天狗」さん。松山駅から10分くらい歩き、伊予鉄の大手町駅にほど近い場所にあるお店です。松山に来たからには、美味しいものが食べたい、鯛めしが食べたい~♪と思って、探し歩いていた時に運良く出会えました。
20130518-7

しかも、入ってから知ったのですが、スワローズの宮本慎也選手が、オフシーズンの自主トレ(通称“宮本塾”)で松山に来ていた時に食事をされたお店だったようです。飯原誉士選手や松井淳選手、中村悠平捕手、山田哲人選手ほか、たくさんの選手たちのサインが貼ってありました。2012年と2011年のサインがあったなぁ。お店の方から、選手が来た時のことを色々教えていただけて、写真も見せてくださいました。何も調べずに偶然出会えたお店だったけれど、ラッキーだったなぁ。負け試合の後だったのに、テンション上がりました♪
20130518-16

カウンターでしっぽりと飲みながら、美味しそうなご当地料理をいくつか注文。
20130518-8

まずはこちら、「宇和島の手作りじゃこ天」。
20130518-9

「〆鯖の炙り」。刺身醤油が良く合うわ~(*≧∀≦*)
20130518-10

初めて食べた、「豚のどなんこつ」。
20130518-11

「豊後の活さば」。もっと食べたい~(*≧∀≦*)
20130518-12

コリコリとした食感にさっぱりとしたお味、「サメなんこつ梅肉あえ」。
20130518-13

「ぶり潮たたき」。塩の粒が大きめで、ガリッとした食感も合っていたなぁ。
20130518-14

そして最後に、待ってました~♪「宇和島の鯛めし」。卵の黄身と専用のタレでよく混ぜて、甘しょっぱいまろやかなお味。鯛めしを食べることができて、良かった~^^ 昨年の交流戦でヤフードームに観戦に行った時、福岡で食べた「鯛茶漬け」もとても美味しかった思い出があります。鯛とご飯って、よく合うんだなぁ。
20130518-15


旅先で美味しいお料理にめぐりあえると、良い旅だったなぁ~という思い出が増しますね。松山には今後もまた行く機会があると思うので、また美味しいお店に出会いたいな。ちなみにこちらのお店、大阪や京都、神戸などにも店舗があるようです。


<Shop Information>

男組 釣天狗

住所: 愛媛県松山市味酒町1-1-8 
TEL : 089-921-4911
営業時間: ランチ 11:00~14:00/居酒屋 17:00~23:00



(→「球場編」につづく)


テーマ: 愛媛県 | ジャンル: 地域情報

下高井戸のワインバー「蜜月」。

5月5日(日)。

先日、いつか行ってみたいな~と思っていたお店に行ってまいりました。京王線/東急世田谷線「下高井戸駅」から徒歩2~3分のところにある、「蜜月(ミツゲツ)」さん。商店街の通りの中にあるワインバーです。お店の外には、個人のおうちのような表札が。外観からいきなり素敵だわ~^^
20130505-1

初めて行くお店だったので、ドキドキしながら階段を上がると、扉はガラガラっと開けるタイプの引き戸。表札に続き、扉も「和」の雰囲気。店内の壁には木彫りの飾り、金色のカバーがかかったメニューには鯉の模様。渋くてイイなぁ~。お店に入って名前を伝えると、カウンターの中央の席に案内いただきました。目の前には様々な形のワイングラスがたくさん並んでいて、このようなオシャレなお店には滅多に行く機会がないので、たまには良いものですね。
20130505-8

「蜜月」さんはワインバーなので、たくさんの種類のワインがありましたが、ビール好きの我が家、まずはビールから。。会社が小金井にあるというビールだそうで、濃厚で苦味のある味が非常に私好みでした。「GARGERY23(ガージェリー・トゥースリー)」というビールのようです。「Xale(エックスエール)」「Wheat(ウィート)」「BLACK(ブラック)」の3種類、すべて飲みました。
20130505-2

お料理のメニューも種類が多くて、どれもこれも食べてみたくて迷ってしまいました。4品オーダーして、まずはお通し。これがびっくり。お通しが、フルーツ(ブラッドオレンジ)だったのです。これは初めてだったなぁ~。そして意外にも合うんですね。食べ物だけではなくて、細いお箸や重量感のある真鍮の箸置き、キレイな器にも興味がわきます。どれもこれも、存在感あるなぁ。
20130505-3

まずは、春菊のサラダ。
20130505-4

黒酢がたっぷりしみこんだわかさぎ。
20130505-5

鴨肉の上に乗っていたのは、大好きなミョウガ♪
20130505-6

クエの煮付けは、柔らかい~^^
20130505-7

ビール3本を飲み終えてから、スパークリングワインへ移行。我が家はワインの知識が全くないので、フルーティではないものと味の好みを伝えて、オススメのワインをいただきました。
20130505-9

特に何の記念日とかでもなかったけれど、とりあえず乾杯!(笑)
20130505-10

チーズとパンとはちみつがよく合うな~♪ パクパクと食べてしまい、あっという間になくなってしまいました。
20130505-11

そして極めつけがこちら。名前は控えてこなかったので忘れてしまいましたが、ふわっふわの食感のレバーのような一品。フルーツがちょっと上に乗っていて、ワインにピッタリ♪ 1スプーンずつ注文できるようです。夫と2人で、1人3スプーンずつ食べました。もっと食べたくなるな〜。止まらなくなりそう(笑)。
20130505-12
【追記】美味しかったこの一品は「ブーダン・ノワール」という名前だそうです。豚の血入りのソーセージで、フレンチではポピュラーなお料理なのだそうです(^^)♪


最後はしっかりデザートまでいただき、オシャレなワインバーを堪能。気になるお料理がほかにもいっぱいあったし、ワインもまた飲みたいので、ぜひともまた来たいと思います。コース料理も良さそうだなぁ~。
20130505-13

お酒に合う甘くないクッキーも、美味しかったです。
20130505-14

お店を出て、家に向かって通り慣れた道を歩いて帰りました。下高井戸の商店街は、庶民的で魅力的なお店がいっぱい。「蜜月」さんのすぐ近くにあるという姉妹店、「居酒屋おふろ」さんにも、行ってみたいなぁ~^^

「蜜月」さん、とっても美味しかったです。ごちそうさまでした!


<Shop Information>

蜜月(MITSU-GETSU)

住所:東京都世田谷区赤堤4-48-7 セイジョービル2F
   (最寄駅:京王線 / 東急世田谷線 下高井戸駅)
TEL :03-6423-0844
Open:17:00~25:00(金、土のみ27:00まで)

テーマ: ワイン | ジャンル: グルメ

宮崎のチキン南蛮&宮崎牛と、鹿児島の黒豚料理。

3月5日(火)。

2月21日(木)~24日(日)の3泊4日で旅をした宮崎鹿児島
6回に渡り綴っていく旅の記録の3回目は、グルメ編です。
20130304-1

まずは宮崎県から。宮崎といえば「チキン南蛮」!ということで、初日はチキン南蛮を食べに行きました。延岡市が発祥の地だということをお友だちから教えていただき、「おぐら」というお店があるとのこと。クルマで移動しながら、お店の場所をネットで検索してみると、延岡市内に4つの店舗がありました(大瀬店旭ヶ丘店ピアンピアーノ出北店)。目的地までの通り道にある「大瀬店」に行ってみることにしました。
20130304-3

一見すると、昭和の時代からある老舗ファミレスという雰囲気の外観。でも明らかに、今までに見たことのないお店です。チキン南蛮発祥のお店、どんな味なんだろう~。早速店内へ!
20130304-4

「名物 チキン南蛮(ライス付き・ムネ肉使用)」をオーダー。「鶏肉のふくよかな歯ざわりとたっぷりな肉汁、タルタルソースの豊潤な甘酢っぱさとの絶妙な調和!」という説明書きは、確かにその通り。とっても柔らかくてジューシーなお肉、そして程よい甘さのタルタルがよく合っていました。お値段は、980円。ちなみに、モモ肉を使用した「特選チキン南蛮」もありました。ムネ肉とモモ肉、どっちも気になったなぁ~。ちなみに夫は、ハーフ坦々麺とチャーハンがセットになったムネ肉のチキン南蛮を食べていました。
20130304-2

鶏のお次は牛。滞在中、宮崎牛も食べてみたいと思っていたので、最終日のお昼ご飯に「焼肉 夾竹園(きょうちくえん)」というお店に入りました。 
20130304-16

実は、旅の終盤までなかなかタイミング良く入ることができるお店にめぐり合えず、このまま宮崎空港に向かうことになるのかなぁ~と思ってしまっていたところでした。なので、このお店を見つけた時は2人して大喜び(笑)!ところが、このお店で食べ終わって空港に向かおうとしたら、至近距離にもう1軒お店が・・・(笑)。あるところには固まってるんですねぇ(^^;)
20130304-17

「宮崎牛」のカルビに、ご飯・キムチ・ご汁・デザートがセットになったランチメニューをオーダー。
20130304-18

ランチのセットには含まれていないロースは、単品で追加。野菜サラダも追加。
20130304-19

1枚1枚が貴重なお肉たち。いつもより若干ゆっくりペースで焼き、じっくり味わって食べました。
ジュウジュウ、ジュワジュワ。
20130304-20

ちなみに私は、焼肉には白飯が外せません。邪道と言われようが(笑)、甘じょっぱいタレでお肉を食べたら、白いご飯!この組み合わせは私の中では必須です。
20130304-21

ランチには「チシャ」という葉っぱもついてきました。これでお肉を巻いて食べるんですね。「サンチュ」とは別の葉っぱなのかなぁ?同じものの別の呼び名なのかなぁ?
20130304-22

ギリギリ帰る間際に宮崎牛のお店にめぐり合うことができて、良かった~^^

ちなみに「鶏料理」のお店は、行ってみたいお店がもう1軒増えました。昨日19時から放送されたインターネットラジオ「ソラトニワ(soraxniwa)」の「RYO.UZI(特別編)」という番組に、WBC日本代表 東京ヤクルトスワローズの相川亮二選手とラッパーのUZIさんが電話出演し(昨年12月~今年1月までは、お二人がDJで毎週放送されていたとっても楽しい番組♪)、相川さんが宮崎にある「肉どろぼう」というお店が美味しかったと話していました。村田選手に教えてもらった鶏の焼肉のお店だそうで、宮崎にいる間に3回も行ったのだそうです。行ってみたかったなぁ。次回、宮崎に行った時は、ぜひとも食べてみたいです。「肉どろぼう」という名前も、インパクトありますね~。

+ + + + +

さてさて、お次は鹿児島編。「鹿児島中央駅」から少し歩いたところにある「味処 きたはら」という小料理店に入りました。初めての鹿児島の旅、やはり黒豚料理も食べてみたかったのです。
20130304-5

お通しは、温かくて柔らかい煮物。
20130304-6

まずはやっぱり黒豚!!「黒豚ナンコツトロトロ煮」です。
20130304-7

続いて「黒豚すきやき」。真ん中に半熟卵が乗っかっていました。すきやきというと、甘いお醤油で食べるのかな~と思いきや、あっさりとしたお出汁でした。おいし~(*^^*)
20130304-8

こちらも今回の旅では欠かせません、本場で食べてみたかった、さつま揚げ!イワシです。
20130304-9

お刺身の盛り合わせは、アジ、カツオ、カンパチ、アワビ、カワハギ、フグ肝。
20130304-10

スッポン刺しも、いただきました^^ スッポンも初めて食べたなぁ~。
20130304-11

こちらは、すっぽんギョーザ。あっさりとしていて美味しかったです。餃子好きな身としては、ニンニクがたっぷり入ったお肉の餃子が、ビールもご飯も進むんだよなぁ~と改めて実感。
20130304-12

白子ポン酢。酒呑みメニューのオンパレードですね^^; 
20130304-13

とにかくメニューが豊富。他にも気になる一品がたくさんありました。1回来ただけでは、とても頼みきれませんねぇ。。
20130304-14

金曜日の夜だったので、店内はほぼ満席。仕事帰りのお客さんで賑わっていました。
20130304-15


ということで、宮崎&鹿児島の旅では、鶏・牛・豚の肉料理を堪能して帰ってきました。


ちなみに、宮崎といえば日向夏。宮崎県産の日向夏みかんを使用したお酒は、サッパリしていて美味しかったです。焼酎が好きだったら、鹿児島では料理の他にお酒も楽しめたんだろうなぁ。(お酒の中でも特にビールと日本酒が大好きなのですが、焼酎と泡盛は苦手なのです、、、)
20130304-23

お湯割りやソーダ割り、水割りにして飲むお酒です。(高千穂酒造)
20130304-24

あっという間に、1本飲みきってしまいました(笑)。
20130304-25

柑橘系の果物では、「たまたま」という完熟きんかんが美味しかったです。道の駅で購入。
20130304-26

1粒が小さくて、皮ごと一口で食べることができます。中がすご~~く甘い♪ 皮にちょっぴり苦味があり、柑橘ならではの酸味も。それらがうまい具合に調和していて、クセになりそうなお味^^ ちなみに昨日たまたま、職場の近くのお惣菜屋さんに売っていたので、早速買って帰ってきました。
20130304-27

夫の趣味のご当地カレー。我が家の「カレー倉庫」は、またもや賑やかに♪ ひそかに「宮崎バナマンカレー(バナナ・マンゴー)」が気になっております。マイルドな味なんだろうな~、きっと私好みな味なんだろうな~。
20130304-28



次回は、宮崎&鹿児島での観光編をアップします^^


テーマ: ご当地グルメ | ジャンル: グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。